10月11日は何の日?【安全・安心なまちづくりの日】

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

住民全体で考えていかなければならない

ものの記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

ただ、無関心の人も多く、

一部の人だけが関心を持っているのでは

ないでしょうか。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで10月11日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで10月11日は何の日かというと

安全・安心なまちづくりの日

 

皆さんは「まちづくりって何?」と

聞かれたら何て答えますか?

 

「まちをつくることだよ」

という答えが返ってきそうですね。

 

もちろん間違いではありません。

 

ただ、わかっていそうでわからないのが

「まちづくり」。

 

そこに住んでいる人全員が

「まちづくり」の構成員です。

 

いろんなところで取りだたされている

「まちづくり」。

 

もうちょっと掘り下げていきましょうか。

 

そこで、【安全・安心なまちづくりの日】

が制定された経緯と「まちづくり」について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【安全・安心なまちづくりの日】が制定された経緯

 

【安全・安心なまちづくりの日】は

2005年(平成17年)12月20日に

閣議決定されました。

 

つまり、内閣によって制定された

【安全・安心なまちづくりの日】。

 

今から13年前に制定されていて、

まだ歴史が浅いんですね。

 

ただ、13年前と言えば「愛・地球博」が

開催された年で、あれからもう13年も

経っているのかという複雑な思いです。

 

犯罪に強く、安心・安全なまちづくりを

推進するために制定された

【安全・安心なまちづくりの日】。

 

そうはいっても、私の周りではあまり

まちづくりを意識していないように

感じています。

 

しかし、まちづくりはそこの住民全員が

構成員です。

 

本来ならばみんなが知っていて

当然なはず。

 

そこで、今度は「まちづくり」について

どんなものかを取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②「まちづくり」について

 

まちづくりとは何でしょうか。

 

文字通り「まちをつくる」と言ったら

怒られますよね。

 

実際はその通りなのですが、

もっと深く掘り下げていきます。

 

 まちづくりとは、その地域にある様々な資源

を有効活用して、官・民・業が一体となり、

居住環境の改善、まちの活力と魅力を

高めることにより、「生活の質の向上」を

実現するための継続的な活動を言います。

 

掘り下げたら難しくなってしまいましたね。

そこで、「私が考えるまちづくり」

について取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識③私が考えるまちづくり

 

まちづくりって一言で言うと、

住んでいる街の魅力を高めることだと

考えています。

 

そのために、地域特有の資源を使いながら。

皆で力を合わせてより良い街にしていく

というのがまちづくりだと思います。

 

そのためにするべきことがあると

考えています。

 

1.まちの現状を把握する

 

まずはその地域がどのようなまちなのかを

把握する必要がありますね。

 

そのまちに伝わる伝統、文化、産業、地域性

など、その地域の個性がありますね。

 

また、逆にまちが抱える課題・問題点も

ありますね。

 

そのまちの良いところ、そうでないところ、

これから作り上げていくべきことを

官民一体となって洗い出す必要があります。

 

そして、どのような方向に向かって

まちづくりを目指すのかを

みんなで決めていく必要があります。

 

 

2.どのようなまちづくりをするのかを具体化し周知する

 

街の現状を把握した上で、

どのようなまちづくりを目指すのかを

具体化する必要がありますね。

 

そしてそれを周知する必要がありますね。

 

まちづくりは普段あまり意識して

いないかもしれませんが、

まちはみんなで作るもの」という

意識が重要だと考えています。

 

まちづくりに直接かかわっていなくても、

どのようなまちづくりを目指しているのかを

把握しておきたいところですね。

 

 

3.具体化されたまちづくりに向け行動する

 

まちづくりの具体化や周知をした後は

実際に行動する必要がありますね。

 

伝統や良いもの等残すべきものは残す、

課題・問題点は解決・改善に向かって行動する

新しく作るべきものは作っていくなど、

行動力が問われるところですね。

 

 

4.地域コミュニティの充実

 

「まちづくり」には地域の安全は

欠かせません。

 

地域の安全と言えば警察や自衛隊、消防等

が守ってくれていますが、それだけでは

限界がありますね。

 

しかも、高齢化や核家族化が進み

一人暮らしの高齢者が増えています。

 

この方々を守るためには

地域でのつながりは欠かせません。

 

地域の安全=地域コミュニティの充実

であると考えています。

 

私個人的には

まちづくりとは安全があってのもの

だと思っています・

 

安全・安心なまちづくりの日】の

「安心・安全な」という部分を

わざわざ入れる必要があるのかは

私にとっては疑問です。

 

 

10月11日は何の日?まとめ

 

10月11日は

【安全・安心なまちづくりの日】。

 

そこで「まちづくり」について

考えてみました。

 

とても難しいですね。

 

「言うは易く行うは難し」ですね。

 

何せ答えがあるわけではありませんから。

地域によっても違いますしね。

 

何度も言いますが、一人一人が

「まちづくりの主役」です。

 

【安全・安心なまちづくりの日】

をきっかけに、まちづくりとは何か

ということを頭の片隅で考えて

いただければ幸いです。

スポンサーリンク