【12月2日は何の日】豆知識~「ビフィズス菌の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

12月2日は何の日かというと

ビフィズス菌の日」。

 

 

スポンサーリンク




 

 

あなたは

ビフィズス菌

と聞いて何をイメージしますか?

 

「ヨーグルトに入っている菌」

「胃腸の味方」

「乳酸菌とは違うの?」

等と言うイメージでしょうか。

 

漠然とはイメージできても

実際にどんなものなのか説明できる人は

少ないのではないでしょうか。

 

 

ビフィズス菌は

人間の腸内にいる「善玉菌」

 

「善玉菌」により、

「悪玉菌」の増殖を防ぎ、

腸内環境を整えてくれます

 

また、ビフィズス菌は

胃酸の影響を受けにくい食後の摂るのが

いいでしょう。

 

そして、

ビフィズス菌が好む食物繊維やオリゴ糖

と一緒に摂取することで、

ビフィズス菌が活性化することが

期待できます。

 

 

そんなビフィズス菌に

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「ビフィズス菌の日」が

制定された経緯と、

ビフィズス菌の雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識①「ビフィズス菌の日」が制定された経緯

 

「ビフィズス菌の日」を制定したのは

江崎グリコ株式会社

さん。

 

江崎グリコさんはお菓子屋さんという

イメージが先行しているような気がします。

(私だけ?)

 

しかし、乳製品等も手掛けているというのが

意外な気がするのは私だけでしょうか?

 

 

ヨーグルト等のビフィズス菌が入った食品を

食べることにより、

お腹の調子を整えてもらいたい。

 

そして健康的に過ごしてしてもらいたい

との思いから制定された

「ビフィズス菌の日」。

 

ビフィズス菌を発見したのは

フランスの小児科医だった

アンリ・ティシェ氏

 

アンリ氏がビフィズス菌を

生物学会で発表したのが

1899年12月2日。

 

ビフィズス菌の発表日にちなんで

12月2日が「ビフィズス菌の日」

に選ばれました。

 

なんと、もう100年以上も前の話

なんですね。

 

学会で発表されたということは、

それ以前に既に発見されていた

ということになりますね。

 

そして、100年以上前ということは

設備は現在ほど整っていないはず。

 

そんな中、ビフィズス菌の存在を

よく発見したなと頭が下がる思いです。

 

ビフィズス菌を見つけるだけではなくて、

期待される働きまで発見するとは

すごいことですね。

 

今となってはビフィズス菌の存在を知らない

という人はほとんどいないのでは

ないでしょうか。

 

そういう意味では、この目的は

達成されたのではないかと思いますが、

「ビフィズス菌」を積極的に

摂取しているか否かは人それぞれ。

 

「ビフィズス菌の日」の目的の達成

に関してはまだまだ道半ばと言える

のではないでしょうか。

 

 

さて、そんなビフィズス菌ですが、

知らないことも多いはず。

 

「そもそもビフィズス菌て何?」

という人もいるかもしれません。

 

ビフィズス菌について

もう少し掘り下げていきたいと

思いました。

 

そこで、ビフィズス菌の雑学について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②ビフィズス菌の雑学

 

 

豆知識②-1.ビフィズス菌の効能

 

ビフィズス菌は

人間の腸内にいる善玉菌

 

酢酸や乳酸などの

有機酸

を作ります。

 

これにより、腸内で悪さをする

「悪玉菌」の増殖を防ぎ、

腸内環境を整えてくれます

 

「腸内環境を整える」ことは知っていても

「有機酸」を作って悪玉菌の増殖を防ぐ

ということは知らない人が多いと思います。

 

ここで単純に

「酢酸てことはお酢を飲めばいいじゃん」

なんて声が聞こえてきそうですね。

 

しかし、

お酢を飲んだだけでは

消化・吸収してしまい

大腸まで届きません

 

つまり、酢酸を飲んでも

腸内環境を整えることはできません。

 

そもそもお酢を飲むなんてことは

私にはできません。

(できる人っているのかな・・・。)

 

また、ビフィズス菌がつくる酢酸にあるのは

強力な殺菌力。

 

この強力な殺菌力により

悪玉菌の増殖を防いでくれるのです。

 

酢酸にはそこまでの殺菌力は

期待できません。

 

つまり、

「ビフィズス菌を大腸で増やす」

「ビフィズス菌で酢酸を作る」

「酢酸で悪玉菌をやっつける」

と言う流れを作ることが重要です。

 

その他にも、ビフィズス菌は

ビタミンB群を作ったり

体内の免疫力を高めたりするもの

もあります。

 

ビフィズス菌を生きたまま

大腸に届ける

ことが求められます。

 

また、ビフィズス菌がずっと大腸に

居続けてくれるわけではないので

常に摂取し続けることが大切です。

 

そこで、ビフィズス菌の摂り方について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

豆知識②-2.ビフィズス菌の摂り方

 

一口にビフィズス菌と言っても

たくさんの種類があります。

 

また、ビフィズス菌は

大腸の中に少なからず存在しています。

 

「生きたまま大腸に届きやすい」性質を持つ

ビフィズス菌を摂取することで、

既に存在しているビフィズス菌とともに

悪玉菌の増殖を抑制します。

 

また、ビフィズス菌が台帳に届くことを

妨げるのが胃酸。

 

つまり、ビフィズス菌を摂取するタイミング

は胃酸の影響が最小限になる

食後が一番いいタイミング

です。

 

食後のデザートにヨーグルトを食べるのは

理にかなっているんですね。

 

なお、ビフィズス菌が好む

食物繊維やオリゴ糖と一緒に摂取することで

ビフィズス菌が活性化することが

期待できます。

 

 

12月2日は何の日?まとめ

 

12月2日は「ビフィズス菌の日」。

 

ということでビフィズス菌について

取り上げてきました。

 

100年以上前に発見された

ビフィズス菌は現代においても

大活躍していると言っていいでしょう。

 

善玉菌として悪玉菌を退治してくれて

腸内環境を整えてくれるビフィズス菌。

 

「ビフィズス菌の日」をきっかけに、

1日1食「ビフィズス菌」を摂取する

習慣をつけてみてはいかがですか。

 

 

 

スポンサーリンク