【9月28日は何の日?豆知識】今日は「くつやの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

9月28日は何の日かというと

くつやの日」。

 

スポンサーリンク




 

くつや

とは

靴屋

のこと。

 

あなたはどのぐらいの頻度で

靴屋さんに行きますか?

 

私の場合は靴が傷んできたなと思ったときに

行くことが多いですね。

 

しかし、靴を集めるのが好きな人等は

しょっちゅう行っているのかもしれません。

 

靴屋に行くタイミングや頻度は

人それぞれ。

 

 

そんな中でも、ちゃんとした「靴の選び方」

をご存知ない人も多いのかもしれません。

 

靴の選び方で大事なポイントは

・足の形を把握する

・購入する時刻

・フィット感

・シューズの曲がり方

 

そんな靴の選び方について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「くつやの日」が制定された経緯と、

靴の選び方について取り上げていきます。

 

 

豆知識①「くつやの日」が制定された経緯

 

「くつやの日」を制定したのは

株式会社サロンドグレー

さん。

 

株式会社サロンドグレーさんは

大阪に本社がある会社。

 

靴の「おしゃれさ」と

「はきやすさ」の両立

を目指している靴屋さん。

 

そのためハンドメイドにこだわった

上質な靴の製造・販売をしています。

 

あまり意識している人はいないかも

しれませんが、

適切な靴選びは健康維持のため

に必要な条件の一つ

 

適切な靴の選び方をより多くの人に

広めるために制定された「くつやの日」。

 

「9(く)2(つ)8(や)」の語呂合わせ

によって9月28日が「くつやの日」に

選ばれました。

 

もうすぐ10月。

秋の深まりとともに靴の購入を考える時期

とも重なりますね。

 

 

さて、靴を購入する際に

気を付けていることはありますか?

 

好きなデザインのものを購入する人が

多いと思います。

 

もちろんデザインも

靴選びの要素の一つ。

 

ただ、それだけでは

十分とは言えません。

 

ということで、

靴の選び方について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②靴の選び方

 

靴を選ぶときは

「自分の好きなデザインの靴」

を選ぶ人が多いと思います。

 

ただ、その靴が

「自分の足に最適な靴」

「相性がいいい靴」

であるとは限りません。

 

アスリートは

自分に合った靴を履かないと

本来の力を発揮できません。

 

また、靴が持つ優れた機能を

発揮できません。

 

 

それはともかく「自分に合った靴」を

選ぶ必要があります。

 

その際の注意点について

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.足の形を把握する

 

あなたは自分の足の形を

把握していますか?

 

一般的に

日本人は足の幅が広く

甲が高い人が多い

のが特徴。

 

「これいいな」と思った靴でも

いざ履いてみたら幅がきつい等

履き心地が悪いということも!

 

また、扁平足の場合、アーチ状の靴を

選ばないほうが無難です。

 

靴を選ぶ際には自分の足の形状を

把握した上で靴を選ぶ必要があります。

 

なお、店員さんに足の形を見てもらい

気に入った靴が自分の足に合うかを

確認してもらうという手があります。

 

 

豆知識②-2.購入する時刻

 

意外に知られていないのが

足の大きさが時刻によって

変わってくること

 

夕方になると土踏まずのアーチが

たるみます。

 

これにより足のサイズが1cm程度

大きくなることが考えられます。

 

また、立ちっぱなしだと血液が足に

降りてきた分大きくなります。

 

つまり、

朝より夕方の方

が足が大きくなる

のが一般的。

 

ですので、靴を購入するなら

足が大きくなっている

夕方の方は良いでしょう。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.フィット感

 

実際に靴を購入する際は

ためし履きする人が多いと思います。

 

その際に「デザイン的には欲しい靴だが

履いてみるときつい」ということも!

 

そんな靴を履いていると

足が疲れたり、

靴が持つ本来の機能を

生かしきれない

という恐れがあります。

 

さらに、試し履きをするときは

片脚だけでなく両足に履いて

フィット感を確認する必要があります。

 

足の形は左右で違いますからね。

 

なお、両足に履いたうえで

片脚立ちしてみてください。

 

片脚立ちをすることで

足はさらに大きくなります。

 

この時にきつくなるれば

自分の足に合っていない

ということになります。

 

右足だけ、左足だけを

それぞれで片脚立ちして

足がきつくならないか

確認してください。

 

 

豆知識②-4.靴の曲がり方

 

あと、あまり知られていないのが

靴の曲がる位置や曲がる量。

 

靴の曲がる位置が

靴のかかとから2/3、

指先から1/3あたりがベスト

だと言われています。

 

あとは柔らかすぎて曲がりやすい靴は

避けたほうがいいですね。

 

これらは上記の通り、試し履きをして

確かめるのが一番ですね。

 

 

9月28日は何の日?まとめ

 

9月28日は「くつやの日」。

 

ということで、

靴の選び方について取り上げてきました。

 

私だけかもしれませんが、

サイズとデザインだけで

試し履きして良ければ購入していました。

 

しかし、足の形状や購入する時刻、

フィット感、靴の曲がり方を

確認する櫃よがあります。

 

私はせいぜい「フィット感」ぐらいしか

気にしていませんでしたね。

 

そろそろ靴を購入する時期になります。

その際には是非靴の選び方を

意識してみてください。

 

 

スポンサーリンク