9月27日は何の日?今日は【女性ドライバーの日】

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

女性初のことであるものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

何事においても「史上初」ということは

すごいことだと思います。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで9月27日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで9月27日は何の日かというと

女性ドライバーの日

 

昔は一家に一代の車しかなく、

父親(男性)しか運転をしていないことが

多かった。

 

それが今では一家に二台以上の自家用車

を所有し、それがセカンドカーとして

使用されていることが

女性ドライバー増加に拍車をかけています。

 

そうした中で女性ドライバーが

社会の中で活躍しており、バスや電車、

トラック等のプロの女性ドライバー

の活躍も目立ってきました。

 

今思い出してみると、私が自動車学校に

通っていた時も、

男女比はほぼ一緒だったと思います。

 

そんな中、自分が免許を取得したときは

どうだったかについて思い出してみようと

思いました。

 

そこで、この【女性ドライバーの日】が

制定された経緯と、

私の免許取得の時のことを

取り上げていきたいと思います。

 

 

豆知識①【女性ドライバーの日】が制定された経緯

 

【女性ドライバーの日】が制定された

きっかけになった出来事は

今から約100年前に起こったこと。

 

1917年(大正6年)9月27日

当時栃木県在住のある女性が、

日本初の女性としての自動車運転免許を

取得しました。

 

この人が女性初の運転免許を取得したのですが

この女性は男性顔負けの運転技術の持ち主で、

試験管もびっくり仰天しました。

 

なんとなく運転は男性がするという

暗黙の了解があるこのご時世。

(旦那や彼氏が運転することが多いでしょう)

 

しかし当時のこの女性は優れた運転技術の

持ち主で、さぞ誇らしかったであろう

第一号女性ドライバー。

 

しかし、そんな彼女でも免許取得に

3ヶ月もかかったそうです。

 

しかし今では通い方にもよるのでしょうが、

1カ月程度で免許取得が可能ですからね。

 

そのことから考えると、現在よりも

免許取得のハードルが高かったのかも

しれませんね。

 

かくいう私も約1ヶ月で免許を取得しました。

 

その時ってどうだったかを

思い出してみようと思いました。

 

そこで、私の免許取得の時のことを

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②私の免許取得

 

 

豆知識②-1.教習前

 

私が免許を取得したのは20歳の頃でした。

 

実技や講義が始まる前に突き付けられたのが

まさかの「不合格」!

 

自動車学校に入学する時に最初に「適性検査」

がありますが、その中での「視力検査」で

引っかかってしまいました

 

視力が弱かったんですね。

 

教官からは

「眼鏡を作ってもう一度受けてください」

の一言。

 

既に免許を取得した友人からは

「適性検査で落ちた奴は初めて聞いた」と

笑われる始末。

 

視力が落ちていたという自覚はありましたが

まさか片目が0.3未満だったこと、

適性検査に落ちたことにダブルショック!。

 

数日後初めてメガネを購入し、再度適性検査

を受けましたが、見事に?合格!

なんて喜んでいる場合ではありません。

 

ここからが本当のスタートです。

 

友人と一緒に入学していたのですが、

2日ほど遅れる羽目になりました。

 

そんなわけで波乱の幕開けでした。

 

 

豆知識②-2.教習中

 

そんな中、教習が始まったわけですが、

同じ時期に自動車学校に通っていた

見知らぬ40代ぐらいの女性がいました

 

当時の私と同いの歳の子供がいたらしく

今の私と同じぐらいの年齢でしたかね。

その女性と仲良くなっていました。

 

その女性は運転技能がイマイチだったらしく

延長を繰り返し、運転技能の進捗状況を

示す用紙(あれなんていう用紙だっけ?)

の延長の欄が足りなくなって、上から用紙を

貼り付けていました。

 

それを見たとき、やはり若いうちに免許を

とっておかないと大変だなと感じました。

 

私に合うたびに

「若いっていいわね、私なんかこの有様よ」と

用紙を見せながら笑って話しかけてきました。

 

私が先に自動車学校を卒業しましたので、

その女性がどうなったかはわかりませんが、

おそらく合格していて、

女性ドライバーとして運転されていると

思います。

スポンサーリンク

 

豆知識②-3.教習後

 

上記の通り、友人よりも

2日ほど遅れて教習が始まりました。

 

いざ教習が始まると、その友人よりも

運転がうまかったらしく、延長もなく

仮免、本麺試験も全て一発合格!

 

落ちたのは適性検査だけという

非常に珍しいパターンだったそうです。

 

ちなみにその友人は私よりも

約1週間遅れで免許を取得しました。

 

 

免許を取得してから20年以上が経ちますが

その自動車学校もすでに廃校になっています。

 

別の建物が経ってしまい、

今では跡形もありません。

 

思い出の場所?でもあり

若干残念でしたね。

 

少子化という波に飲まれて

生徒が減ったのでしょう。

 

これも時代の流れなんですかね。

 

 

9月27日は何の日?まとめ

 

9月27日は【女性ドライバーの日】。

 

ということで私の免許取得の時のことを

取り上げました。

 

女性初のドライバーが誕生してから

約100年。

 

どんな目的で制定されたかわかりませんが、

免許証を初めて手にした時の気持ちは

今でも鮮明に覚えています。

 

免許を取得したときには

何回も免許証を見返していましたね。

 

そんな日々も今となっては

良い思い出です。

 

今回の【女性ドライバーの日】の記事を

書いているうちに、運転する際は

初心に帰って安全運転を心がけようと

改めて考えました。

スポンサーリンク