【9月24日は何の日?豆知識】今日は「畳の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

9月24日は何の日かというと

の日」。

 

和室には欠かせない

」。

 

私は畳のにおいが大好きです。

いかにも「和」という感じで。

 

ただ、畳を使用することによって

様々なメリットとデメリットがあります。

 

メリッとしては

・自由度の高さ

・滑りにくい

・湿度の調整

・リラックス効果

 

 

デメリットとしては

・ダニやカビの温床

・傷がつきやすい

・ベッドを置けない

 

という特徴があります。

 

 

そんな畳に迫っていきたいと

思いました。

 

そこで「畳の日」が制定された経緯と

畳のメリットとデメリットについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識①「畳の日」が制定された経緯

 

「畳の日」を制定したのは

全国畳産業振興会

さん。

 

全国畳産業振興会さんは

全国畳産業にかかわる団体の連絡機関。

 

畳が持つ素晴らしさを啓発、宣伝することで

産業界を発展させ続けることを目的として

設立されました。

 

そして、畳の敷物としての優れた点を

より多くの人に知ってもらいたい

との思いから制定された「畳の日」。

 

 

実は「畳の日」は2回あります。

 

1回目は4月29日。

イ草の美しい緑色。

 

そこから緑を連想して「みどりの日」

が選ばれています、

 

 

2回目は今回の9月24日。

9月24日は環境衛生週間の初日

であることと「清掃の日」ということで

「畳の日」に選ばれています。

 

どちらも「畳をきれいに」

という思いがあるんですね。

 

 

さて、和室に欠かせない「畳」。

 

そんな畳について

迫っていきたいと思いました。

 

ということで

畳のメリットとデメリットについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②畳のメリットとデメリット

 

 

豆知識②-1.畳のメリット

 

 

1.自由度の高さ

 

畳というより「和室のメリット」

としれませんがいえるが、

和室の良さは柔軟性があること

 

ある時は寝室に、

またある時は居間にと

様々な使い方ができます。

 

さらに休日のお父さんのくつろぎの場にも!

 

まあこの場合は、

掃除機をかけているお母さんに

「邪魔!」といわれる恐れがありますが。

 

ともあれ、いろんな使い方ができますね。

 

 

2.滑りにくい

 

フローリングと違って

畳の上は滑りにくい。

 

また、フローリングよりも

やわらかい。

 

よって

転倒するリスクの軽減

転倒によるけがの軽減

が期待できます。

 

 

若いうちはわからないかもしれませんが、

高齢になってくると、ちょっとしたことで

転倒する恐れがあります。

 

そして簡単に骨折してしまいます。

 

その結果、車いす生活を余儀なくされたり

最悪は寝たきりの状態に!

 

「極端だなあ」と思われるかもしれませんが

恒例になればなるほどそのリスクが

高まります。

 

「滑らない、柔らかい」のは

ありがたいですね。

 

 

3.湿度の調整

 

高温多湿な我が日本。

特に梅雨時なんかジメジメしていますよね。

 

畳は湿度を調節する効果が期待できます。

日本ではまさにもってこいですね。

 

 

4.リラックス効果

 

畳の、特に新しいい草のにおいって

何ともいえない

心が落ち着くにおい

がしますよね。

 

い草には主に4種類の芳香成分が

含まれています。

 

その4種類とは

フィトンチッド・αーシペロン・バニリン・

ジヒドロアクチニジオリド。

 

そのうち、

フィトンチッド・αーシペロン・バニリン

には人の心をリラックスさせる効果が

期待できます。

 

い草のにおいって心が落ち着きますが、

実際に心をリラックスさせる成分が

含まれているんですね。

 

 

豆知識②-2.畳のデメリット

 

 

1.ダニやカビの温床

 

日本の気候は高温多湿。

畳は湿度を調節する効果が

期待できます。

 

ただ、それゆえに畳は

カビ・ダニの温床となることがあります。

 

こまめに掃除する等手入れも大変。

神経を使わなければなりませんね。

 

 

2.傷がつきやすい

 

畳は柔らかいので

傷がつきやすいですよね。

 

特にお子さんが小さかったら

何をするかわからない。

 

畳の上で遊んだら

簡単に傷がついてしまいます。

 

また、最近では見かけなくなりましたが

和室にあったのが「ふすま」。

 

ふすまは子供たちの手によって

簡単に破られる。

 

私なんか「北斗の拳」の真似をして

「あたたたた~!」っと

ふすまを破り放題。

 

こっぴどく怒られたものです。

 

仮に破ることがなくても

ふすまは定期的に張り替える

必要がありましたが。

 

話は脱線しましたが、

畳を含む和室は傷がつきやすいですね。

 

 

3.ベッドを置けない

 

和室を寝室として使っている場合、

「布団を敷く」という手間があります。

 

ただ、高齢になってくると

布団を敷くことが困難になってくるもの。

 

そうなると、ベッドを置くことになりますが

畳の上にはベッドは置けません

 

場合によってはリフォームする

ということも考えられます。

 

 

9月24日は何の日?まとめ

 

9月24日日は「畳の日」。

 

ということで、

畳のメリットとデメリットについて

取り上げてきました。

 

畳のメリットは

・自由度の高さ

・滑りにくい

・湿度の調整

・リラックス効果

 

 

畳のデメリットは

・ダニやカビの温床

・傷がつきやすい

・ベッドを置けない

 

という特徴があります。

 

この特徴を踏まえながら

畳と上手に付き合っていただけたら

幸いです。

 

 

スポンサーリンク