9月24日は何の日?今日は【みどりの窓口記念日】

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

普段はあまり使いませんが、

たまには利用するものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

私の場合は旅行をする際はドライブするのが

多いですが、遠出をする場合は

お世話になったりしますね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで9月24日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで9月24日は何の日かというと

みどりの窓口記念の日

 

皆さんは「みどりの窓口」を

利用していますか?

 

私は趣味でドライブ旅行しますが、

電車でも旅行することがあります。

 

そうなると、駅を利用することになり、

みどりの窓口にはお世話になりますね。

 

そんなみどりの窓口について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで【みどりの窓口記念日】が

制定された経緯と、

みどりの窓口って一体何なのかについて

取り上げて行きます。

 

 

豆知識①【みどりの窓口記念日】が制定された経緯

 

1965年(昭和40年)9月24日に、

当時の国鉄(現JR各社)が全国の

主要の駅構内と営業所内に設置された

みどりの窓口

 

10月1日から運用を開始しましたが、

9月24日が【みどりの窓口記念日】

に選ばれました。

 

私が利用している駅でも

「みどりの窓口」が存在しています。

 

ただ私の場合は乗り鉄でも撮り鉄でもなく

駅弁鉄(そんなのがあるのか?)ですので

みどりの窓口は必要最低限の利用になります。

 

そんなみどりの窓口が設置されてから

53年が経過していますね。

もっと新しいイメージでしたが

意外と歴史があるなと感じました。

 

 

ところで、皆さんはみどりの窓口は

何をしてくれるものなのかご存知でしょうか?

 

意外と知らない人も多く、

そんなみどりの窓口について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、みどりの窓口って一体何なのか

について取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②みどりの窓口とは

 

 

豆知識②-1.みどりの窓口とは

 

みどりの窓口は一言で言うと、

JRの乗車券を発券している窓口です。

 

当時みどりの窓口ができた当時は、

乗車券の発券をする窓口として

多くの方に利用されてきました。

 

混雑していてなかな乗車券が買えない

という記憶が和あります。

 

それに加えて「案内所」としても

機能しています

 

わからないことがあっても窓口の人が

親切に教えてくれる。

 

はずですが、私が学生時代に利用した際に

対応してくれた人があまり新設ではなかった

のを覚えています。

 

 

それが、現在では指定券券売機が設置され、

みどりの窓口自体の撤廃や営業時間の縮小

がなされています。

 

これも「時代の流れ」と言えますね。

 

ただ、先日のように大規模停電があったら

みどりの窓口が忙しくなるおかもしれません。

 

いや、電車そのものが奏功し亡くなるので

忙しくはならないか・・・。

スポンサーリンク

 

豆知識②-2.なぜ「みどり」なのか

 

ところで、みどりの窓口はなぜ「みどり」

なのかご存知ですか?

 

私の住んでいるところはJRのロゴが

緑色しているから「みどり」かなと

勝手に解釈していました。

 

しかし、緑色以外ののロゴを

使用している会社もあります。

 

西日本は青、東海はオレンジ、四国は水色、

九州は赤を使用しています。

 

それだと「あおの窓口」とか「オレンジの窓口」

等になっちゃいますね。

 

 

実は「みどり」というのは

切符の色に関係しています。

 

指定席に座る時に使う切符が緑色なので

「みどり」ということになりました

 

 

ともあれ、みどりの窓口が設置され、

現在でも利用されていますが、

みどりの窓口は縮小傾向にあります。

 

現在では指定券券売機が設置され、

みどりの窓口自体の撤廃や営業時間の縮小

がなされています。

 

また、JRの路線や駅が次々と廃止され

駅がある各自治体も駅の存続に向けて

JRに要望している状態です。

 

これも時代の流れなんですかね。

 

車社会が進展し、一家に一台以上は

自家用車が所有されている、また人口減による

電車の利用者の減少によって

公共交通機関の存在意義が問われていますね。

 

しかし、利用者が少ない、赤字路線だから

といって簡単に廃止されたら困る人も

出てくるのではないでしょうか。

 

みんなで知恵を絞って、路線の存続にむけて

知恵を絞って欲しいと願ってやみません。

 

話はそれましたが、路線がなくなる、

駅がなくなるとなればみどりの窓口も

減少し、いずれなくなるかもしれません。

 

そうなると、「みどりの窓口記念日」自体も

なくなってしまうかもしれません。

 

そうならないように願うばかりです。

 

 

豆知識③電車の利用者減少への対応策

 

電車の利用者の増加につなげようと、

現在は観光に力を入れています

 

私が住む北海道をはじめ、全国には

観光資源が数多くあります。

 

「秘境駅」と呼ばれる駅もやり方次第で

観光資源になり得ます。

 

また、駅を情報発信基地等にすることで、

利用者も増えて、駅の存続に

つなげてほしいですね。

 

 

9月24日は何の日?まとめ

 

9月24日は【みどりの窓口記念日】。

 

ということで

みどりの窓口って一体何なのかについて

取り上げてきました。

 

みどりの窓口記念日は、1965年に制定

された記念日で、制定されてから半世紀が

過ぎた歴史のある記念日です。

 

しかし、、指定券券売機が設置されたり、

JR路線の廃止や縮小、駅の撤廃によって

縮小傾向にあります。

 

9月24日の「みどりの窓口記念日」

を機会に、もう一度JRのあり方、

存続する方法をみんなで知恵を出して

「みどりの窓口記念日」を存続して

欲しいと思います。

 

そして、「みどりの窓口記念日を」

100年、150年と続くように

なればいいなと思います。

スポンサーリンク