【9月18日は何の日?】今日は「かいわれ大根の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

9月18日は何の日かというと

かいわれ大根の日」。

 

あなたは

かいわれ大根

は好きですか?

 

と聞かれても胸を張って

「大好きです」とは

言えないかもしれません。

 

しかし、あの細いかいわれ大根の中にも

栄養が詰まっている等

見逃すことはできません。

 

かいわれ大根は

スプラウト。

 

スプラウトとは

野菜や豆類から

発芽したばかりの新芽

 

大根の新芽であるかいわれ大根には

様々な栄養素が含まれています。

 

殺菌力が強い

イソチオシアネート

 

抗酸化作用や美肌効果

が期待できる

ビタミンC

 

消化酵素の一種で、

消化不良の改善効果

が期待できる

ジアスターゼ

 

良質な睡眠を促進する効果

が期待できる

メラトニン

 

そんなかいわれ大根に迫っていきたいと

思いました。

 

そこで「かいわれ大根の日」

が制定された経緯と

かいわれ大根の雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識①「かいわれ大根の日」が制定された経緯

 

「かいわれ大根の日」を制定したのは

日本スプラウト協会

さん。

 

元々は「日本かいわれ協会」が発足し、

のちに「日本スプラウト協会」に

改名されました。

 

かいわれ大根の良さをより多くの人に

知ってもらいたいとの思いにより制定された

「かいわれ大根の日」。

 

 

おそらくあなたも、かいわれ大根の良さ、

栄養価の高さを知っていると思われます。

 

この目的は達成されている

のではないでしょうか。

 

「かいわれ大根の日」を制定しようと

会合を開かれたのが9月。

そして「18」の8をよこにすると「∞」。

 

1の上に∞を乗せると

「竹とんぼ型かいわれ大根」になる

ということで9月18日が

「かいわれ大根の日」に選ばれました。

 

ちょっと苦しいような

ユーモアがあるような…。

 

稀にみる強引さですね。

 

 

さて、そんなかいわれ大根ですが、

調べてみると意外と知らないことも

多いのが現状でした。

 

ということで、

かいわれ大根の雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②かいわれ大根の雑学

 

 

豆知識②-1.かいわれ大根とは

 

 

1.スプラウトとは

 

かいわれ大根の前にまずは

スプラウト

とは何かを取り上げていきます。

 

あなたは「スプラウト」って

ご存知ですか?

 

スプラウトとは

野菜や豆類から

発芽したばかりの新芽

 

と言ってもイメージがわかない人も

多いのかもしれません。

 

具体的には「大豆もやし」や「豆苗」等が

あげられます。

 

大豆もやしは大豆の新芽、

豆苗はエンドウ豆の新芽。

 

「新芽」ではありますが、

「スプラウト」は栄養価が高いので

注目されています。

 

当然かいわれ大根も

この「スプラウト」の仲間。

 

かいわれ大根について

取り上げていきます。

 

 

2.かいわれ大根とは

 

「かいわれ大根」はもともと

大根の新芽」。

 

大根というだけあって

そのまんまですね。

 

かいわれ大根は

大根の新芽を食用としており、

栄誉かも高いものでした。

 

現在では大根の種からは

かいわれ大根はできないように

なっています。

 

それは大根の種は品種改良されており、

あなたが思い描いている本来の大きさの大根

が育つようになっています。

 

つまり、

大根を育てたければ

大根の種を、

かいわれ大根を育てたければ

かいわれ大根の種を植える

必要があります。

 

何ともややこしくなりましたね。

 

 

豆知識②-2.かいわれ大根の栄養・効能

 

かいわれ大根は大根に比べて

はるかにひょろっとしていて細い、

 

しかし、そのひょろい野菜には

栄養価が詰まっていて、

大きな大根の栄養価を凌駕しています。

 

 

1.イソチオシアネート

 

かいわれ大根には辛みがありますが、それは

イソチオシアネート

という成分が含まれているから。

 

聞きなれない成分ですね。

 

イソチオシアネートは

殺菌力が強いのが特徴

 

ゆえに、

お刺身等の生ものに付け合わせるのに

ちょうどいい。

 

また、食欲を高める効果も期待できます。

涼しくなってきた今より

夏バテの時期に聞きたかったですね・・・。

 

 

2.ビタミンC

 

ビタミンCといえば

美肌効果

 

特に女性は

コラーゲン

が大好き。

 

コラーゲンはタンパク質の一種。

 

そしてコラーゲンは

ビタミンCがなければ生成できません。

 

また、見逃せないのが

抗酸化作用」。

 

諸悪の根源である「活性酸素」の発生を

抑制する効果が期待できます。

 

これによりアンチエイジングや様々な病気を

予防する効果が期待できます。

 

 

3.ジアスターゼ

 

かいわれ大根にはジアスターゼ

という栄養も含まれています。

 

こちらも聞きなれない成分ですね。

 

ジアスターゼは

消化酵素の一種で、

消化不良の改善効果

が期待できます。

 

また、胃腸の働きを促進する効果によって

食欲を高める効果が期待できます。

 

 

4.メラトニン

 

かいわれ大根には「メラトニン」が

含まれています。

 

ここで「ドキッ!」ってした人は

いませんか?

 

シミの原因である

「メラニン」ではありませんからね(笑)。

 

メラトニンは不眠症を解消し、

良質な睡眠を促進する効果

が期待できます。

 

それゆえ、メラトニンは

睡眠ホルモン

とも呼ばれています。

 

不眠に悩まされている人も多いはず。

そういう人はぜひかいわれ大根を

お試しください。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.かいわれ大根の選び方

 

かいわれ大根は細くて長い野菜。

 

まずは茎を見てください。

 

茎が白くてハリがあり、

みずみずしいもの

が良いかいわれ大根。

 

人の肌と一緒でしょうか(笑)。

 

そして

葉が濃い緑色したもの

が新鮮なかいわれ大根です。

 

そして、見落としがちなのが

かいわれ大根の栽培に使われている

スポンジ。

 

この

スポンジが湿っているもので

綺麗なもの

を選ぶようにしてください。

 

 

9月18日は何の日?まとめ

 

9月18日は「かいわれ大根の日」。

 

ということで、

かいわれ大根の雑学について

取り上げてきました。

 

かいわれ大根は「スプラウト」。

 

また、栄養としてイソチオシアネートや

ジアスターゼなど、効きなれない言葉の

オンパレードですね。

 

ですが栄養価が高く優れた野菜ですね、

 

ぜひともこのかいわれ大根で

心身ともに健康になってほしいと思います。

 

 

スポンサーリンク