【9月16日は何の日】豆知識~今日は「牛とろの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

9月16日は何の日かというと

牛とろの日」。

 

牛とろ

とは

牛とろフレーク

のこと。

 

牛とろを最も美味しく食べるには

「牛とろ丼」が一番。

 

牛とろ丼とは

凍らせた生肉風の

牛とろフレークを

アツアツのごはんに

のっけたもの

 

牛とろ丼には偶然出会いましたが

美味しくて病みつきになってしまいました。

 

そんな牛とろについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「牛とろの日」が制定された経緯と

牛とろ丼の雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識①「牛とろの日」が制定された経緯

 

「牛とろの日」を制定したのは

有限会社十勝スロウフード

さん。

 

十勝スロウフードさんは

北海道清水町にある

牛肉製品を手掛けている会社。

 

十勝スロウフードさんと、牧場である

ボーンフリーファーム

さんが共に開発したのが「牛とろ」。

 

この牛とろの美味しさをより多くの人に

知ってもらいたいとの思いにより制定された

「牛とろの日」。

 

「9(ぎゅう)1(と)6(ろ)」の

語呂合わせによって9月16日が

「牛とろの日」に選ばれました。

 

 

さて、そんな牛とろですが

北海道十勝地方の名物の一つ。

 

とはいえ、「帯広豚丼」と比べたら

知名度には雲泥の差がありますね。

 

私の知る限り、行列のできる帯広豚丼の店は

何店舗かある。

 

しかし、牛とろ丼はそこまで行っていない。

専門店すらないはず。

 

牛とろ丼の知名度はそれほど高いとは

言えないのではないでしょうか。

 

ということで、

牛とろ丼の雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②牛とろ丼の雑学

 

 

豆知識②-1.牛とろ丼と出会ったきっかけ

 

私が「牛とろ」と出会った場所は

帯広で立ち寄った居酒屋さん。

 

何て名前の居酒屋さんだったか忘れましたが、

帯広駅からほど近い居酒屋さん。

 

その居酒屋さんは

お昼にランチもやっている。

 

出張中だったということもあり、

近場で「豚丼でも食べよう」

と思っていたんです。

 

豚丼を食べるつもりでしたが一応

「オススメは何ですか?」

と聞いてみました。

 

そしたら思わぬ答えが!

 

牛とろ丼はいかがですか?」。

 

私は思わず

「えっ、豚丼じゃないの?」と

聞き返してしまいました。

 

そしたらその店員が

「豚丼屋さんはたくさんあるけど

牛とろ丼を出している店は少ないてすよ」。

 

「牛とろ丼も美味しいですよ」とのこと。

 

また、店員曰く

「地元の人は豚丼を自前で作っているので

牛とろ丼のほうを勧めている」のだとか。

 

そこで騙されたと思って注文したというのが

牛とろ丼とのファーストタッチ。

 

牛とろ丼は私が思ってもみなかったような

風貌でした。

 

 

豆知識②-2.牛とろ丼とは

 

私は牛とろ丼とは

「牛肉を焼いてごはんにのっけたもの」

を勝手に想像していました。

 

厚く切った牛カルビが

ご飯に乗っているようなイメージ

でした。

 

いわば「豚丼」の牛肉バージョン。

 

しかし、待っている際に

肉を焼く音やにおい、煙が

一切ないんです。

 

そんな中「お待たせしました」

と出てきたのが、ご飯の上に

牛とろフレークがのったもの

 

その

牛とろフレークは生の牛肉を

細かく切って凍らせたもの

 

私は「えっ、生肉を出すの?」

と思いましたね。

 

正直びっくりしてしまいました。

生肉は提供したらダメなはず。

 

よくよく聞いたら「生ハム」の要領で

生の牛肉を再現しているのだとか。

 

つまり牛とろ丼とは

凍らせた生肉風の

牛とろフレークを

アツアツのごはんに

のっけたもの

といえますね。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.牛とろ丼の食べ方と味

 

牛とろ丼の食べ方は基本的には

アツアツのごはんに乗っけて食べる

というものです。

 

あとはお好みで専用のタレをかけたり

わさび醤油をかけていただきます。

 

私は専用のタレをかけていただきました。

 

これが実に美味しい。

 

牛とろを凍らせているのでシャリシャリ感が

あると思っていましたが、それは一切なく

牛肉が口の中で

とけるような食感

 

おそらくわさび醤油をかけたら

お寿司でも食べているような感じに

なりそうでした。

 

1997年からあるそうですが、

私には食べたことがない

斬新な食べ物でした。

 

ただ、食中毒事件が起きる前は

生肉を使用していたとのこと。

 

生肉を使ったらダメってなったときには

どうしようと困ったそうですね。

 

その「生肉を使った牛とろ丼」を

食べてみたかったですね。

 

 

9月16日は何の日?まとめ

 

9月16日は「牛とろの日」。

 

ということで、

牛とろ丼の雑学ついて

取り上げてきました。

 

牛とろ丼は北海道清水町で生まれた

生肉風の牛とろフレークを

アツアツご飯にのっけたもの。

 

牛肉が口の中でとろける食感で

斬新な美味しい料理でした。

 

私が無知なだけかもしれませんが、

牛とろ丼は十勝の隠れた名産だと

思っています。

 

あなたも北海道の十勝地方に

来ることがあったら

是非この牛とろ丼を食べてみては

いかがですか。

 

 

スポンサーリンク