9月15日何の日?今日は【石狩鍋記念日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

わが町北海道のソウルフードであるものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

今回はそういう記念日です。

 

すっかり涼しくなってきて

出番もすぐそこに来ているのでは

ないでしょうか。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで9月15日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで9月15日は何の日かというと

石狩鍋記念日

 

皆さんは「石狩鍋」をご存知ですか?

 

私を含めて北海道民は

知らない人はいないというぐらいの

ソールフードです。

 

そんな「石狩鍋」について

さらに迫っていきたいと思いました。

 

そこで【石狩鍋記念日】が制定された経緯と

石狩鍋の豆知識について取り上げていきます。

 

 

豆知識①【石狩鍋記念日】が制定された経緯

 

【石狩鍋記念日】を制定したのは

石狩鍋復活プロジェクト「あき味の会」さん。

 

「石狩鍋」の「石狩」とは「石狩鍋の発祥地」

である「北海道石狩市」のこと。

 

石狩市は札幌の北側に隣接した海沿いの街です。

 

この石狩市の中で「石狩鍋」を提供しているお店

が少ないということから、石狩鍋を普及させる

ために「石狩鍋復活プロジェクト」が

発足しました。

 

そしてこの「石狩鍋でまちおこし」を目指して

「あき味の会」が発足しました。

 

こと石狩鍋をより多くの人に知ってもらうために

【石狩鍋記念日】が制定されました。

 

「915(くいご)ろ」の語呂合わせによって

9月15日が【石狩鍋記念日】に選ばれました。

 

【石狩鍋記念日】には各種イベントが開催され、

石狩市と石狩鍋を盛り上げています。

 

さえ、そんな石狩鍋ですが、知名度はそれなりに

あると思いますが、意外と知らないことも多い

のが現状です。

 

ということで、

石狩鍋の豆知識について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②石狩鍋の豆知識

 

 

豆知識②-1.石狩鍋の始まり

 

石狩市には北海道一長い「石狩川」の河口が

あり、そこで石狩鍋が発祥しました。

 

石狩川の秋といえば、鮭が産卵のために

遡上してきます。

 

そのため鮭漁が盛んでした。

漁ということは漁師がいます。

漁師が働くには食べるものが必要になります。

 

そこで取れた鮭を鍋に入れて食べた、

いわば「まかない食」が石狩鍋の始まり

言われています。

 

これを地元の割烹料理店「金大亭」の主人が

アレンジして一般客にも提供されるように

なりました。

 

そうして石狩鍋がだんだん広がっていき、

全国に知られるようになりました。

 

やはり漁師、美味しい魚の食べ方を

知っているんですね。

 

 

豆知識②-2.石狩鍋に入れるもの

 

「石狩鍋」に入れるものの主役はもちろん鮭

そしてあらわる野菜を入れて昆布と鮭のダシを

使います。

 

入れる野菜は好みによりますがニンジンや玉ねぎ

キャベツ、長ネギ、大根、じゃがいもあたり

ですね。

 

鮭はいろんな食材を入れるので、あらゆる効能が

期待できます。

 

ただ、入れる野菜は人それぞれ。

その中でも必ず入れるのが鮭。

 

ということで鮭の栄養・効能について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②-3.鮭の栄養・効能

 

鮭の魚体はピンクがかっていますが、実は

白身魚の仲間

 

鮭を普段から食べている人は多いと思いますが

鮭は低カロリーである割に栄養価が高いという

素晴らしい魚です。

 

鮭はもはや鍋に限らず焼き魚やお刺身など

煮て良し焼いて良し生でも良し。

 

もはや食卓には欠かさない魚

の一つになりましたね。

 

そんな魚栄養・効能に迫っていきます。

 

 

1.アスタキサンチン

 

アスタキサンチンは鮭の色素成分で、

美肌効果が期待できます。

 

鮭の色の正体はこのアスタキサンチン

なんですね。

 

また、強力な抗酸化作用をもち、シミなどの

肌トラブルをはじめ、あらわる病気から

身を助ける効果が期待できます。

 

「抗酸化作用行=活性酸素の抑制」。

 

このブログを読んでくれている人には

「またか」と言われるぐらい

この図式が登場しますね。

 

抗酸化作用によってアンチエイジング効果や

ざまざまな病気の予防効果が期待できます。

 

 

2.DHA・EPA

 

鮭にはDHAとEPAが

豊富に含まれています。

 

これらは脂肪酸の一つ。

 

DHAは脳神経の成長を促進することで

学習能力や記憶力を高める効果

期待できます。

 

EPAは血中コレステロールを下げ、

血液をサラサラにする効果

期待できます。

 

これにより高血圧や動脈硬化、

更には脳梗塞や心筋梗塞を予防する効果が

期待できます。

 

 

子供のころ「魚を食べたら頭が良くなる」

と言われませんでしたか?

 

また「魚を食べなさい」

と言われませんでしたか?

(私は言われませんでしたが)。

 

それはDHAとEPAによるものが

大きいですね。

 

 

3.ビタミン類

 

鮭にはビタミン類が豊富に含まれています。

 

ビタミンAは肌トラブルの防止や

のどや鼻などの粘膜にを保護して

細菌から体を守る効果が期待できます。

 

ビタミンB1やビタミンB2は

糖質や脂質の代謝を促進する効果が

期待できます。

 

ビタミンDはカルシウムとリンの吸収や

血中のカルシウム量を調整することで

骨粗しょう症予防効果が期待できます。

 

 

9月15日は何の日?まとめ

 

9月15日は【石狩鍋記念日】。

 

ということで、

石狩鍋の豆知識について

取り上げてきました。

 

石狩市が石狩鍋の発祥地。

それは石狩川河口で鮭漁が盛んだったから。

 

漁師の賄い食を経て、

割烹料理店「金大亭」の主人によって

石狩鍋は誕生しました。

 

石狩鍋の主役は鮭で、

その周りには様々な野菜が取り囲んで

栄養価の高い美味しい鍋が出来上がります。

 

北海道に来る予定のある方、また北海道民も

石狩鍋を食べて健康的に体を温めませんか。

スポンサーリンク