今日は何の日?8月5日は【親子丼の日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

さ私の好きなもの同士が合わさったものの記念日

もあります。

 

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

美味しくて栄養価も高いので一石二鳥ですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで8月5日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで8月5日は何の日かというと

親子丼の日

 

皆さんは「親子丼」は好きですか?

私はもちろん好きですよ。

この話題を出すぐらいですからね(笑)。

 

ちなみに「親子丼」の「親子」とは

鶏肉と卵の親子です念のため。

(鮭とイクラの親子丼ではありません)

 

意外とありふれた食材を使うわりには

食べる機会が少ないような気がする「親子丼」。

 

そんな「親子丼」のことをもっと知りたいと

思いました。

 

そこで【親子丼の日】が制定された経緯と

親子丼の豆知識について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【親子丼の日】が制定された経緯

 

【親子丼の日】を制定したのは

関西鶏卵流通競技会」さん。

 

「関西鶏卵流通競技会」さんは

鶏肉協会」と組んで「親子丼」の美味しさを

よりたくさんの人に知ってもらうことを

目的として【親子丼の日】が制定されました。

 

また、8月は親子丼の売り上げが落ち込む時期。

この時期に親子丼で「スタミナ」を

つけてもらおうととの願いも込められています。

 

「0(お)8(や)5(こ)」の語呂合わせ

によって8月5日が【親子丼の日】に

選ばれました。

 

 

さて、そんな親子丼ですが、意外と食べる機会が

多くありません。

まあ私が「カツ丼」を注文する機会が

多いからかもしれませんが。

 

しかし、家でも作ろうと思えば

作れるのにと思いました。

 

そんな親子丼のことを

もっと知っておきたいものですね。

 

ということで、

親子丼の豆知識について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②親子丼の豆知識

 

 

豆知識②-1.親子丼とは

 

そもそもですが、親子丼とは鶏肉と一緒に玉ねぎ

等の具材をダシ汁で煮た後に卵でとじたもの

 

これをドンブリご飯の上にのっけたら

「親子丼」の出来上がり

 

これだけ聞くと簡単にできそうなものですが

料理が苦手な私は必ずどこかで失敗して

しまいます。

 

なぜかあのとろとろとした美味しい親子丼に

なってくれません(悲)。

 

それはともかく、親である鶏肉とその子供である

卵が使われているために「親子丼」と

呼ばれています。

 

このことことは皆さん知っていると思いますが

念のため。

 

ちなみに鮭とイクラの親子丼は「海鮮親子丼」

というそうです。

 

 

豆知識②-2.親子丼の誕生

 

親子丼の誕生には諸説あります。

 

その中でも有力なのが1887年年のこと。

 

東京の軍鶏(シャモ〕のお店でお客さんの1人が

鶏鍋に卵を投入して卵とじににして

食べていた「親子煮」が始まりだと

いわれています。

 

これを見た店主が食べやすくするために

どんぶりごはんに「親子煮」をのっけた

「親子丼」を作りました。

 

これが「親子丼」の始まりだとされています。

 

元はといえばお客さんの思いもよらぬ食べ方から

「親子丼」は誕生しました。

 

何でもそうですが、

「固定観念で物事を考えたらダメ」

「固定観念は視野を狭くする」

ということですね。

 

上に立つ人間も自分の考えだけでなく

下のものの考えを聞く度量の広さが

必要だということですね。

 

話はそれましたが、

お客さんが行った鶏鍋の食べ方によって

親子丼は誕生したんですね。

 
スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.親子丼・他人丼

 

親子丼とは鶏肉と卵で「親子」。

 

これはわかると思いますが、

他人丼」ってご存知でしょうか?

 

「親子丼」も「他人丼」も

卵でとじるところは一緒。

 

ただ、肝心の中身が牛肉だったり

豚肉だったりするもの

「他人丼」といいます。

 

つまり、鶏肉以外の肉を

卵でとじたものが「他人丼」。

 

ただ、「親子」はわかりますが、

「他人」って人ではないので

もっと違うネーミングがないかなと

個人的には思っています。

 

「他種丼」とでも言いましょうか・・・

 

 

豆知識②-4.親子丼の効能

 

結論から言うと、親子丼は栄養が豊富。

 

鶏肉は牛肉や豚肉よりも

タンパク質、ビタミン、ミネラルを

豊富に含んでいます

 

それでいてヘルシーなのが

嬉しいところ。

 

また、たまごは必須アミノ酸を

豊富に含んでいます。

 

余談ですが、

一時期「卵はコレステロール値を上げる」

なんて言われていましたが、

そんなことはないようなのでご安心を!

 

鶏肉に含まれるタンパク質と

卵に含まれるアミノ酸を一緒に摂ることで

溶質なタンパク質になってくれます。

 

つまり、親子丼はヘルシーで

栄養価が高い食べ物といえるでしょう。

 

 

今日は何の日?まとめ

 

8月5日は【親子丼の日】。

 

ということで、

親子丼の豆知識について

取り上げてきました。

 

親子丼は鶏肉と卵を使った丼もの。

 

親子丼はお客さんのアイディアから生まれ、

ヘルシーで栄養価が高いということが

わかりました。

 

と言って食べすぎてはいけませんよ。

親子丼には当然「ごはん」がついてくるので

食べ過ぎると「糖質の過剰摂取」に

繋がりますから。

 

さて、この日のお昼は

親子丼にしようかな。

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 その他生活ブログ 年中行事・記念日へ
にほんブログ村


季節の行事ランキング