8月31日は何の日?今日は【野菜の日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

私は好き嫌いなく食べられるものの

記念日もあります。

 

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

ただ、今は価格が高騰しているので

いっぱい食べたくても躊躇してしまいます。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで8月31日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで8月31日は何の日かというと

野菜の日

 

皆さんは「野菜」をきちんと食べていますか?

 

私は結構食べてはいると思いますが、

農林水産省が掲げる目標量「1日350g」

は食べられていないですね。

 

そういう人が多いのではないでしょうか。

 

そんな中で「好きな野菜」にも

「嫌いな野菜」にも

ランキングされているのが「トマト」。

 

そんなトマトに迫っていきたいと

思いました。

 

そこで【野菜の日】が制定された経緯と

野菜の中でもトマトの豆知識について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【野菜の日】が制定された経緯

 

【野菜の日】を制定したのは

食料品流通改善協会」さん等。

 

野菜に限らず「食料品」関係の協会さん等が

関わっているんですね。

 

それだけ野菜が重要ということでしょうか。

 

一口に「野菜」といっても数多くありますが

この野菜の美味しさや栄養を改めて認識して

もらいたいとの願いから【野菜の日】が

制定されました。

 

「8(や)3(さ)1(い)」の語呂合わせ

によって8月31日が【野菜の日】に

選ばれました。

 

さて、そんな野菜ですが

子供が一番好きな野菜は「トマト」

 

しかし、子供が嫌いな野菜でも

「トマト」は7位にランクインしています。

 

好きな人が多い一方で

嫌いな人も少なくない

といったところでしょうか。

 

そんなトマトに迫っていきたいと

思いました。

 

ということで、

野菜の中でもトマトの豆知識について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②トマトの豆知識

 

 

豆知識②-1.そもそもトマトって?

 

トマトってそもそも何でしょうか?

 

「トマトはトマトだよ!」と

怒られそうですが、

トマトはナス科の野菜です。

 

何か意外な感じがしますが

私が無知なだけでしょうか。

 

それはともかく、日本では

「りんごが赤くなると医者が青くなる」

という言葉がありますが、ヨーロッパでは

トマトが赤くなると医者が青くなる

という言葉があります。

 

それだけに栄養価も高く、肉料理等とも

相性はばっちりです。

 

この栄養価の高いトマトを食べて

医者の顔を青くしてやりましょう。

 

 

豆知識②-2.良いトマトの選び方

 

どうせトマトを食べるなら

良いトマトを食べたほうがいいですよね。

 

そこで「良いトマトの選び方」について

取り上げていきます。

 

 

1.形

 

私の場合何でもそうですが、

形から入りたいと思っています(笑)。

 

形が丸みを帯びているものは

果肉がぎっしり詰まっている証拠です。

 

逆に形が悪いものは中身がスカスカ

の場合が多いので気を付けてくださいね。

 

 

2.先端部分

 

私はトマトを購入する際に

トマトの先端部分を

あまり気にしていません。

(これは私だけでしょうか?)

 

しかし、先端部分にも秘密が隠されています。

 

先端部分が中身の果肉が見えていて

放射状になっているものは甘いトマトです。

 

 

3.重さ

 

上記の1にも関連しますが、

果肉がぎっしり詰まっているものは

ずっしりと重く、甘いトマトです。

 

手で持ってみたら重さがわかりますが、

もっとわかりやすいのは水の中に入れること。

 

水の中に沈んでいくものは甘いトマトです。

 

 

4.ヘタの色

 

さすがにヘタの色は見たくなくても

見えてしまいます。

 

ヘタが濃い緑色をしているトマトは

新鮮なトマトです。

(も~ぎ~たての果実の~♪)

 

スポンサーリンク

 

豆知識②-3.トマトの栄養を効率よく摂るには

 

トマトには様々な栄養素が含まれていますが

特筆すべき栄養素は「リコピン」。

 

リコピンは強力な抗酸化作用があり、

諸悪の根源である「活性酸素を抑制」

する効果が期待できます。

 

リコピンは熱にも強く油に溶ける性質

ありますので、トマトソースにしたり、

オリーブオイルをかけて食べると

リコピンの吸収が良くなります。

 

また、トマトと豚肉を一緒に食べると

トマトのリコピンとビタミンC、

豚肉のビタミンB1が同時に摂れて

疲労回復効果が期待できます。

 

 

豆知識②-4.保存方法

 

トマトはなるべく早く食べたほうがいいですが

2・3日なら常温で保存することもできます。

 

ただ、虫に食われたりしないように

パッケージに入れて保存したほうが

いいですね。

 

ただ、まだまだ暑いという地域もありますから

冷蔵庫で保存した方が無難ですね。

冷たいトマトを食べたいでしょうしね。

 

若干青みがある場合には、

常温で保存することで

勝手に熟してくれます。

 

 

8月31日は何の日?まとめ

 

8月31日は【野菜の日】。

 

ということで、

野菜の中でもトマトの豆知識について

取り上げてきました。

 

トマトとは何かとその選び方、

効率の良い栄養の取り方、保存方法について

取り上げてきましたが、トマトって

素晴らしい野菜の一つですね。

 

子供の好きな野菜でも嫌いな野菜でも

ランクインするトマト。

 

嫌いな子は苦手を克服して

美味しいトマトで健康的に育ってほしい

ものですね。

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 その他生活ブログ 年中行事・記念日へ
にほんブログ村


季節の行事ランキング