【8月27日】は何の日?豆知識!今日は「ジェラートの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

8月27日は

ジェラートの日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

ジェラート

は好きですか?

 

私は大好きで、一年中食べています。

 

北海道では冬でも家の中を

暖かくしているので

ジェラートを食べるのには

何の抵抗もありません。

 

普段から食べているジェラートですが、

知らないことも多いですね。

 

 

ジェラートは約5%の脂肪分

しか使われておらず、

「アイスクリーム」ではなく

「アイスミルク」に属すること。

 

ジェラートは「素材が持つ本来の美味しさ」

を引き出しているのが特徴で、

新鮮で旬なフルーツと

搾りたての牛乳

は欠かせない。

 

ジェラートの主原料はフルーツであり、

使われているフルーツによりますが、主に

ビタミンA、B1、B2、カルシウム

が含まれていること

 

 

そんなジェラートについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「ジェラートの日」

が制定された経緯と

ジェラートの雑学について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「ジェラートの日」が制定された経緯

 

「ジェラートの日」を制定したのは

日本ジェラート協会

さん。

 

ジェラートにも協会があるなんて

びっくりですね。

 

ジェラートの魅力や美味しさを

より多くの人に味わってもらいたい

との思いから制定された

「ジェラートの日」。

 

もちろん好き嫌いはあると思いますが、

ジェラートが好きだという人も多いはず。

 

そういう意味では目的は達成されたと

言っていいでしょう。

 

ジェラートが世界中に知れ渡ったのは

1953年8月27日のこと。

 

この日にアメリカで公開された映画

「ローマの休日」の中で

アン王女

(オードリー・ヘプバーン)が

ジェラートを食べているシーン

がありました。

 

このシーンによってジェラートが

一躍ローマを訪れる観光客が憧れる

デザートに!

 

そして8月27日が

「ジェラートの日」に選ばれました。

 

オードリーヘップバーン

恐るべし!

 

 

さて、それからというもの

たくさんのジェラートが誕生し、

ジェラート職人たちが

しのぎを削っています。

 

これからも美味しいジェラートに

ありつけられると思うと

嬉しくなりますね。

 

そんなジェラートに迫っていきたいと

思いました。

 

ということで、

ジェラートの雑学について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②ジェラートの雑学

 

 

豆知識②-1.ジェラートとは

 

そもそもジェラートって何?

と聞かれて答えられない人も

いると思います。

 

「ジェラート」というのはイタリア語で

「アイスクリーム」という意味で

凍ったお菓子を指します。

 

しかし日本ではアイスクリームは法令で

「乳固形分15%以上

その内8%は乳脂肪」

と定められています。

 

それに対し、

ジェラートは約5%の脂肪分

しか使われていません。

 

ジェラートは規格の上では

「アイスクリーム」ではなく

「アイスミルク」に属します。

 

ジェラートは脂肪分が少ない分、

素材である旬のフルーツを生かしています。

 

つまり、

原料の持ち味をそのまま生かされていて

アイスクリームに比べてヘルシーなデザート

と言えますね。

 

また、アイスクリームに比べて空気の含有量

 が多いのが特徴。

 

下記の記事

 

【7月1日】今日は何の日?豆知識「井村屋あずきバーの日」固さの秘密

 

にあるように、空気の含有量が多いほど

柔らかいアイスなります。

 

ただ、溶けやすいという欠点も・・・。

 

 

豆知識②-2.ジェラートの作り方

 

「ジェラートの作り方」といっても

そんなに大げさなものではありません。

 

ジェラートに欠かせないものは

新鮮で旬なフルーツと

搾りたての牛乳

 

これらをじっくり丁寧に調理して作り上げる

ことにより、素材が持つ美味しさを最大限に

引き出すのがジェラートの作り方。

 

まあ口で言うのは簡単ですが、この

「素材が持つ美味しさ」を引き出すのは

ジェラート職人の腕の見せ所ですね。

 

アイスクリームとともに、

ジェラートの種類も無限大。

 

これからも我々が

美味しいジェラートにありつけるために

ジェラート職人には頑張ってほしい

ものですね。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.ジェラートに含まれる成分

 

ジェラートの主原料はフルーツ。

と言うことは「体に良い成分」が

含まれているという特徴があります。

 

「アイスクリームは体に悪い」と

思われがちですが、

ジェラートは適量であれば体に良い成分が

たくさん入っています。

 

もちろん主原料によって

成分が多少変わりますが

ジェラートに含まれる成分は

おおよそ次の通りです。

 

 

1.ビタミンA

 

ビタミンAは下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、肌の健康や発育の促進、

視覚の暗順応、免疫力の向上等

様々な効果が期待できます。

 

また、「抗酸化作用」によって

諸悪の根源である「活性酸素」の発生を

抑える効果が期待できます。

 

 

2.ビタミンB1

 

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えたり

皮膚や粘膜に働きかけて健康を維持する効果

が期待できます。

 

また、糖質は脳神経の栄養源。

ビタミンB1はこの脳神経の正常な働きを

促進する効果が期待できます。

 

よく「糖質制限ダイエット」をやっている人を

見かけますが、糖質を制限しすぎると

頭が働きにくいだけでなく、老化を早めるとも

言われています。

 

適度に糖質を摂りたいものですね。

 

 

3.ビタミンB2

 

ビタミンB2は糖質、脂質、タンパク質を

エネルギーに変えたり、皮膚や粘膜を

保護する効果が期待できます。

 

エネルギーを使う人はタンパク質を含む肉等

を食べたければというイメージがあります。

 

それと同時にビタミンB2も必要になります。

 

 

4.カルシウム

 

カルシウムは下記の記事

 

【ミネラル】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、丈夫な骨や歯を作るために

必要な成分です。

 

そのため、カルシウムが不足すると

骨粗鬆症になる恐れがあります。

 

また、カルシウム不足になると

イライラしやすく

精神が不安定になりやすいですね。

 

ジェラートを食べて美味しくカルシウムを

摂れたら最高ですね。

 

 

【8月27日】は何の日?まとめ

 

8月27日は「ジェラートの日」。

 

ということで、

ジェラートの雑学について

取り上げてきました。

 

ジェラートはアイスクリームよりも

脂肪分が少なくてヘルシー、

 

また、原料のフルーツが生かされていて

体にも良い成分が入っています。

 

しかし、アイスクリームも美味しいし

ソフトクリームも美味しい。

もちろんジェラートも美味しい。

 

私はどうしたらいいのでしょうか?

そうだ!全部食べてしまおう(笑)。

 

そんなことをしたらお腹を壊しますので

自分の体と気分と財布と相談しながら

決めたいと思います。

 

さて、今日は何を食べようかな。

 

 

スポンサーリンク