【8月20日】は何の日?豆知識「蚊の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

8月20日は

蚊の日」

 

スポンサーリンク




 

って聞いただけで

かゆくなりそうですね。

 

蚊に悩まされている人も

多いはず。

 

蚊に刺されやすい人は

1.体温が高い人

2.ストレスを抱えていない人

3.お酒を飲む人

4.足の菌が多い人

が挙げられます。

 

対策としては

1.長そで長ズボンを履く

2.ハッカの匂いを理容しる

3.足の裏を消毒する

が挙げられます。

 

そんな蚊について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「蚊の日」が

制定された経緯と

蚊に刺されないための豆知識

について取り上げていきます。

 

 

豆知識①「蚊の日」が制定された経緯

 

「蚊の日」を制定した経緯は

1897年

8月20日

でのこと。

 

今から120年も以上も前のこと。

 

英国の細菌学者である

「ロナルド・ロス」が

羽斑蚊(はまだらか)類の蚊

から「マラリア」の原虫を発見

ました。

 

マラリアの原虫の発見にちなんで

「蚊の日」が制定され、

8月20日が「蚊の日」に

選ばれました。

 

 

さて、あなたも感じている

かもしれませんが、

「蚊に刺されやすい人」と

「刺されにくい人」がいますよね。

 

まずは「蚊に刺されやすい人」が

どんな人で、

これを踏まえたうえで

対策を講じなければならない

と思いました。

 

ということで、

蚊に刺されないための豆知識について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②蚊に刺されないための豆知識

 

 

豆知識②-1.蚊に刺されやすい人

 

 

1.体温が高い人

 

蚊は熱があるものに群がる傾向

があります。

 

ゆえに、

体温が高い人ほど

蚊が寄り付きやすい

と言われています。

 

ですので運動後や入浴後、

もともと体温が高い人は

蚊に刺される可能性が上がります。

 

ちなみに

私は体温が高い方ですので

よく刺されています(涙)。

 

また、うかうか風邪をひいて

高熱なんて出してはいけませんね、

(いつもダメだけど)

 

「寝苦しいから窓を開けて寝よう」

というのはなるべく避けたほうが

いいでしょう。

 

 

2.ストレスをあまり抱えていない人

 

良く健康や病気の話をすると

「ストレスを溜めるのは良くない」

と言われますね。

 

しかし、

蚊に刺されることに限って言えば

ストレスが少ない人ほど

蚊に刺されやすい

 

まあこのご時世ストレスを

抱えていない人は

なかなかいないと思いますが。

 

ストレスを抱えていない人は

血行が良く代謝も良い

ということになります。

 

そうなると体温が上がるということで

1に繋がっていきますね。

 

決してストレスが少ない人の方が

血が美味しいというわけでは

ないようです。。

 

だからと言って

「蚊に刺されないために

ストレスを溜めよう」

等とは思わないでくださいね。

(そう思う人はいないと思いますが)。

 

病気にでもなったら

蚊どころではありませんからね。

 

 

3.お酒を飲む人

 

お酒を飲むと体温が上がって

1の条件を満たしてしまいます。

 

体温の上昇に加えて

蚊は二酸化炭素を目印にして

人間(もしくは哺乳類に)に

寄ってきます。

 

お酒を飲むと

アルコールを分解する過程で

二酸化炭素を吐き出す量が

いつもより増えてきます。

 

それによって蚊が寄ってくる

ということになります。

 

蚊に刺されたくなければ

お酒はほどほどに!

(耳が痛い!)

 

 

4.足の菌が多い人

 

テレビでやっていたのですが、

足の裏にある菌が多いほど、

また、その菌が

蚊の好むものであるほど

蚊を引き寄せてしまいます

 

これは「足がくさい」ということとは

別次元の話です。

 

これは「その人が持っている菌」

に関係しており、「その人の体質」

によるところが大きいですね。

 

蚊が好む菌を持っているなんて

悲惨ですね。

 

 

豆知識②-2.蚊に刺されない対策

 

 

1.服装

 

特に山の中に入る時等は、

長そで長ズボンを履き、

蚊に刺されない工夫をする

必要があります。

 

これを寝るときにも実践できると

いいですね。

 

ただ、暑いので無理して

長そで長ズボンを

履くのは厳しいですが。

 

なお、意外に思われる方も多いですが、

蚊は暗い色を好み、

明るい色が苦手です

 

「明るさ」は好みますが

「明るい色」は苦手なんて

なんとも意外。

 

このことを踏まえて蚊が寄りにくい

明るい色の服装をしてみてください。

 

 

2.におい

 

蚊は二酸化炭素や人肌のにおいに

反応して近づいてきます。

 

そんな蚊ですが、

蚊はハッカのにおいが嫌い

 

大抵の蚊よけスプレーは

ハッカエキスが含まれているので

ハッカ臭を体や部屋中に振りまくことで

蚊が寄りにくくなります。

 

北海道北見市ではハッカが特産品。

 

北見では蚊が少ないのでしょうか。

 

なお。柑橘系も同様に

蚊が嫌がります。

 

寝る前にレモンを食べて

皮を近くに置いておくのも

ありかもしれません。

 

スポンサーリンク




 

 

3.足の裏を消毒する

 

足の裏の裏にある菌が蚊を寄せるなら

足の裏を消毒したいところです。

 

といっても大袈裟なことをせずに

アルコール性の

ウェットティッシュ等で

足の裏を殺菌することにより

蚊が寄る数が減る

という検証結果も出ています。

 

足の裏をお風呂でこまめに洗ったり

ウェットティッシュで消毒することにより

蚊が寄りにくい足にするといいでしょう。

 

足の裏にハッカやレモンのにおいを

つけるというのもいいですね。

(さすがに難しいか・・・)

 

 

8月20日は何の日?まとめ

 

8月20日は「蚊の日」。

 

ということで、

蚊に刺されないための豆知識について

取り上げてきました。

 

服装やにおい、足の裏の消毒によって

蚊に刺されるリスクは大分軽減されます。

 

私は「足の裏の菌」が蚊を寄せ付ける

ということに驚きました。

 

これらを実践することで

蚊に刺されなくなれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク