【8月15日】は何の日?豆知識「刺身の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

8月15日は

刺身の日」。

 

スポンサーリンク



 

あなたは

刺身

は好きですか?

 

といってもたくさんの種類があるので

一概には言えないですよね。

 

大抵の人は種類は違えど

刺身を食べる機会は

それなりにあるはず。

 

そんな刺身ですが、

知っているようで知らないことも

多いのが現状です。

 

「刺身」と「お造り」の違い

「うなぎの刺身」がない理由

刺し身は「一点もの」を

買った方が安心

など、知っているようで

知らないこともあります。

 

そんな刺身について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「刺身の日」が

制定された経緯と

刺身の豆知識について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「刺身の日」が制定された経緯

 

1448年(文安5年)

8月15日付け

文書

でのこと。

 

つまり室町時代の後期に

書記官・中原康冨が書いた日記

に記されていたこと。

 

そこには

『鯛なら鯛とわかるやうに

その魚のひれを刺しておくので

刺し身、

つまり「さしみなます」の

名の起り』

と記されています。

 

これが最も古い

「刺身に関する記録」

ということになっています。

 

これにちなんで8月15日が

「刺身の日」に選ばれました。

 

ただ、

誰が「刺身の日」を制定したのか

「制定された目的」は

わかりませんでした。

 

単純に「文書に記されていた日付」

がそのまま記念日になった

ということでしょう。

 

 

さて、570年以上前に

「刺身」があったんですね。

 

それから現在までいろんな魚、

そして料理人等が腕を振るい

私たちの舌を楽しませてくれました。

 

本当に頭が下がります。

 

そんな刺身のことを

もう一歩踏み込んで

知りたくなりました。

 

ということで、

刺身の豆知識について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク



 

 

豆知識②刺身の豆知識

 

 

豆知識②-1.「刺身」と「お造り」の違い

 

結論から言うと、

「刺身」と「お造り」は

(ほとんど)同じもの

 

刺身もお造りも、鮮魚を切り身にして

醤油で食べると言うスタイル。

 

まさに「日本料理」の代表格。

 

刺身(お造り)が

大衆に食べられ始めたのは

江戸時代。

 

「濃口醤油」が大量生産されてから

とのこと。

 

当時は武家社会。

 

「切り身」の

切る」という字は縁起が悪い

ということで、「切る」ではなく

「刺す」を使って「刺身」と

呼ぶように!

 

「刺身」が少しずつ広がっていき、

やがて「関東」から「関西」へと

広がっていきました。

 

関西、特に京都では

「刺す」という言葉も

縁起が悪い

とされていました。

 

そしてできた言葉が

「造り身」。

 

更に「造り身」から

「お造り」になりました。

 

そして「お造り」というのは単に鮮魚

を「切り身」にするだけではない。

 

昆布締めしたり松川造りをする等の

一手間をかけて「造った」

という意味も込められています。

 

しかし今ではその違いはなく

鮮魚等を「切り身」

にしたものが「刺身」。

 

切り身を「舟盛り」にしたり

尾頭がついているものを

「お造り」と呼ぶ傾向にありますね。

 

たしかに「お造り」と言ったほうが

高級感がありますよね。

 

もともとは武家社会で考えられている

「縁起の悪さ」や地域性によって

「刺身」と「お造り」という言葉が

生まれたんですね。

 

 

豆知識②-2.「うなぎの刺身」がない理由

 

うなぎといえば蒲焼き

というイメージがありますね。

 

結論から言うと、

うなぎは加熱しないと

食べられない

から刺身がないんですね。

 

うなぎの血液の中には

イクシオトキシン

という毒が含まれています。

 

また、

表面のヌルヌルしたものは

「イクシオトキシン」よりも

さらに強い毒

 

誤って生で食べてしまったら

食中毒になるので

刺身では食べられないんですね。

 

ただ、これらは熱に弱く、

加熱することで

毒性は失われるとのこと。

 

ですので蒲焼きにするのは

理にかなっているということです。

 

ただ、中にはその血液を処理して

刺身として出している専門店も

あるようです。

 

たた、うなぎを処理して刺身にする料理人は

相当少ないとのこと。

 

私はうなぎには興味はありませんが、

もしそのようなお店に

遭遇したらぜひおためしあれ!

 

スポンサーリンク



 

 

豆知識②-3.刺し身は「一点もの」を買った方が安心

 

スーパー等で

刺身のコーナーを見てみると、

「盛り合わせ」と

「サク」もしくは「1種類のみ」で

販売されています。

 

「盛り合わせ」の場合は

「加工品」。

 

「1種類のみ」の場合は

「生鮮食品」。

 

取り扱いが違うんですね。

 

生鮮食品だと

産地だとか天然もしくは養殖

かどうかを表示

しなくてはなりません。

 

しかし、

「加工品」になると

表示する義務がない

 

ですので多少古いものが

混じっていても

見分けがつきません。

 

まあスーパーはお客さんに

「食中毒」を起こさせる

わけにはいかないので

極端に古いものは入れていない

とは思いますが。

 

なお、「盛り合わせ」や

「1種類のみ」(切り身)で買うより

「サク」で買った方が

単価が安くなります。

 

「サク」で買うと安くはなりますが

「自分で切る」という一手間が

増えますけどね。

 

まあ夕方になって「半額」シールを

張られたら話は別ですが。

 

話はずれましたが、盛り合わせよりも

1種類の方が、その正体が

表示されているので安心ですね。

 

 

8月15日は何の日?まとめ

 

8月15日は「刺身の日」。

 

ということで、

刺身の豆知識について

取り上げてきました。

 

「刺身」や「お造り」は基本的には

同じもの。

 

しかし、武家社会や地域性によって

呼び名が変わったんですね。

 

また、刺身に関しても

産地等が「表示」されている方が

安心てきますね。

 

とはいえ、「いろんなものを食べたい」

とも思いますので、「盛り合わせ」

にするか「一点物」にするかは

悩ましいところですね。

 

さて、暑い日が続いているんで

あっさりした刺身でも食べようかな。

 

 

スポンサーリンク