今日は何の日?8月13日は【函館・夜景の日

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

絶景で、ぜひまた見たいと思っているものの

記念日もあります。

 

 

今回はそういう記念日です。

 

私が初めて見たのが中学の修学旅行でのこと。

とても綺麗で感動したのを覚えています。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで8月13日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで8月13日は何の日かというと

函館・夜景の日

 

皆さんは「函館の夜景」を見たことが

ありますか?

 

私は北海道民なので何回か見たことがあります。

 

この夜景は綺麗ですが、

それにも理由があります。

 

そこで【函館・夜景の日】が

制定された経緯と

函館の夜景が絶景なワケについて

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【函館・夜景の日】が制定された経緯

 

【函館・夜景の日】を制定したのは

函館市役所」。

 

やはり市民ぐるみで【函館・夜景の日】を

制定したんですね。

 

函館の見どころ・食べどころは

たくさんありますが、「夜景」もその1つ

 

函館の夜景をより多くの人に見てもらおうと

【函館・夜景の日】が制定されました。

 

8を「や」と読み、8月。

トランプの13はキングで「けい」と読みます。

 

つまり「やけい」と読む8月13日が

【函館・夜景の日】に選ばれました。

 

なんだか苦しいような気がしますが。

 

函館の夜景は美しいことで

有名になっていますね。

 

どうして綺麗なのか、

ちゃんと理由があるようです。

 

ということで、

函館の夜景が絶景なワケについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②函館の夜景が絶景なワケ

 

 

豆知識②-1.高さや距離感がちょうどいい

 

一般に函館の夜景は函館山の上から

市街地を見下ろすというもの。

(反対側から見る「裏夜景」もありますが)

 

函館の夜景が見える展望台の高さは334m、

そこまでは専用のロープウェイを使って

登ります。

 

このロープウェイから見える夜景でもすでに

綺麗なものです。

 
ただ、絶景は展望台に着いた時に現れます。
 
 
まさに「絶景」と言える景色が目の前に!
 
 
 
夜景の専門家に言わせると、函館の夜景は
 
展望台の高さや市街地までの距離、
 
夜景を見下ろす角度(10°)どれを取っても
 
ちょうど良いとのこと。
 
 
つまり、立地条件が良いということですね。
 
 

 

豆知識②-2.街並みや生活感が表現されている

 

函館の夜景の灯りはネオンの灯りは少なく、

道路の街路灯や、函館に住んでいる人の家が

放っている灯り。

 

つまり、函館の「生活感」が出ています

これこそが夜景を美しいものにしてくれます。

 

函館に人は夜景を美しくするために、

家の電気を強いものにしたり、

夜10時まではカーテンをせずに

過ごしているそうです。

 

また、函館市で設置している街路灯も

オレンジ色を使い温かみのある夜景を

演出しています。

 

つまり、官民が一体となって

この美しい夜景を作り上げているのです。

 

目指すは

宝石箱をひっくり返したような夜景

のようですね。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.両側に海がある

 

 

まずはイラストを見てください。

 

この地図は函館の中心部、すなわち

夜景のある部分を示しています。

 

函館山は赤い「〇」の部分です

(ザックリですが)。

 

そして青い「→」方向に見えるのが

函館の夜景です。

 

実際にどのように見えるのかは

上の写真の通りです。

 

これを見ると夜景の両側に

海があることがわかります。

 

このような夜景は世界でも珍しいそうです。

 

漆黒の海が、輝く夜景を

更に輝かしいものにしています。

 

そして、この「くびれ」のある形が

より美しさを引き立てています

 

漆黒と輝きのコラボ、

そして夜景の形こそが

函館の夜景を美しくしている要素ですね。

 

 

今日は何の日?まとめ

 

8月13日は【函館・夜景の日】。

 

ということで、

函館の夜景が絶景なワケについて

取り上げてきました。

 

函館山から見える夜景は

立地条件が良い、官民が遺体となっている

海と夜景のコラボによって

美しい夜景になっているんですね。

 

今後函館を刊行する予定がある方には

ぜひこの夜景を見てほしいと思います。

 

スポンサーリンク