【8月1日】は何の日?豆知識「バイキングの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

8月1日は

バイキングの日」。

 

スポンサーリンク




 

「バイキング」とはテレビ番組ではなくて

食事をする方ですよ、念のため。

 

あなたは

バイキング

を利用しますか?

 

最近はもう頻度が減りましたが、

若い頃にはよく行ったものです。

 

若いころは「元を取ろう」と頑張りました。

しかし、いまでは「元を取る」ほど大量には

食べられなくなりましたからね。

 

まさに

量より質

といったところでしょうか。

 

しかし、ホテルでのバイキングは

ついワクワクしてしまいます。

 

ただ、バイキングは

長所と短所がつきものですね。

 

長所は

値段を気にせずたべられる

いろんなものが楽しめる、

待ち時間がない。

 

一方で短所は

つい食べ過ぎてしまう、

質より量のイメージが強い。

 

バイキングの長所と短所について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「バイキングの日」が

制定された経緯と

バイキングの長所と短所について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「バイキングの日」が制定された経緯

 

「バイキングの日」を制定したのは

株式会社帝国ホテル

さん。

 

帝国ホテルさんは日本を代表するホテル。

 

その帝国ホテルさんが

バイキング形式のレストランを出したのが

1958年(昭和33年)

8月1日。

 

これにちなんで8月1日が

「バイキングの日」に選ばれました。

 

今から60年以上も前の話ですが、

その前の50周年を記念して

制定された「バイキングの日」。

 

そのときにつけられた名前は

インペリアルバイキング」。

 

店名は当時放映されていた

映画「バイキング」が

レストランのイメージにぴったりだった

ことから名付けられたとのこと。

 

 

さて、そんなバイキングですが、

今では様々なバイキングレストランが

出来上がっていますね。

 

私が子供のころよりも

断然多くなったのではないでしょうか。

 

そこで改めて「バイキング」について

考えてみようと思いました。

 

 

ということで、

バイキングの長所と短所について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②バイキングの長所と短所

 

 

豆知識②-1.バイキングの長所

 

1.値段を気にせず食べられる

 

「食べ放題」の良さはその名の通り、

何といっても値段を気にせず

食べまくれること。

 

よく高級なお店に行くと

「時価」という恐ろしい文字

が踊っていますよね。

 

意外と安い場合もありますが、

値段を聞くまでは

生きた心地がしませんよね。

 

まあ改めて「これいくら?」って聞けば

いいのでしょうけど、後輩に奢るときには

そんなことは格好が悪くてできないもの。

(見栄っ張りと言われればそれまでですが)

 

 

それはともかく、値段を気にせずに

食べたいものを食べられるというのは

安心ですね。

 

普段食べないようなものを食べるというのも

ありですね。

 

 

2.いろんなものが食べられる

 

ズラッと並んでいる食べ物を見るだけで

ワクワクするのは私だけでしょうか?

 

ホテルの朝ごはんに多いバイキングですが、

おかずを見ていると

「あれも食べたい」「これも食べたい」と

つい目移りしてしまいます。

 

普段から朝食は食べていますが、

普段食べることがないようなおかずを見ると

心が踊ります。

 

また、種類も多いので充実した朝食に

ありつけることができます。

 

 

3.待ち時間がない

 

注文する形式だと注文してから待つ時間が

かかりますよね。

 

しかしバイキングでは

食べたいものがない場合を除けば、

食べたいものが目の前にあり、

すぐに食事にありつけることができますね。

 

正確には「選んでいる時間」はかかりますけど

好きなものを選ぶというのは

逆に楽しい時間ですね。

 

バイキングは

基本的には待ち時間がなくて便利ですね。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-2.バイキングの短所

 

 

1.つい食べ過ぎてしまう

 

これは私の意思が弱いのか、

優柔不断が祟っているのか、

いろんなものが並んでいるとつい

「あれもこれも」と欲張ってしまいます。

 

これにより、つい食べ過ぎてしまいます。

 

自分で取っておいて残すのも悪いので

つい全部食べちゃいますね。

 

また、最近はなくなりましたが、

「元を取ってやる」と思い、

つい食べ過ぎてしまいましたね。

 

よほどの大食いでない限り「元を取る」

ことなんてできないんですけどね。

 

若いうちはお金もないので「質より量」を

優先するので食べ放題はピッタリでは

ないでしょうか。

 

私みたいなオッサンは落ち着いて食事をする

に限りますね。

 

 

2.質より量のイメージが強い

 

全ての食べ放題がそうだとは言いませんが、

バイキングは「質より量」というイメージが

強いような気がします。

 

若いうちはそれでもいいのですが、

量を食べられなくなった世代には

「量より質」を求める傾向にありますので

バイキングはちょっとという人も多い。

 

私が函館に行った時、朝食はバイキング形式

だったんですが、友人から

「朝市で食べようよ」といわれ、

ホテルの朝食を断った経験があります。

 

やはり歳を重ねるにつれて「量より質」

を求める傾向が強くなるんですね。

 

そういえば昔

「食事をする回数は決まっている、

だから常に美味しいものを食べないと

もったいない」といわれたことを

思い出しました。

 

とても共感できる考え方ですが、

「美味しいもの」だけだと

体によくない場合が多いんですがね。

 

 

8月1日は何の日?まとめ

 

8月1日は「バイキングの日」。

 

ということで、

バイキングの長所と短所について

取り上げてきました。

 

バイキングはいろんなものを食べられる反面

食べ過ぎたり、質の問題が出てくることが

あります。

 

私はホテルのバイキング形式の朝食は

好きですが、その他はもうしばらく

行っていないですね。

 

バイキングの長所と短所を見極めながら

うまく利用していきたいものですね。

 

スポンサーリンク