【7月8日】今日は何の日?「豆乳で作ったヨーグルトの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

7月8日は

豆乳で作ったヨーグルトの日

 

スポンサーリンク



 

あなたは

豆乳で作ったヨーグルト

を食べたことがありますか?

 

というか、豆乳で作ったヨーグルト

の存在をご存知ですか?

 

知らない人もいるのではないかと

思います。

 

「牛乳で作られたヨーグルトとは違うの?」

という疑問が出てきます。

 

結論から言うと、

共通する点と違う点が存在

しています。

 

牛乳ヨーグルトと豆乳ヨーグルトの違い

について迫っていきたいと思いました。

 

そこで「豆乳で作ったヨーグルトの日」

が制定された経緯と、

豆乳のヨーグルトは牛乳と違う?

ということについて取り上げていきます。

 

 

豆知識①「豆乳で作ったヨーグルトの日」が制定された経緯

 

「豆乳で作ったヨーグルトの日」

を制定したのは

ポッカサッポロフード&

ビバレッジ株式会社

さん。

 

下記の記事

 

 

【5月23日】今日は何の日?豆知識「リボンナポリンの日」リボンナポリンとは

 

 

にあるように、

北海道ではお馴染みの「リボンナポリン」を

手がけている会社。

 

「豆乳で作ったヨーグルトの日」が

制定された当時は「トーラク株式会社」

という会社。

 

ホイップクリームやデザート等を

手がけている会社でした。

 

1997年(平成9年)

7月8日

に「豆乳で作ったヨーグルト」が

発売されました。

 

これにちなんで

「豆乳で作ったヨーグルトの日」

を7月8日として選ばれました。

 

「豆乳ヨーグルトの日」が制定された目的は

わかりませんがでした。

 

私が制定するとしたら

「豆乳ヨーグルトの存在とその良さを

より多くの人に知ってもらい、

豆乳ヨーグルトを多くの人に

食べてもらいたい」

といったところですね。

 

 

豆乳ヨーグルトは文字通り豆乳から作られ、

2003年{平成の15年)に

「特定保健用食品」

として認められました。

 

 

さて、牛乳で作られたはヨーグルトとは

違う栄養素が含まれ、違う効能もあります。

 

豆乳ヨーグルトと牛乳ヨーグルトの違い

について迫っていきたいと思いました。

 

そこで、豆乳のヨーグルトは牛乳と違う?

ということについて取り上げていきます。

 

スポンサーリンク



 

 

豆知識②牛乳と違う?

 

あなたもご存知の通り

ヨーグルトは発酵食品。

 

それは豆乳ヨーグルトでも

牛乳ヨーグルトでも一緒です。

 

ただ、原料が「豆乳」か「牛乳」かの違いで

別の性質のヨーグルトが出来上がります。

 

 

豆知識②-1.乳酸菌の違い

 

牛乳も豆乳も体に良いもの。

 

当然牛乳や豆乳で作ったヨーグルトは

体に良いもの。

 

しかし、牛乳は「動物性の乳」。

 

となると「アレルギー」などにより

避けなければならない人が出てきます。

 

それに加えて「ベジタリアン」という言葉

が出てきて野菜の重要性も再確認されて

きています。

 

この「ベジタリアン」を中心に

注目されたのが、

豆乳で作られた「豆乳ヨーグルト」。

 

つまり、

牛乳ヨーグルトの乳酸菌は

「動物性乳酸菌」、

 

豆乳ヨーグルトの乳酸菌は

「植物性乳酸菌」。

 

また、「動物性乳酸菌」は乳糖をエサにし

「植物性乳酸菌」はブドウ糖等の糖類を

エサにしています。

 

そのため、生成する栄養素も異なり、

別の種類のものとして区別されています。

 

「動物性乳酸菌」よりも「植物性乳酸菌」

の方が種類も多いためメリットも多いのが

特徴です。

 

 

豆知識②-2.豆乳ヨーグルトが注目される理由

 

牛乳の場合、アレルギー反応を起こしたり、

腹痛や下痢を起こす「乳糖不耐症」を

引き起こす方もいます。

 

「牛乳を飲むとお腹を壊す人」がいますが

それは

乳糖を消化しにくい

ため。

 

ヨーグルトになっても同じなんですね。

 

それに対して豆乳はこのようなことも少なく

また、「ベジタリアン」と呼ばれる人も増え

豆乳ヨーグルトが注目されるように

なりました。

 

 

また、牛乳はもともと

戦後の栄養不足を補うため

に飲まれていました。

 

しかし、現代では「飽食」などと言われ、

牛乳を必需品としない傾向が強くなって

きました。

 

私は個人的には

牛乳が好きなんですけどね。

 

つまり、「アレルギー」と「ベジタリアン」

という体質や思考により「豆乳ヨーグルト」

が注目されてきたということですね。

 

スポンサーリンク



 

 

豆知識②-3.豆乳ヨーグルトのメリット

 

 

1.共通点

 

ヨーグルトといえば「乳酸菌」。

乳酸菌といえば「整腸作用」

 

腸内環境を整え、便秘や下痢等の予防、

免疫力の向上、善玉菌を増やす等の効果が

期待できます。

 

整腸作用は牛乳ヨーグルトや豆乳ヨーグルト

に共通しています。

 

乳酸菌のなせる技ですね。

 

ただ、「牛乳は体に合わない」という人や

「豆乳がもつ効能」によって

豆乳ヨーグルトが注目されています。

 

豆乳ヨーグルト特有の成分、効能は

 

・イソフラボン

 骨粗しょう症、更年期障害予防

 

・大豆サポニン

 抗酸化作用・血中コレステロールの低下

 

・大豆レシチン

 コレステロールの低下

 

・大豆オリゴ糖

 ビフィズス菌の増加で腸内環境を整える

 

 

さらに、豆乳ヨーグルトはカロリーが低く、

ミネラルを豊富に含み、

コレステロールを低下させるとなれば

生活習慣病の予防効果

が期待できます。

 

 

また、植物性乳酸菌は

生きたまま腸に届きやすいという特徴が

あります。

 

 

7月8日は何の日?まとめ

 

7月8日は

「豆乳で作ったヨーグルトの日」。

 

ということで

豆乳のヨーグルトは「牛乳と違う?」

ということについて取り上げてきました。

 

豆乳ヨーグルトは豆乳すなわち

原料である大豆が持つ効能が生かされた

ヨーグルト。

 

そのため、アレルギーの心配も少なく

低カロリーで生活習慣病の予防等

様々な効能が期待できる優れものですね。

 

あなたも、普段食べているヨーグルトを

豆乳ヨーグルトに置き換えてみては

いかがですか。

 

スポンサーリンク