【7月5日】今日は何の日?豆知識「穴子の日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

7月5日は

穴子の日】。

 

スポンサーリンク

 

あなたは

穴子

は好きですか?

 

私は唯一といってもいいほど

穴子は嫌いです。

 

いや、うなぎも嫌いなので

「唯一」ではなくて

「唯二」でしょうか(笑)。

 

今までほとんど食べたことのない

穴子とうなぎ。

 

私の記憶によると穴子とうなぎは

味も形も似ていたはず。

 

私と同じ人も少なくないのでは?

 

結論から言うと、味も形も栄養も

全部違っています。

 

そこで、「穴子の日」が制定された経緯と、

穴子とうなぎの違いについて

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「穴子の日」が制定された経緯

 

「穴子の日」を制定したのは

ハンワフーズ株式会社

さん。

 

ハンワフーズさんは穴子の他に

イカやサバ、エビタコ等の水産加工品を

手掛けている会社。

 

うなぎは夏バテ防止として

食べられています。

 

 

それは

ビタミンA、B群が

豊富に含まれているため

 

同様に

穴子にもビタミンA、B群が

豊富に含まれており、

夏バテ防止効果

が期待できます。

 

 

夏バテ対策のために「穴子を食べる日」

として定着させるために制定された

「穴子の日」。

 

「(あ)7(な)5(ご)」

の語呂合わせにより7月5日が

「穴子の日」に選ばれました。

 

また、穴子は夏に旬を迎えるので

ちょうどよい時期ともいえる

のではないでしょうか。

 

 

さて、穴子はうなぎ同様に

夏バテ対策の効果が期待できます。

 

この二つがよく似ていると思っているのは

私だけでしょうか?

 

 

そこで、穴子とうなぎの違いについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②穴子とうなぎの違い

 

私のかすかな記憶によると、穴子とうなぎは

同じような味をしていますよね。

 

「違うのは字だけじゃないの?」

「どっちでもいいじゃん」と

両方嫌いな私は思っていますが

全く違う食材です。(そりゃそうだ)

 

そこで「穴子とうなぎの違い」について

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.見た目

 

まずは上のイラストを見てください。

 

パッとみても違うものだなと

わかると思います。

 

結論から言うと

「上が穴子」

「下がうなぎ」

 

まずはそれぞれの特徴から見ていきます。

 

 

1.色

 

穴子の体は

薄茶色をしており

側面に白い斑点

があります。

 

それに対し、うなぎの体は

黒くお腹が黄色くなっている

のが特徴です。

 

パッと見ると「穴子は茶色」

「うなぎは黒」といったところですね。

 

よく見ると、いや、パッと見ても

穴子とうなぎは違うんですね。

 

 

2.尾びれの形

 

穴子の尾びれはとがっています。

 

それに対してうなぎの尾びれは

丸いのが特徴です。

 

尾びれの形でも穴子とうなぎの違いを

見分けることができますね。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-2.栄養価

 

味は似ていると思いすが、

栄養価はどうなのでしょうか。

 

結論から言うと、

カロリー、脂質、ビタミン、

ミネラル、DHA、EPAの

含有量はうなぎが穴子を

大きく上回っています

 

特にうなぎの方が「脂質」が多いですね。

 

栄養価が高いという一方で、食べ過ぎると

「生活習慣病」の原因になってしまいます。

 

なんでも過ぎたらいけないんですね。

 

 

ただ一つ、

タンパク質は穴子とうなぎは同じぐらい。

 

たくさんの栄養素を含むうなぎは

夏バテ防止にもってこいの食材なんですね。

 

穴子もタンパク質はうなぎとほぼ同じく

夏バテ防止にもってこいの食材ですね。

 

 

ただ、私は違うもので栄養を補いますがね。

 

 

豆知識②-3.値段

 

スーパーで売っているものの値段を見ると、

栄養と同様にうなぎが穴子を

大きく上回っています。

 

私としては

「そんなに高いお金を払ってまで

食べるものじゃない」と思いますが、

 

 

穴子の方が安い。

 

私みたいに味の

違いのわからない男

なら穴子の方がお得?

 

いや、うなぎの方が栄養があるし・・・。

 

 

どちらにしても私は食べることがないので

無縁の話ですがね。

 

 

7月5日は何の日?まとめ

 

7月5日は「穴子の日」。

 

ということで、穴子とうなぎの違い

について取り上げてきました。

 

やはり味や形は似ていても

栄養、値段でうなぎが穴子を

大きく上回っています。

 

とはいえ、好き嫌いがあるので

穴子の方が好きな人もいるし、

そうでない人もいるでしょう。

 

 

中には私みたいに

両方嫌いという人もいるはず。

 

 

穴子には穴子の、うなぎにはうなぎの

良さがあります。

 

これは人間にも言えることで

人によってそれぞれの良さがあります。

 

この厳しい世の中、

 

それぞれの良さを生かし合いながら

いい世の中になればいいなと思います。

 

スポンサーリンク