【7月29日】は何の日?豆知識「白だしの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

7月29日は

白だしの日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたも

白だし

を料理に使っていることと思います。

 

手軽に料理にうま味を与えてくれるので

便利ですよね。

 

白だしを使うことで

調理時間の短縮、

料理の彩の邪魔をしない、

素材本来の香りを生かす

等の特徴を持っています。

 

この白だしについて

迫っていきたいと思いました。。

 

そこで「白だしの日」が制定された経緯と、

白だしの特徴について取り上げていきます。

 

 

豆知識①「白だしの日」が制定された経緯

 

「白だしの日」を制定したのは

七福醸造株式会社

さん。

 

「白だし」とは

白しょうゆに「だし」を

加えた調味料

 

「白だし」を日本で初めて作ったのが

七福醸造株式会社さん。

 

1978年(昭和53年)から

白だしの販売を開始しています。

 

今から40年以上前のこと。

意外と歴史が浅いんだな

という印象ですね。

 

「7(しち)2(ふ)9(く)」

の語呂合わせによって7月29日が

「白だしの日」に選ばれました。

 

私個人の意見ではありますが、どうせなら

「白だしの日」という記念日を

「白だし」を発売した

にすればよかったのに

と思いました。

 

社名から記念日にしたんですね。

 

 

さて、「白だし」ってもう使い慣れている

とは思いますが、改めてどういうものか、

白だしの特徴について

おさらいしたいと思いました。

 

ということで、

白だしの特徴について取り上げていきます。

 

 

豆知識②白だしの特徴

 

 

豆知識②-1.白だしとは

 

白だしが生まれたのは今から40年以上前。

 

全国にいる料理人の要望等をを取り入れて

生まれた「白だし」。

 

それ以降も料理人の意見を取り入れながら

作り続けている「白だし」。

 

おそらく料理人の舌や目は鋭いので

さぞ妥協を許してくれないでしょう。

 

製造する方は大変でしょうが、

私達消費者にとっては良い商品が手に入り

嬉しいところですね、

 

白だしは

「白醤油」に昆布、鰹節、

舞茸、みりん、天日塩の

厳選された素材で作った

こだわりの「だし」

 

このこだわりの白だしによって

料理が上手くなった気分になれます。

(おおげさ?)

 

そんな白だしの特徴について

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-2.白だしの特徴

 

 

1.調理時間の短縮

 

白だしはすでに「だし」を取ったもの。

 

よって昆布や鰹節から「だし」をと時間を

短縮できます。

 

その白だしにたっぷり詰まった

「うま味」を利用することによって

少しの量の白だしで料理の味が整います。

 

つまり、

白だしを使うことによって

時間短縮や料理の味を調える

ことができます。

 

 

2.料理の彩の邪魔をしない

 

話はずれますが、「薄口しょうゆ」は

「濃い口しょうゆ」より塩分が高いのを

知っていましたか?

 

「薄口」というのは「色」のことで

料理の彩の邪魔をしないように

薄い色で作られています。

 

「薄口しょうゆ」と同様に

白だしも同じことが言えます。

 

だし巻き卵や茶碗蒸し、煮物等

素材が持つ色を引き立てる上、

適度な塩分とうまみを引き出す

ことができます。

 

スポンサーリンク




 

 

3.素材本来の香りを生かす

 

添加物が使用されていない白だし。

それに加えて妥協が一切許されずに

作られているので、素材本来が持つ香りを

生かした料理を作ることができます。

 

 

醤油をかけると、それはそれで美味しい。

 

しかし、「食材本来の味や香り」を

損ねることにもなりかねません。

 

白だしは「食材本来の味や香り」を

生かしてくれる素晴らしい調味料ですね。

 

 

7月29日は何の日?まとめ

 

7月29日は「白だしの日」。

 

ということで、

白だしの特徴について

取り上げてきました。

 

白だしは料理人の妥協を許さない姿勢により

生まれた厳選された「だし」。

 

それだけに素材本来の味や香りを生かした

美味しい料理を作る手助けをしてくれます。

 

この白だしを使って

今日も美味しい料理に励んでくださいね。

 

スポンサーリンク