【7月28日】は何の日?豆知識「菜っ葉の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

7月28日は

菜っ葉の日」。

 

スポンサーリンク



 

あなたは普段から

菜っ葉

を食べていますか?

 

野菜嫌いな人はあまり食べていないのかも

しれません。

 

しかし、健康のことを考えると

ある程度は食べておきたい食材ですね。

 

菜っ葉とは

葉物野菜

のこと。

 

この菜っ葉の効能についても

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「菜っ葉の日」が制定された由来と、

菜っ葉の豆知識ついて取り上げていきます。

 

 

豆知識①「菜っ葉の日」が制定された由来

 

「菜っ葉の日」が制定されたのは

夏バテを防ぐため

 

「7(な)2(つ)8(ぱ)」の語呂合わせ

によって7月28日が「菜っ葉の日」に

選ばれました。

 

ちなみに、約1ヶ月後になりますが、

8月31日は「野菜の日」。

 

「菜っ葉の日」と「野菜の日」に

販売関係者の一部で野菜の消費拡大を

させるためにキャンペーンを

行なっています。

 

「夏バテ防止」といえば肉とか魚とか

精がつきそうなものをイメージします。

 

しかし、肉や魚だけではなくて

野菜もバランスよく食べないと

夏バテ防止にはならないということですね。

 

 

さて、あなたは「菜っ葉」と聞いて

どんなイメージをしますか?

 

そもそも「菜っ葉」ってなんだ?

と思っている人がいるかも!

 

ということで、

菜っ葉の豆知識ついて取り上げていきます。

 

スポンサーリンク



 

 

豆知識②菜っ葉の豆知識

 

 

豆知識②-1.菜っ葉とは

 

そもそも「菜っ葉ってな何?」

と思われる方もいるかもしれません。

 

「ナッパ」とはドラゴンボールのキャラで

チャオズや天津飯、ピッコロを倒した

エリートサイヤ人です(嘘です)。

 

これがわかる人は少ないかもしれませんね。

(年齢がバレる?)

 

 

冗談はさておき

「菜っ葉」とは

「葉物野菜」のことで、

「葉菜」のこと

 

普段から食べていると思いますが、

ほうれん草、白菜、キャベツ、レタス、春菊

その他もろもろ。

 

ちょっと考えただけでもこれだけあるので

実際はもっとあるんだと思います。

 

この菜っ葉とは太陽光と土と水、肥料等

によって成長し、栄養を蓄えていきます。

 

そしてここでは、主な菜っ葉のの効能

について取り上げていきます。

 

 

豆知識②-2.主な菜っ葉が持つ効能

 

 

1.ほうれん草

 

ポパイがパワーアップするときに食べられる

「ほうれん草」。(マンガの世界ですが)

 

それだけに栄養価が高い菜っ葉です。

 

ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富です。

 

ビタミンやミネラルは下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

【ミネラル】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、

生活習慣病や貧血の予防、

顔彩疲労の回復、

抗酸化作用による美肌効果等

様々な効果

が期待できます。

 

さすがポパイが食べているだけありますね

(だからマンガだっての)。

 

ポパイのの作者も

子供にほうれん草を

食べてもらいたいとの思い

があったのかもしれません。

 

また、ビタミンB2は脂肪を燃焼させる効果

が期待できます。

 

それゆえ、体にも良い上にダイエット効果も

期待できるので素晴らしい食材ですね。

 

 

ところで私が社会人になりたての頃

もう20数年になりますが、よく新人教育で

「ホウレンソウだ!」と言われていました。

 

仕事をする上で、随時「報告、連絡、相談」

をしなさいとのことでした。

(本当にホウレンソウをしたら

「自分で考えろ」と怒って教えてくれない人

もいましたが〕。

 

それはともかく、

今では

ホウレンソウのおひたし

なんですね。

 

「おひたし」とは

 

お=「怒らない」

ひ=「否定しない」

た=「助ける」

し=「指示する」

 

が加わりました。

 

というより後半の「おひたし」は

新人に対する教えではなくて

上司や先輩が後輩に接するときの

心構えになっていますね。

 

あなたも「ほうれん草のおひたし」をみたら

このことを思い出すのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク



 

 

2.白菜

 

白菜には

ビタミンC、カリウム、食物繊維

が含まれています。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成には

欠かせませんので、美肌効果を期待するなら

ビタミンCは必須ですね。

 

また、カリウムは余分なナトリウムを

体外に排出する事で、高血圧や動脈硬化を

予防する効果が期待できます。

 

また、体内の水分を尿として排出することで

むくみを防止する効果が期待できます。

 

ただ、カリウムは水に溶け出しやすいので

生で食べることや、煮汁ごと飲む等を

しなければ効果が薄れる恐れがありますね。

 

 

また、白菜には食物繊維が、

豊富に含まれています。

 

食物繊維は腸内環境を整え、

便秘の予防・解消効果が期待できます。

 

また、便秘の解消により老廃物が排出され

美容にも効果的だと期待されています。

 

 

3.キャベツ

 

キャベツには

ビタミンU

が含まれています。

 

ビタミンUはキャベツから

発見されたことから

「キャベジン」

とも呼ばれています。

 

私は「薬の名前」だと思っていましたが、

実際栄養素として存在しているんですね。

 

てか、知らなかったのは私だけでしょうか?

 

それはさておき、ビタミンUは

胃酸の分泌を調整したり、

胃の粘膜を修復する

等、天然胃腸薬ですね。

 

胃腸の弱い人はぜひキャベツを

食べてほしいですね。

(日本人は胃腸が弱い人が多いのだとか)

 

また、キャベツには

ビタミンCもやカルシウム

が含まれており、

抗酸化作用や美容効果、

骨を強くする等の効果が期待できます。

 

ビタミンKも含まれていますが、

これはケガをしたときに出血を止めたり

骨を形成するのを助けたりなどの効果が

期待できます。

 

スポンサーリンク



 

 

4.レタス

 

レタスは

ビタミンA,B1,B2,C,E,

カルシウム、鉄分、フラボノイド等が

含まれています。

 

特にビタミンEが

豊富に含まれています

 

ビタミンEといえば

抗酸化作用」。

 

「抗酸化作用」といえば

諸悪の根源である

「活性酸素」発生の抑制。

 

なお、ビタミンEは

加熱しても失われにくいという特徴があり

加熱する料理にもってこいですね。

 

また、上記の他に

ラクッコピコリン

という聞いたこともない成分が

含まれています。

 

「ラクッコピコリン」は

茎を折った時に出る白い液体に含まれ

快眠を促進する効果が期待できます。

 

 

5.春菊

 

春菊にはβ-カロテンやカルシウム、鉄分、

リン、マグネシウム、カリウムなどが

含まれています。

 

特にβ-カロテンを豊富に含み、

抗がんや免疫力を高める効果

が期待できます。

 

また、骨の形成や高血圧の予防効果も

期待できます。

 

なお、春菊って独特の匂いがありますよね。

私はあのにおいは好きですが、

嫌いだという人もいるかもしれません。

 

しかし春菊の香りの中には

自律神経に働きかけることで

胃腸や喉を保護する効果が期待できます。

 

まあ、嫌いな匂いだったらストレスに

なるかもしれないですね。

 

 

7月28日は何の日?まとめ

 

7月28日は「菜っ葉の日」。

 

ということで、

菜っ葉の豆知識について

取り上げてきました。

 

ナッパはドラゴンボールの

ろくでもないキャラですが、

菜っ葉は体に良い成分が

豊富に含まれています。

 

一口に菜っ葉といっても

たくさんの種類があり

いろんな料理で大活躍ですね。

 

中にはマヨネーズだけで

いや、生でも食べられるものもあります。

 

あなたもこの「菜っ葉の日」をきっかけに

菜っ葉について考えていただけたら

幸いです。

 

 

スポンサーリンク