今日は何の日?7月27日は【スイカの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

「夏といえばこれ!」と思えるようなものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

冷やされている姿を見ると

「食べたいな」と思ってしまいます。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで7月27日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで7月27日は何の日かというと

スイカの日

 

皆さんは「スイカ」は好きですか?

 

私はスイカは大好きです。

夏になると食べたくなるものの定番ですが、

意外と知らないことも多いですね。

 

そこで【スイカの日】が制定された経緯と、

スイカの豆知識ついて取り上げていきます。

 

 

豆知識①【スイカの日】が制定された経緯

 

【スイカの日】を制定したのは

スイカ生産者グループ(スイカ愛好家)」。

 

「愛好家」ということは

いわゆる「任意団体」というやつですかね。

スイカ生産者の有志ということになりますね。

 

夏といえばスイカ。

このスイカをより多くの人に

食べてもらいたいとの願いから

【スイカの日】が制定されました。

 

スイカが嫌いという人もいますが

(私の友人に一人いる)、

夏に食べるものの定番になっており、

目的は達成されたのではないでしょうか。

 

スイカといえば「夏」のもので

かつ縞模様を「綱」に見立ててたうえで、

「7(なつの)27(つな)」

の語呂合わせにより7月27日が

【スイカの日】に選ばれました。

 

「夏のもの」ではあるものの、

この語呂合わせに苦しさを感じるのは

私だけでしょうか。

 

それはともかくとして、今の時期には

身近な存在であるスイカ。

 

しかし、スイカのことを

意外と知らないような気がします。

 

ということで、

スイカの豆知識ついて取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②スイカの豆知識

 

 

豆知識②-1.スイカの縞模様

 

スイカは写真のように

黒い縞模様がありますね。

 

結論から言うと、い縞模様の中に向かって

スイカの種がついています。

 

つまり、スイカを黒い縞模様に沿って

切ることで、種が表面に出てきます

 

スイカの種を口で「プッ」と出したくなければ

スイカを黒い縞模様に沿って切ってください。

 

逆にスイカの種を表に出ないように切るには

黒い縞模様を避けて切ると

表面に種が出なくなります。

 

まあ種ごとスイカを食べる強者には

関係のない話ですね。

 

ちなみにスイカの種は栄養価が豊富なので

食べたほうがいいのですが、

表面が黒くて固いので

フライパンで炒るとか殻をむいて食べると

いいですね。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-2.スイカの種の栄養価

 

スイカの種は炒ってから殻をむいて食べる

のが普通です。

 

中国では口に入れた後殻の部分を

口から出しているそうです。

 

スイカの種には主に

タンパク質や脂質、ビタミンB6や葉酸、

モリブデン、銅、マグネシウム等のミネラル、

リノール酸などを含んでいます。

 

特に多いのがモリブデン

 

モリブデンは代謝を助けたり

酵素の抗生物質になる、

鉄分の利用促進による貧血防止等の効果

期待できます。

 

まあ言って食べるとか、殻をむいて食べるのが

面倒ではありますが。

 

ちなみに

「スイカの種を食べると盲腸になる」とか

「お腹の中で芽が出る」というのは

都市伝説で、そのようなことはありませんので

ご安心ください(笑)。

 

 

今日は何の日?まとめ

 

7月27日は【スイカの日】。

 

ということで、

スイカの豆知識について取り上げてきました。

 

スイカの種の位置やスイカの種の栄養価が

意外と高いことがわかります。

 

スイカの種の位置は知っている人が

多かったかな?

 

ただ、タネの栄養価はあまり知られては

いなかったのではないでしょうか。

 

スイカはこれからが旬の時期。

甘くて美味しいので積極的に

食べていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 その他生活ブログ 年中行事・記念日へ
にほんブログ村


季節の行事ランキング