【7月21日は何の日】豆知識~今日は「烏骨鶏の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

7月21日は

烏骨鶏の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

烏骨鶏

ってご存じですか?

「うこっけい」と読みます念のため。

 

私がドラクエ8をやっていたのは

おそらく10数年前。

そこで「敵(のちに味方になる)」

キャラクターの一つとして知りました。

 

烏骨鶏って「実際にいるんだ」

と思いました。

 

 

烏骨鶏は

天然記念物

 

そして

そして栄養価が高く、

希少価値も高く、

それゆえに値段も高い

 

そんな烏骨鶏の特徴について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「烏骨鶏の日」

が制定された経緯と

烏骨鶏の特徴について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「烏骨鶏の日」が制定された経緯

 

「烏骨鶏の日」を制定したのは

株式会社デリカスイト

株式会社烏骨鶏本舗

東かがわ烏骨鶏ファーム

有限会社松本ファーム

(敬称略)

 

4者が合同で制定した記念日を

記事にするのは初めてです。

 

烏骨鶏というのは鶏の一種で

薬膳食材の王様

と言われています。

 

それだけに、烏骨鶏には魅力が

たっぷり詰まっています。

 

烏骨鶏の存在と優れた栄養価と

効果・効能をより多くの人に

知ってもらいたいとの願いから

制定された「烏骨鶏の日」。

 

烏骨鶏は天然記念物に指定されたのが

1942年(昭和17年)

7月21日.

 

これにちなんで7月21日が

「烏骨鶏の日」に選ばれました。

 

ちなみに烏骨鶏は主に大分県、三重県、

広島県等で生産されています。

 

是非ともこの天然記念物である烏骨鶏を

守ってほしいなと思います。

 

 

さて、烏骨鶏が天然記念物であることは

わかりましたが、烏骨鶏ってどんなものか

気になるところです。

 

ということで、烏骨鶏の特徴

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②烏骨鶏の特徴

 

 

豆知識②-1.烏骨鶏の豆知識

 

「烏骨鶏」は字の通り鶏の一種で、

1942年(昭和17年)に

国の天然記念物に指定

されています。

 

とはいえ、

烏骨鶏は「特別」指定されている

わけではありませんので、飼育や

食べたりすることが許されています。

 

また、台湾の一部では、結婚をする際に

烏骨鶏をつがいで連れて行くという風習が

あります。

 

烏骨鶏をつがいで飼うということは

妊娠、出産の頃には成長する

ということで、

産後の栄養補給に使われる

という風習があります。

 

なんとも複雑な区分がするような・・・。

 

 

話は変わりますが、

私が烏骨鶏を知るきっかけになったのは

「ドラゴンクエスト8」でのこと。

 

敵(のちに味方になる)として

登場してきた「ウコッケ」。

 

「ウコッケ」をググったら

「烏骨鶏」が出てきて

「本当にいる動物なんだ」と

驚いたことを覚えています。

 

 

話は脱線しましたが、烏骨鶏は

天然記念物で、台湾では嫁入りに

連れて行かれる動物だったんですね。

 

 

豆知識②-2.烏骨鶏の栄養価

 

烏骨鶏の中の中には

ビタミンA、B2、E、

亜鉛、鉄分カルシウムが

豊富に含まれています。

 

また、メラニン色素も含まれています。

 

これらの栄養素は下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

 

【ミネラル】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

 

にあるように、これらの栄養素により

滋養強壮、抗酸化作用、

疲労回復、血圧低下、

抗がん作用、脳卒中予防、

糖尿病等にも効果

が期待できます。

 

 

味は普通の鶏肉よりも癖があって

濃厚な味がします。

 

そして天然記念物であることもあって

希少価値が高く、

スーパー等では購入できません。

 

まあ普通の鶏肉でも美味しいし、

栄養価もあるので

普通の鶏肉で十分ですがね。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②-3.烏骨鶏の卵

 

烏骨鶏の卵は

必須アミノ酸が普通の卵の2倍

糖質や脂質、コレステロール

が低い

のが特徴。

 

また、鉄分、亜鉛、カルシウム、

マグネシウム等のミネラルや、

青魚に多く含まれている

DHAやEPA、リノレン酸や

リノール酸が豊富に含まれています。

 

下記の記事

 

 

【6月22日は何の日】豆知識~今日は「DHAの日」効率的な摂取法

 

 

【3月30日は何の日】豆知識~「EPAの日」働きや多く含む食べ物

 

 

にあるように、これらによって

生活習慣病になりにくく、

免疫力アップにもつながります。

 

 

まさにいいことづくしの烏骨鶏の卵。

しかし問題なのが「卵の値段」。

 

烏骨鶏は産卵する卵の数が少ないため、

デパート等で販売されていますが

なんと一個500円

 

普通の卵の20~30倍ですね。

いくら体に良くてもこれでは

私の口に入らないわけですね。

 

まあ普通の卵でも栄養価が高いので

栄養価には問題がないですけどね。

 

 

【7月21日は何の日】豆知識~今日は「烏骨鶏の日」まとめ

 

7月21日は「烏骨鶏の日」。

 

ということで、

烏骨鶏の特徴について

取り上げてきました。

 

烏骨鶏は天然記念物。

そして栄養価が高く、希少価値も高く、

それゆえに値段も高い。

 

普通にはなかなか食べることが

できませんが

こうなったら一度食べてみたいですね。

 

卵だけでも食べようかな。

 

 

スポンサーリンク