【7月14日】今日は何の日?豆知識「内視鏡の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

7月14日は

内視鏡の日」。

 

 

スポンサーリンク



 

 

あなたは

「内視鏡」

を入れたことはありますか?

 

内視鏡を入れること自体、

私にとっては大事件です。

 

体に異物を入れるなんて、考えただけで

身の毛がよだつ思いです。

 

私も含め、あなたは

どのような目に遭っているのでしょうか?

 

私の経験上、結論から言うと

「医師の腕須代」。

 

そんな内視鏡の挿入の経験談について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「内視鏡の日」が制定された経緯と、

内視鏡は「辛いって本当?」

ということについて取り上げていきます。

 

 

豆知識①「内視鏡の日」が制定された経緯

 

「内視鏡の日」を制定したのは

公益財団法人

内視鏡医学研究振興財団

 

すごい名前の財団ですね。

長いし、何だか堅苦しいネーミング。

 

1950年に日本で初めて

内視鏡が使われました

 

これが世界初でもあります?

 

「胃カメラ」として使用されましたが

今ではすっかり定着しましたよね。

 

それ以来、いろんなところで内視鏡が

使われるようになりました。

 

その内視鏡の普及と発展を願って

制定された「内視鏡の日」。

 

どこまでの普及を目的としているかにも

よりますが、目的は達成されたと

言っていいでしょう。

 

「714(ないし)」の語呂合わせにより

7月14日が「内視鏡の日」に選ばれました。

 

どうせなら、初めて内視鏡が使われた日

にすればいいのにと思ったのは

私だけでしょうか?

(それが7月14日だったら話は別ですが)。

 

 

ところで、あなたは内視鏡を

入れたことはありますか?

 

私は過去に2回入れています。

 

それぞれ違う医師で、内視鏡を入れられる感触

もそれぞれ違いました。

 

私のように、複数回入れた経験がある人も

いるでしょうし

一度も入れたことがない人もいるでしょう。

 

特に内視鏡を入れた経験がない人のために

私の経験談に迫っていきたいと思いました。

 

ということで、体験談も交え

内視鏡は「辛いって本当?」

ということについて取り上げていきます。

 

スポンサーリンク



 

 

豆知識②辛いって本当?

 

上記の通り、私は2人の医師から内視鏡を

入れられました。

 

ベテランの医師と若手の医師でした。

 

その時の経験について取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.ベテランの医師

 

私が最初に内視鏡を入れた時は

ベテランの医師。

 

見るからに「慣れた手つき」で

手際よく準備されている。

 

そして患者の前でも臆することなく、

かといって威圧するわけでもなく

穏和な雰囲気が漂っている。

 

一言で言うと「落ち着いているな」

という感じです。

 

いざ始まるとタイミングよく

内視鏡が挿入され、

辛さはほとんどありませんでした。

 

あれよあれよという間に終わって

医師も私も何事もなかった

かのような立ち振る舞い

 

私は会社の同僚から内視鏡を入れられると

「目から鼻から口から

あらゆる穴から

液体が出てきて辛かった」

と聞いていたので少々拍子抜けでした。

 

 

それから年月が経ち、忘れた頃に

もう一度内視鏡を入れることになりました。

 

詳しくは下記の通りです。

 

スポンサーリンク



 

 

豆知識②-2.若手の医師

 

前回の経験もあったので

「どんとこい!」という感じで

病院に行きました。

 

同僚に言われたことは

ただの脅しだったんだと思っていたんです。

 

そんな中、今度は若い医師でした。

まあ若いと言っても私よりは年上に

見えましたが。

 

それはともかく、前回と違って

病室の中が前回とは違っていました。

 

前の先生と違ってなんだか手際が悪く、

何となく自信がなさげな雰囲気。

 

こっちまで不安になってくるような感じですね。

 

いざ始まると、案の定不安な予感が

的中してしまいました。

 

うまく入っていかず、

目から鼻から口からあらゆる穴

から液体が出てくる始末

 

同僚はこのことを言っていたんだと

思いましたね。

 

医師の何事もなかったかのような

立ち振る舞いはベテランの医師と

一緒でしたが。

 

私にとっては地獄のような体験でしたね。

 

こんなにつらい経験は

なかなかないというような経験でした。

 

 

7月14日は何の日?まとめ

 

7月14日は「内視鏡の日」。

 

ということで、

内視鏡は「辛いって本当?」

ということについて取り上げてきました。

 

答えとしては「半分は本当、半分は嘘」

といったところでしょうか。

 

これが医師の経験の差なのか

ただ単にへたくそだったのか

私に憎しみがあったのか(笑)は

わからずじまいです。

 

あなたも辛い思いをしないように

できるのであればリサーチしてから

内視鏡をいれたほうがいいと思います。

 

スポンサーリンク