【6月6日】今日は何の日?「ローカロリーな食生活の日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

6月6日は

ローカロリーな食生活の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは食事をする際に

カロリー

を気にしていますか?

 

今では弁当等のラベルには

カロリーが表示されていますね。

 

私も最近はこのカロリー表示を

気にするようになりました。

 

歳をとってくると

カロリーを取った分だけ

身体に現れてきますからね。

 

ただ、

低カロリーで高栄養な食材

いくらでもあります

 

そういう食材を上手く取り入れながら

心にも体にも美味しい食事を

していきたいですね。

 

そこで「ローカロリーな食生活の日」

ができた経緯と

ローカロリーな食事内容について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「ローカロリーな食生活の日」ができた経緯

 

「ローカロリーな食生活の日」

を制定したのは

株式会社アイケイ

さん。

 

アイケイさんは商品の価格から製造、物流を

自分の会社で一貫して行っている会社。

 

いわゆる

「マーケティングメーカー」。

 

今まで培ってきた様々なノウハウ。

 

それに加えて

「美しく」「健康に」「楽しく」生きること

を目指して商品を提供してきた会社です。

 

 

食事は常日頃行われており、

そのカロリーに興味を持ってほしい。

 

その上で健康的な食生活をしてもらいたい

との思いによって制定された

「ローカロリーな食生活の日」。

 

「6(無理をしない)」

6(無駄にカロリーを摂取しない)」

ということ。

 

また、「6(ロー)カ6(ロ)リー」の

語呂合わせによって6月6日が

「ローカロリーな食生活の日」

に選ばれました。

 

 

さて、あなたは普段の食生活でカロリーを

取りすぎていませんか?

 

私自身も耳が痛いところ。

 

カロリーを取りすぎると生活習慣病に

なるリスクが高まってしまいます。

 

ローカロリーながら栄養価の高い食材を

上手く取り入れていきたいところですね。

 

そこで、ローカロリーな食事内容について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②食事内容について

 

ここでまず気をつけてほしいのは

「ローカロリー=低栄養」

とは限らない

ということ。

 

「カロリーが高いから栄養価も高い」とか

「カロリーが低いから栄養価も低い」

というわけではないということです。

 

コンニャク

なんていい例です。

 

コンニャクはほとんどが水分で

カロリーも低いですが、

食物繊維やカルシウム、ミネラルが

豊富に含まれています。

 

「ローカロリーで栄養価が高い食材」

を把握し食事にうまく組み合わせることで

「ローカロリーで栄養価が高い食事」を

することもできます。

 

というわけで体の筋肉などを作る

「高タンパク低カロリー」

なもの

は避けて通れないですよね。

 

鶏肉(皮なし)や豆腐

、納豆等の大豆類

等が高タンパク低カロリーな食材です。

 

また、こんにゃくや野菜、きのこ類も

ローカロリーで栄養価の高い食材です。

 

これらに共通することは

「脂肪分が少ない」

ということ。

 

脂肪が多ければ

それだけカロリーが高くなる

ということにつながります。

 

ただ、低脂肪なものやばかり食べていると

「満足感」が得られにくくなります。

 

その結果

かえって食べ過ぎるようなことがあれば

台無しです。

 

そうならないためにも

「高タンパクで食物繊維が豊富な食材」

を食べることをオススメします。

 

「おから」なんていいですね。

 

 

ただ、あまりにカロリーを気にしすぎて

これらのものばかり食べていると栄養が偏る

ことも考えられます。

 

また、「食べたいものが食べられない」

ことによるストレスが溜まることも!

 

ですので、普段はバランスよく栄養を

摂るようにしてください。

 

そっして「たまに」羽目を外して

高カロリーで美味しいものを食べるのは

オッケーだと思いますよ。

 

それこそ「バランス」が重要ですね。

 

スポンサーリンク




 

6月6日は何の日?まとめ

 

6月6日は「ローカロリーな食生活の日」。

 

そこでローカロリーな食事内容について

取り上げてきました。

 

ローカロリーなものでも栄養価が高いものは

たくさんあります。

 

これらを組み合わせれば肥満防止にもつながり

健康的な食事になりますね。

 

それでもたまにはカロリーを気にせずに

美味しいものを食べた方が健康的だと

個人的には思います。

 

「普段はローカロリー、旅行やお出かけの時は

美味しさ重視」でいきませんか。

 

スポンサーリンク