【6月29日】今日は何の日?豆知識「佃煮の日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

6月29日は

佃煮の日」。

 

スポンサーリンク



 

あなたは

佃煮

は好きですか?

 

私はもちろん好きです。

 

佃煮は魚介類,海草、豆類等を

醤油や砂糖、みりん、水あめ等を合わせた

調味液で煮詰めた加工食品。

 

色んなもので作る加工食品なので、

主なものでも

その種類はなんと118も!

 

地域の特産品を使った佃煮を入れると

何種類あるのかがわからなくなるぐらい。

 

そんな佃煮ですが、

発祥は江戸時代

 

海が荒れた時のための保存食として

小魚を煮詰めて作った佃煮。

 

これを佃島にある住吉神社の参拝客に

振舞ったのが佃煮の始まり。

 

そしてこれを江戸の回船問屋の主人の供の

奉公人が「佃煮」の名称で売り出したのが

始まりとされています。

 

しかし、歴史を紐解くと、

佃煮の原型は大阪にあったと

みられています。

 

そんな佃煮について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「佃煮の日」が制定された経緯と、

佃煮の発祥について取り上げていきます。

 

 

豆知識①「佃煮の日」が制定された経緯

 

「佃煮の日」を制定したのは

全国調理食品工業協同組合

さん。

 

佃煮は魚介類や海藻類・豆類などで

作られるものが多いですね。

 

佃煮を食べることによって

不足しがちな栄養素を摂る

ことができる。

 

このことをより多くの人に知ってもらいたい

との思いから制定された「佃煮の日」。

 

徳川家康が大阪・佃村から漁民衆を呼び

東京湾(江戸湾)の一角に築島を築き、

これを「佃島」と名付けました。

 

佃島に佃村の産土神の守り神を祭祁した

住吉神社が建立された日が1646年

6月29日。

 

これにちなんで6月29日が

「佃煮の日」に選ばれました。

 

「29(ツク)」の語呂合わせにあっている

というのは偶然でしょうか。

 

さて、そんな佃煮ですが、歴史を紐解くと

その始まりは江戸ではなく大阪である

とみられています。

 

この佃煮の発祥について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク



 

 

豆知識②.佃煮の発祥

 

佃煮の原型は、1582年に起こった

「本能寺の変」の時には既に存在していた

とされています。

 

ご覧の通り、徳川家康の盟友であった

織田信長が明智光秀に討たれたのが

「本能寺の変」。

 

これを知った家康は「わが身も危ない」と

思い、居城である三河の岡崎城へ

逃げ戻ろうとしました。

 

しかし、既に光秀は手を回していた。

 

やむなく遠回りして逃げ戻ろうとしましたが

大阪・住吉区の神崎川で

足止めを食らってしまいました。

 

その時に出会ったのが大阪・佃村に住む

「森孫右衛門」とその配下の漁民衆。

 

彼らが家康に、舟とともに差し出した荷が

備蓄していた小魚煮

 

体力維持と、保存性にも優れていた

この小魚煮。

 

これを

「道中食」として食べたおかげ

で無事岡崎城へ

逃げ戻ることができました。

 

家康は森孫右衛門をはじめとした佃村漁民

への恩義と小魚煮の効果を忘れては

いませんでした。

 

そんな彼らを江戸に移住させ

手厚くもてなしたとされています。

 

こんな経緯から、この「小魚煮」が

佃煮の原型だといわれています。

 

 

【6月29日】今日は何の日?豆知識「佃煮の日」まとめ

 

6月29日は「佃煮の日」。

 

ということで、、佃煮の発祥について

取り上げてきました。

 

佃煮にまつわる話で織田信長、徳川家康、

明智光秀と、歴史にまつわる人物が

出てくるとは思いませんでした。

 

「佃煮がなかったら歴史変わっていた」

のではないでしょうか。

 

普段何も考えずに

普通に食べている佃煮。

 

「佃煮の日」をきっかけに

「佃煮が家康をすくった」ということを

思い浮かべながら食べていただけたら

幸いです。

 

スポンサーリンク