【6月22日】今日は何の日?豆知識「DHAの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

6月22日は

DHAの日」。

 

あなたは

DHA

を摂っていますか?

 

「DHA」とは「ドコサヘキサエン酸」

(Docosahexaenoic Acid)の略です

念のため。

 

DHAは魚介類、特に脂ののった青魚に

豊富に含まれています。

 

私は魚も好きだし、特に青魚が好きなので

ある程度は取れているはず。

 

ただ、青魚だけを食べるだけよりも

抗酸化作用を持つ食材と一緒に食べたほうが

効率的にDHAを摂取することが

期待できます。

 

そんなDHAの効率的な摂取法について

迫っていきたいと思いました。

 

 

そこで「DHAの日」が制定された経緯と、

DHAの効率的な接種法について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「DHAの日」が制定された経緯

 

「DHAの日」を制定したのは

株式会社マルハニチロ食品

さん。

 

マルハニチロさんは

水産加工食品等を手がけている会社。

 

そのほかにも、DHA等の研究開発にも

力を入れています。

 

食品を扱っているだけだと思っていましたが

「研究開発」にも力を入れているというのは

意外でしたね。

 

 

DHAは健康的に生活する上で

必要な成分。

 

このDHAをより多くの人に

知ってもらうために制定された

「DHAの日」。

 

よく昔から

魚を食べると頭が良くなる

と言われてきました。

 

それはこの

DHAのおかげ

だというのは

もはや有名になりました。

 

DHAの日の目的は達成された

と言っていいでしょう。

 

 

DHAは「6」つのシス型の二重結合を含む

22個の炭素鎖をもつカルボン酸の総称。

 

このことから6月22日が「DHAの日」

に選ばれました。

 

何だか専門的な理由で

「?」といったところですね。

 

 

さて、DHAは体内では作れない成分。

DHAを摂取するためには食べ物で補う

必要があります。

 

そのためには

DHAはどの食材に多く含まれているのか、

また効率的な摂取法を知っておいたほうが

いいですね。

 

そこで、

DHAの効率的な接種法について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク



 

 

豆知識②効率的な摂取法

 

「DHA」はコレステロール値の低下や

記憶、学習能力の向上効果が期待される

不飽和脂肪酸」。

 

これらの効果はすっかり有名になりましたが

体内で作ることができないので

食材によって摂取する必要があります。

 

DHAを摂取するためには

まずDHAを含む食材を

知っておく必要があります。

 

 

豆知識②-1DHAを含む食材

 

「野菜は体に良いので

DHAもは行っていないかな」

と考える人もいるかもしれません。

 

しかし、残念ながら

野菜にDHAは含まれていません。

 

ですので健康に良いから、

ダイエットのために

野菜だけを食べるというのは

よくありません。

 

DHAは魚介類、特に「青魚」に

豊富に含まれています

 

サバやイワシ、サンマ等は

その「青魚」の仲間であり、

値段も安く手に入ります。

 

また、

DHAは特に脂ののった魚に

多く含まれています

 

例えばマグロの赤身は

DHAはほとんど含みませんが

トロの部分にはDHAが

豊富に含まれています。

 

ただ、「青魚は嫌い」という人も

少なくありません。

 

これを克復して

何とか工夫をして食べてほしいところです。

 

例えばサバの味噌煮等で味がついていると

食べやすいかもしれません。

 

青魚はリーズナブルなものが多いことから

食べない手はないと思います。

 

そんなDHAの効率的な摂取法について

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-2DHAの効率的な摂取法

 

 

1.生で食べる

 

脂ののった魚を煮たり焼いたりすると

脂分が流れ出てしまいます

 

どうすると、

せっかくのDHAも

流れ出てしまいます

 

それを防ぐためには刺身等の

生で食べたほうが効率的に

DHAが摂取できます

 

なお、焼いた魚でももちろんDHAを

含んでいます。

 

油がすべて流れ出るわけでは

ありませんからね。

 

特に

焼き魚の皮やその周辺は

美味しい上にDHAも

多く含まれます

のでぜひとも食べてほしいですね。

 

スポンサーリンク



 

 

2.缶詰で食べるときは汁も残さずに

 

魚の缶詰って調理もしてあるし

長持ちするので便利ですね。

 

調理しなくていい上に

青臭さも消えていて

なおかつリーズナブル。

 

つまり青魚が苦手な人は

缶詰で食べるのが良い手段だと

考えています。

 

ただ、

缶詰の中の汁の中にも

DHAが流れ出ています

 

ですので、この汁を

上手に使って残さないようにして下さい。

 

やはり缶詰でもサバやイワシ、サンマは

DHAが多いのでお勧めです。

 

 

3.抗酸化作用のあるものと一緒に食べる

 

DHAは健康に欠かせませんが、酸化しやすく

酸化したDHAは逆に健康に悪いことが

報告されています。

 

この酸化を防ぐために有効なのが

抗酸化作用」。

 

抗酸化作用が期待できる食材は

βカロテンやビタミンCを含む

緑黄色野菜や柑橘類。

 

ビタミンEを多く含むナッツ類等。

 

これらと一緒に食べることで

DHAの酸化を防ぐ効果が

期待できます。

 

 

 

6月22日は何の日?まとめ

 

6月22日は「DHAの日」。

 

ということで

DHAの効率的な接種法について

取り上げてきました。

 

DHAは主に青魚に豊富に含まれています。

 

それを脂身の多い刺身で食べたり

缶詰で食べたり抗酸化作用のあるものと

食べることによって

効率的にDHAを摂取できます。

 

6月22日は野菜とともに

大トロを食べることで決まり!

 

いや、大トロは値段が・・・。

 

半額以下になるのを狙うか

缶詰でがまんするかな。

 

スポンサーリンク