【6月19日】今日は何の日?豆知識「ベースボール記念日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

6月19日は

ベースボール記念日」。

 

スポンサーリンク

 

あなたは「野球」は好きですか?

 

私の場合は野球を「観戦すること」

が好きですね。

 

草野球や学校の授業で

野球をやったことはありますが

うまいかどうかは・・・。

 

あっ、まぐれでランニングホームランを

打ったことはあります。

 

 

さて、今回は野球ではなく

ベースボール。

 

最近は日本人メジャーリーガも増え、

「ベースボール」で活躍する選手も

増えましたね。

 

私が子供の頃には考えられなかったですね。

 

「助っ人外人」は日本に来るものだと

思いましたが、今では日本人が

「助っ人外人」として活躍していますね。

 

その中でも今後の活躍を期待してしまうのが

大谷翔平選手。

 

大谷選手は日本でもアメリカでも

欠かせない選手になっています。

 

そんな大谷選手について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「ベースボール記念日」が

できた由来と

野球界で頑張る大谷選手

について取り上げていきます。

 

 

豆知識①「ベースボール記念日」ができた由来

 

初めて「ベースボール」の試合が

行われた場所は

アメリカのニュージャージー州。

 

そして試合が行われたのは

1846年(弘化3年)

6月19日

 

 

これにちなんで6月19日が

「ベースボール記念日」に

選ばれました。

 

170年以上を誇る

老舗のスポーツであるベースボール。

 

この時のベースボールのルールは銀行家の

アレキサンダー・

カートライト2世

によって作られ、

現在の野球ルールの基礎

になっています。

 

その後、あらゆるルール

(例えばコリジョンルール等)が

次々加えられ、今ではルールブックが

分厚いものになっています。

 

 

そして日本に初めてベースボール(野球)

が入ってきたのは、1873(明治5)年。

 

ホーレス・ウィルソン

によって伝えられました。

 

打球鬼ごっこ」。

これが当時の呼び名でした。

 

 

思わず「鬼ごっこかい!」と

ツッコんでしまいました。

 

「ベースボール」でも

「野球」でもなかったんですね。

 

「野球」という言葉はその後に

中馬庚(ちゅうまん かなえ)という人物が

作った和製英語。

 

英語が入っているのか疑問ですが・・・。

(ベースボールじゃなく

フィールドボールならわかるけど)

 

 

さて、それから長い年月が経過し

日本のプロ野球界で初めて「二刀流」

に挑戦し今年からメジャーリーグでも

「二刀流」に挑戦している選手が

現れました。

 

その名は

大谷翔平」選手。

 

私も含め北海道民は

北海道日本ハムファイターズ時代から

見ているので、メジャーリーグでの活躍を

大いに期待しています。

 

大谷選手のこれまでの歩みについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこでメジャーリーグで頑張る大谷選手

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②頑張る大谷選手

 

 

豆知識②-1.北海道日本ハムファイターズ時代

 

大谷翔平選手が日本ハムからドラフト1位で

指名された時に、当初は「入団拒否」を

表明していました。

 

しかし

誰もやったことのない「二刀流」

に挑戦するということで

北海道日本ハムファイターズに

入団することに!

 

このことに対し最初はほとんどの解説者が

「二刀流なんて無理だ」

と反対していました。

 

私の記憶では二刀流に賛成していたのは

「落合博満」氏だけじゃないでしょうか。

 

落合氏は大谷選手に対し

「(投手、野手両方の)魅力がありすぎる」

といっていましたからね。

 

北海道日本ハムファイターズ時代の

大谷選手の主な成績は以下の通りです。

 

 

1.投手成績(主なもの)

 

通算成績

登板85試合

42勝15敗(勝率.737)

防御率2.52

 

2015年成績

登板22試合

15勝5敗(勝率.750)

防御率2.24

(最多勝・最優秀防御率・最高勝率)

 

2016年成績

登板21試合

10勝4敗(勝率.714)

防御率1.86

(最優秀選手)

 

 

2.野手成績(主なもの)

 

通算成績

1035打数296安打(打率.286)

48本塁打

166打点

 

2016年成績

323打数104安打(打率.322)

22本塁打

67打点

(最優秀選手)

 

※2016年は北海道日本ハムファイターズ

が日本一になった年。

 

 

この数字を見てどう感じるかは

人それぞれ。

 

どちらかにに専念していればと

思う人もいるかもしれません。

 

しかし、

投手、野手両方で一流の成績を

残しているのは確かです

 

「二刀流反対派」も

賛成に回った人もちらほら。

 

まさに「結果で周りを黙らせた」

といえるのではないでしょうか。

 

二刀流を認めた球団、

栗山監督をはじめ関係者のご尽力、

そして本人の才能と努力の賜物ですね。

 

どれか一つ欠けても

二刀流は成功しなかったと思います。

 

 

この成績を引っ提げて大谷翔平選手の夢

であったメジャーリーグで

二刀流に挑戦しています。

 

「さすがにメジャーではどちらかに

絞らされるのではないか」と思いましたが、

エンゼルスは彼の才能をかって

二刀流に挑戦することになりました。

 

 

豆知識②-2.二刀流のままメジャーリーグへ

 

まだ2シーズン目ですので

何とも言えませんが、現時点では

メジャーリーグでもすばらしい活躍を

見せていますよね。

 

ただ、今年はトミー・ジョン手術開け

ということもあり、二刀流を封印し

打者に専念しています。

 

まあ打者に専念したらどうなるのか

楽しみではあります。

 

 

これまでの日本人を見ていると

投手ではある程度活躍しているものの、

野手では今一つである場合が多いですね。

 

その中で

両方いっぺんにやって

活躍しているのは

北海道民として誇らしい限り

 

 

二刀流でいつも引き合いに出されるのが

「ベーブルース」さん。

 

100年ほど前の選手と比べられるほど

すごいことをやっているんですね。

 

1.投手成績

 

2018年成績

登板10試合

4勝2敗(勝率.667)

防御率3.31

 

 

2.野手成績

 

2018年成績

326打数93安打(打率.285)

22本塁打

61打点

 

 

来年はぜひ二刀流の姿を

見たいものですね。

 

 

 

今日は何の日?まとめ

 

6月19日は「ベースボール記念日」。

 

ということで

メジャーリーグで頑張る大谷選手

について取り上げてきました。

 

誰もやったことのない二刀流に挑戦している

大谷翔平選手、

 

北海道日本ハムファイターズ時代を経て

メジャーリーグへといきました。

 

北海道民として、いや、日本全体を

ワクワクさせてくれるような選手

ではないでしょうか。

 

この大谷選手の活躍を心から祈っています。

 

そして「ベースボール記念日」を

迎えるにあたり

第二の大谷選手が現れることを

期待しています。

 

スポンサーリンク