今日は何の日?6月19日は【ベースボール記念日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

サッカーのワールドカップの真っ最中

であるにもかかわらず、何でこの日に

別のスポーツの記念日があるんだという

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

そうは言っても4年に一度だし、

その昔初めて行われたのが6月19日だから

しょうがない!

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思っいます。

 

というわけで6月19日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで6月19日は何の日かというと

ベースボール記念日

 

皆さんは「野球」は好きですか?

 

私の場合は野球を「観戦すること」

が好きですね。

 

草野球や学校の授業でやったことはありますが

うまいかどうかは・・・。

 

 

さて、最近は日本人メジャーリーガも増え、

「ベースボール」で活躍する選手も

増えましたね。

 

私が子供の頃には考えられなかったですね。

「助っ人外人」は日本に来るものだと

思いましたが、今では日本からも

「助っ人外人」として活躍していますね。

 

そこで【ベースボール記念日】が

できた由来と

メジャーリーグで「頑張る大谷選手」

について取り上げていきます。

 

 

豆知識①【ベースボール記念日】ができた由来

 

初めて「ベースボール」の試合が行われたのは

1846年(弘化3年)6月19日

 

今から170年以上前に

アメリカのニュージャージー州で

初めて行われた古いスポーツですね。

 

これにちなんで6月19日が

【ベースボール記念日】に

選ばれました。

 

この時の野球のルールは銀行家の

「アレキサンダー・カートライト2世」

によって作られ、現在の野球ルールの

基礎になっています

 

その後、あらゆるルール

(例えばコリジョンルールとか)

が加えられ、今ではルールブックが

分厚いものになっています。

 

そして日本に初めて野球が入ってきたのは、

1873(明治5)年のことで

「ホーレス・ウィルソン」によって

伝えられました。

 

なお、このときは「野球」ではなく

打球鬼ごっこ」として広まりました。

 

思わず「鬼ごっこかい!」と

ツッコんでしまいました。

 

「野球」という言葉はその後に

中馬庚(ちゅうまん かなえ)という人物が

作った和製英語だそうです。

 

英語が入っているとは思えませんがね。

 

さて、それから長い年月が経過し

日本のプロ野球界で初めて「二刀流」に挑戦し

今年からメジャーリーグでも

「二刀流」に挑戦している選手が現れました。

 

その「大谷翔平」選手は

北海道日本ハムファイターズ時代から

見ているので、メジャーリーグでの活躍を

期待しています。

 

そこでメジャーリーグで「頑張る大谷選手」

について取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②頑張る大谷選手

 

 

豆知識②-1.北海道日本ハムファイターズ時代

 

大谷翔平選手が日ハムのドラフト1位で

指名された時に、当初は「入団拒否」を

表明していました。

 

しかし、誰もやったことのない「二刀流」

に挑戦するということで

北海道日本ハムファイターズに

入団することになりました

 

最初はほとんどの解説者が

「二刀流なんて無理だ」と反対していました。

 

私の記憶では二刀流に賛成していたのは

「落合博満」氏だけじゃないでしょうか。

 

落合氏は大谷選手に対し

「(投手、野手としての)魅力がありすぎる」

といっていましたからね。

 

北海道日本ハムファイターズ時代の

大谷選手の主な成績は以下の通りです。

 

 

1.投手成績(主なもの)

 

通算成績

登板85試合

42勝15敗(勝率.737)

防御率2.52

 

2016年成績

登板21試合

10勝4敗(勝率.714)

防御率1.86

 

 

2.野手成績(主なもの)

 

通算成績

1035打数296安打(打率.286)

48本塁打

166打点

 

2016年成績

323打数104安打(打率.322)

22本塁打

67打点

 

※2016年は北海道日本ハムファイターズ

が日本一になった年。

 
 
 
この数字を見てどう感じるかは
 
人それぞれですが、投手、野手両方で
 
一流の成績を残しています
 
 
 
まさに「結果で周りを黙らせた」
 
といえるのではないでしょうか。
 
 
 
二刀流を認めた球団、
 
栗山監督をはじめ関係者のご尽力、
 
そして本人の才能と努力の賜物ですね。
 
 
どれ一つ欠けても
 
二刀流は成功しなかったと思います。
 
 
 
この成績を引っ提げて今度は
 
メジャーリーグで二刀流に挑戦しています。
 
 
 
「さすがにメジャーでは
 
どちらかに絞らされるのではないか」
 
と思いましたが、
 
エンゼルスは彼の才能をかって
 
二刀流に挑戦することになりました。
 
スポンサーリンク

 
 
 

豆知識②-2.二刀流のままメジャーリーグへ

 

まだ1シーズンを終えていないので

何とも言えませんが、現時点では

メジャーリーグですばらしい活躍を

見せていますよね。

 

ただ、現在はケガをしてしまい

「故障者リスト」に入ってしまいました。

 

ケガの状態によっては

「手術」も選択肢になるそうです。

 

どうか軽いけがでありますようにと

ンrがってやみません。

 

 

話は戻りますが、これまでの日本人を見ていると

投手ではある程度活躍しているものの、

野手となると今一つである場合が多いですね。

 

その中で両方いっぺんにやって活躍しているのは

北海道民として誇らしい限りです。

 

 

二刀流でいつも引き合いに出されるのが

「ベーブルース」さん。

 

100年ほど前の選手と比べられるほど

すごいことをやっているんですね。

 

1日も早い筆記を願っています。

 

 

今日は何の日?まとめ

 

6月19日は【ベースボール記念日】。

 

ということでと

メジャーリーグで「頑張る大谷選手」

について取り上げてきました。

 

誰もやったことのないことに挑戦している

大谷翔平選手は

北海道日本ハムファイターズ時代を経て

メジャーリーグへといきました。

 

北海道民として、いや、日本全体を

ワクワクさせてくれるような選手

ではないでしょうか。

 

子の大谷選手の無事を祈っています。

 

そして【ベースボール記念日】を

迎えるにあたり

第二の大谷選手が現れることを

期待しています。

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 その他生活ブログ 年中行事・記念日へ
にほんブログ村


季節の行事ランキング