今日は何の日?6月18日は【おにぎりの日

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

自分で作るよりも、

普段からコンビニやスーパーでよく買うものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

単純なものに見えますが、中身を変えることで

その種類や可能性は無限大に広がります。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思っいます。

 

というわけで6月18日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで6月18日は何の日かというと

おにぎりの日

 

 

皆さんは普段「おにぎり」って

食べていますよね?

 

私の場合はコンビニなどで買って食べる方が

多いですね。

 

また、最近では「おにぎらず」

というものも流行っていますね。

 

初めてこれを聞いた時は「握らないんかい!

と思ったものです。

 

そうなると、そもそも「おにぎりって何!」

と思うのは私だけでしょうか?

 

そこで【おにぎりの日】が制定された経緯と

「おにぎりの定義」、「おにぎらずの定義」

について取り上げていきます。

 

 

豆知識①【おにぎりの日】ができた経緯

 

【おにぎりの日】を制定したのは

石川県鹿島郡鹿西町」。

現在は「中能登町」になっています。

 

1987年(昭和62年)11月に

「杉谷チヤノバタケ遺跡」の竪穴式住居から

「おにぎりの化石」が発見されました。

 

これが「日本最古のおにぎり」とされ、

当時の鹿西町が地域おこしの一環として

鹿西町を「おにぎりの里」と位置付けて

【おにぎりの日】を制定しました。

 

「6(ろく)せいまち」の語呂合わせにより

6月に。

 

また、先日の記事 

【今日は何の日?豆知識!】3月18日は【米食の日】手軽な米食は

にあるように「毎月18日」は「米食の日」

ということで、6月18日を【おにぎりの日】に

選ばれました。

 

「なるほど」と思う一方、どうせなら

「最古のおにぎりの化石」を発見した日を

【おにぎりの日】にすればよかったのに

個人的には思いました。

 

ちなみに中能登町では「日本最古のおにぎり」

が発見された場所ということで「古代米」を

生産しています。

 

 

さて、上記でも述べましたが、「おにぎらず」

が登場してから「そもそもおにぎりって何?」

という素朴な疑問が生まれました。

 

また、おにぎりって単純なように見えて

中の具によっていろんなものに変わる

奥が深い料理?です。

 

そこで、「おにぎりの定義」

とおにぎりの「好きな具」

について取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②おにぎりの定義

 

「おにぎりの定義」なんて普段は気にもしない

という人が多いと思います。

 

改めて「おにぎりの定義」とは

炊飯飯だけ、もしくはなんらかの具材を

組み合わせて包んだ料理を指します。

 

つまり具材を中に入れて炊飯飯で包む料理は

全て「おにぎり」というようですね。

 

私が認識していた「おにぎり」とは特に

違いはありませんでした。

 

「炊飯飯」というところもミソで、

白米の場合もあるし、

炊き込みご飯の場合もありますよね。

 

コンビニやスーパーの店頭に並んでいる

おにぎりは、具材が中に入っているものが

ほとんどですが、たまにご飯の外に

海苔といっしょにくくりつけられているものも

ありますね。

 

つまり、炊飯飯になんらかの具材を組み合わせた

ものがおにぎりと言えるのではないでしょうか。

 

今度は私の「好きな具材」について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識③好きな具

 

 

豆知識③-1.ツナマヨ

 

誰が考えたのかはわかりませんが、

ツナとマヨネーズの愛称は抜群!

 

そしてツナマヨとご飯の相性も抜群!

 

となると「ツナマヨのおにぎり」は

美味しいに決まっています。

 

コンビニやスーパーで買う時は中の具材が

わかりますが、家族に作ってもらったおにぎりは

中の具材がわかりませんよね。

 

私の場合はおにぎりを割って、自分の好きな

具材だったら最後に残しておく。

もちろんツナマヨだったら後の方に食べますね。

 

具材が梅干しの場合は

真っ先に食べてしまいます。

 

なにせ私は好きなものは最後まで取っておく

タイプですから。

 

ただ、行儀が悪いので

マネしないでくださいね(笑)。

 

 

豆知識③-2.いくら

 

高級ないくらがおにぎりの中に入っているなんて

普段食べていても信じられません。

 

まあいくらの量としては少量なのでしょうけど。

 

いくらを潰した時に出る液体しょっぱさが

おにぎりの味にちょうどいい

 

普段いくらなんてなかなか手が出ませんが、

おにぎりなら手が出せますね。

 

ただ、いくら入りのおにぎりはお高め

ではありますが。

 

 

豆知識③-3.たらこ

 

いくらと同じぐらい好きなのがたらこ。

 

いくらのような液体ではないものの

たらこの甘じょっぱさが

おにぎりに入れるのにちょうどよい

 

そもそもたらこもご飯との相性がいいですね。

 

私の場合は焼いたたらこより、生のたらこ

の方が好きですね。

 

おにぎりでなくても、たらこさえあれば

ご飯がすすむくんになりますね(笑)。

 

 

豆知識③-4.鮭

 

鮭は人気が高いのでしょうけど、私の中では

上記の3つには及ばないといったところ

ですね。

 

普段からおかずで食べているので、

わざわざおにぎりに入れるのはどうなのか

という思いもあります

 

もちろん嫌いではありませんが。

 

どうせ鮭をおにぎりに入れるなら脂の乗っている

「ハラス」だと嬉しいですね。

 

 

今日は何の日?まとめ

 

6月18日は【おにぎりの日】。

 

ということで「おにぎりの定義」と

おにぎりの「好きな具」

について取り上げてきました。

 

定義を見ると、やはりおにぎりはいろんな具材を

入れることができるので奥が深いですね。

 

また、好きな具材としてツナマヨといくら、

たらこ、鮭特にハラスを取り上げました。

 

これらに共通することはコレステロールや

プリン体が多いということですね。

 

いつもおにぎりを食べているわけではないので

これはこれで良しとしています。

 

皆さんは、おにぎりの具材は何材が好きですか?

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 その他生活ブログ 年中行事・記念日へ
にほんブログ村


季節の行事ランキング