【6月16日】今日は何の日?豆知識「手羽トロの日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

6月16日は

手羽トロの日」。

 

あなたは

手羽トロ

って聞いたことがありますか?

 

「手羽」も「トロ」もよく聞きますが、

「手羽トロ」って

あまり聞きなれないですね。

 

これって私だけ?

 

「手羽トロ」とは

手羽先の骨を取り除いた肉

 

手羽トロってどんなに気なのかについて

迫っていきたいと思いました。

 

 

そこで「手羽トロの日」

が制定された経緯と

手羽トロとはどういうものか

について取り上げていきます。

 

 

豆知識①「手羽トロの日」ができた経緯

 

「手羽トロの日」を制定したのは

株式会社マザーフーズ

さん。

 

マザーフーズさんは大阪に本社を置く

鶏肉の加工食品を扱っている会社。

 

「手羽トロ」とはマザーフーズさんが

商標登録

しているもの。

 

一羽の鶏から少ししかとれない

希少部位

 

この「手羽トロ」の美味しさを

より多くの人に知ってもらいたい

との願いから制定された

「手羽トロの日」。

 

数字の「6」が手羽元の形に似ていること、

「16(トロ)」のごろ泡により

6月16日が「手羽トロの日」に

選ばれました。

 

「トロ」はともかく、「6」を「手羽元」に

見立てるのは、かなり苦しいような

気がします。

 

この記念日は昨年できたばかりの

新しい記念日。

 

今回が2回目の

「手羽トロの日」

 

そして6月16日は

マザーフーズさんの

設立記念日

 

「手羽トロでお祝いを!」

ということでしょうかね・・・。

 

 

さて、あなたは「手羽トロ」って

ご存知でしたか?

 

おそらく名前を聞かなくても

知らないうちに食べているはず。

 

そこで、手羽トロとはどういうものか

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②手羽トロとは

 

 

豆知識②-1手羽トロってどこの肉?

 

「手羽トロは1羽の鶏から巣k市しかとれない

希少部位らしいけど結局どこの肉なの?」

と思っている方もいるかと思います。

 

イラストに注目してください。

 

青い部分からとれる肉が

「手羽元」。

 

そして

手羽元から骨を外した

肉だけの部分

が「手羽トロ」。

 

何でもそうですが、例え美味しくても

骨があったら敬遠されがちです。

 

特に子供は骨がついている魚が嫌いですね。

手羽元の骨は魚ほどではありませんが

骨があります。

 

骨はない方が子供はおろか、

大人にとっても

食べやすいですね。

 

 

豆知識②-2手羽トロの味は?

 

「トロ」という言葉自体

よく聞くと思います。

 

まぐろのトロ、豚トロ、トロサーモン等

たくさんありますね。

 

これらに共通することは

「脂身が多い」ということ。

 

「じゃあ手羽トロも?」

と疑問に思う方も多いはず。

 

そのとおり!

手羽トロも

脂身が多くてジューシーで

美味しい肉

 

そのために「トロ」って

名付けられたんですね。

 

ただ、脂っこいのは苦手という人や

鶏の皮が苦手な人には向いていない

のかもしれません。

 

私の場合、「トロ」って聞いただけで

心が躍りテンションアゲアゲ

になりますが(笑)。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3手羽トロの食べ方は?

 

結論から言うと、マザーフーズさんでは

唐揚げ

として販売しています。

 

手羽元の骨を抜いた後の肉「手羽トロ」は

それほど大きさがないので

「唐揚げ」にするのにちょうどよい!

 

また、ジューシーさがあることから

揚げ物で美味しいと感じることができる

外はカリカリ、中はジューシー

な唐揚げを実現することができます。

 

また、手羽トロの唐揚げは

冷めても柔らかい

のが特徴です。

 

ということはお弁当のおかずにも

使うことができます。

 

これは世のお父さんには

嬉しいところですね。

 

 

6月16日は何の日?まとめ

 

6月16日は「手羽トロの日」。

 

ということで手羽トロとはどういうものか

について取り上げてきました。

 

「手羽トロ」は手羽元の肉だけの部分。

 

「トロ」というだけあって

脂がのっていてジューシーな肉。

 

そんな肉は「唐揚げ」にすると

美味しい!

 

そもそも鶏肉って

どの部位でも美味しいもの。

 

その中でも手羽トロは

ジューシーで美味しい肉。

 

ぜひこの「手羽トロ」を

堪能されてはいかがですか。

 

スポンサーリンク