【6月15日】今日は何の日?豆知識「生姜の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

6月15日は

生姜の日

 

スポンサーリンク




 

あなたは

生姜

を食べていますか?

 

生姜は添え物として食べることもあれば

調味料の一つとして使われることが多い

身近な食材です。

 

そんな生姜には様々な効果が

期待できます。

 

その中でも生姜に含まれる

「ジンゲロール」、

「ショウガオール」、

「ジンゲロン」

の効能はハンパない!

 

そんな生姜について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「生姜の日」が制定された経緯と、

生姜の恐るべき効能について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「生姜の日」ができた経緯

 

「生姜の日」を制定したのは

株式会社永谷園

さん。

 

永谷園さんは「お茶漬け」

というイメージがありますが、

その他にも生姜の研究や商品開発を

手掛けているんですね。

 

恥ずかしながら知りませんでした。

 

生姜の魅力をより多くの人に

知ってもらいたいとの思いにより

制定された「生姜の日」。

 

生姜は古くから体に良い調味料として

認識され使われてきました。

 

そして

奈良時代から感謝の祭りの一環

として神様へのお供え物とし

生姜が奉納されてきました

 

このお祭りがおこなわれていたのが

6月15日。

 

これにちなんで6月15日が

「生姜の日」に選ばれました。

 

ちなみに「はじかみ(生姜の元の呼び方)」

を名乗っている「波自加弥神社」では

6月15日に「はじかみ大祭」が

行われています。

 

 

さて、「生姜は体に良い」ことは

あなたも知っていると思います。

 

実はこの生姜は

想像以上に体に良い成分が

含まれています。

 

これらによって様々な効果が

期待できます。

 

そこで、生姜の恐るべき効能

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②生姜の恐るべき効能

 

生姜には様々な栄養素が含まれています。

 

しょうがの主な栄養素として

ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、鉄

等が含まれています。

 

下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

【ミネラル】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、

ビタミンCはコラーゲンの生成や抗酸化作用

鉄分の吸収を補助する効果等が

期待できます。

 

カルシウムは骨や歯の強化、

マグネシウムはエネルギーの生成、

鉄は赤血球の抗生物質としての

働きが期待できます。

 

 

しかし、生姜の恐るべき効能は

これに加えて別の成分にあります。

 

それは3つあり、

これらが辛みの素になっていて

これらが恐るべき成分の正体です。

 

その3つ成分とは「ジンゲロール」、

「ショウガオール」、「ジンゲロン」

という成分です。

 

「ジンゲロール」を加熱したり乾燥させると、

その成分は「ショウガオール」、

「ジンゲロン」に変化します。

 

 

豆知識②-1.ジンゲロール

 

 

1.血行不良を改善

 

ジンゲロールには

血管を広げて

血行を良くする効果

が期待できます。

 

その結果、血行の悪さが原因である

肩こりや冷え性等の改善効果が

期待できます。

 

「生姜には体を温める効果が期待できる」

のはこの成分によるものですね。

 

生姜を食べると体が暖まるという経験は

あなたもされているのではないでしょうか。

 

 

2.抗酸化作用

 

ジンゲロールには抗酸化作用が!

 

抗酸化作用=活性酸素発生の抑制

活性酸素はあらゆる病気を引き起こす

諸悪の根源。

 

ジンゲロールには活性酸素の抑制効果により

病気や老化の抑制、アンチエイジング効果等

が期待できます。

 

また、抗酸化作用により「免疫力を高める効果」

が期待できます。

 

風邪をひいたときはよくおばあちゃんに

生姜をすりおろしたものを飲まされた記憶が

あります。

 

今思えば、とても飲めたものではありません

でしたが、私のためにわざわざ生姜を

おろしてくれたんだなと感謝の気持ちで

いっぱいです。

 

おばあちゃんありがとう。

 

 

4.胃の調子を整える

 

生姜には

余分な胃液の分泌を抑制して

消化吸収を補助する効果

が期待できます。

 

そのため、

車酔いなどの吐き気を抑える効果が

期待できます。

 

これから暑い時期に突入していきますが、

夏バテ対策にも良さそうですね。

 

 

豆知識②-2.ショウガオール

 

ショウガオールはジンゲロールを加熱・乾燥

させることでできるので、生の生姜には

含まれていません。

 

あじの特徴として、

ショウガオールもジンゲロールと同様に

辛味成分があります。

 

ジンゲロールは口に入れた瞬間から辛い。

 

それに対して

ショウガオールは後々にきいてくる辛み

なのが特徴です。

 

 

1.身体を温める

 

ショウガオールにも体を温める効果が

期待できます。

 

ただ、ジンゲロールは体の抹消を温めるのに対し

ショウガオールは血液の凝固を抑えることで

全身の血行を良くする効果が期待できます。

 

体を芯から温める

というイメージですね。

 

 

2.ダイエット・美肌効果

 

ショウガオールは血行を良くするという効果が

期待できます。

 

ということは基礎代謝も上がり、

脂肪が燃焼しやすくなり、

ダイエット効果

も期待できます。

 

とまた、胃腸の働きも良くなることで

腸内環境も良くなり、美肌効果や

便秘の解消効果が期待できます。

 

 

3.殺菌・抗酸化作用

 

ショウガオールには、

殺菌作用や抗酸化作用が

ジンゲロールよりも高いのが特徴です。

 

これにより

活性酸素による発ガンを

抑える効果

が期待できます。

 

 

4.痛みをやわらげる

 

痛みがおこるときは

プロスタグランジン

が発生します。

 

頭痛等の原因物質ですね。

 

ショウガオールは

このプロスタグランジンの

働きを抑制する効果が期待できます。

 

また、プロスタグランジンは血管を収縮させ

血行不良を引き起こす働きがあります。

 

ショウガオールはこの血行不良に対しても

アプローチする効果が期待できます。

 

痛みや血行不良対策効果が期待できます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-3.ジンゲロン

 

1.脂肪燃焼

 

こちらも血行を促進する効果が期待できます。

 

血行が良くなることで体温が上がります。

 

体温が上がることで脂肪が燃焼しやすく

なります。

 

ですので「ダイエットのための運動」は

体温を上げてから行うとより効果が

期待できます。

 

 

2.便秘改善

 

ジンゲロンにも体を温めることで

腸内環境を整える効果が期待できます。

 

腸内環境が整えば便秘の解消効果が

期待できます。

 

 

6月15日は何の日?まとめ

 

6月15日は「生姜の日」。

 

ということで生姜の恐るべき効能について

取り上げてきました。

 

生姜にはその状態によって「ジンゲロール」

「ショウガオール」、「ジンゲロン」

が含まれています。

 

これらに共通する性質っして

「血行を促進し体を温める」

という効果が期待できます。

 

「体を暖かくする」というのは

体には良いこと。

 

そういえば、よくおばあちゃんに

「暖かくして寝なさい」とか

「ヘソを出して寝たら

カミナリ様に取られる」

等と言われてきました。

 

これらも「体を冷やさないように」

という事だったんですね。

 

これからは暖かい、いや、

暑い時期になりますが

生姜パワーで暑さを乗り切りたいですね。

 

スポンサーリンク