【6月12日】今日は何の日?豆知識「晩餐館焼肉のたれの日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

6月12日は

晩餐館焼肉のたれの日」。

 

スポンサーリンク



 

あなたは

晩餐館焼肉のたれ

をご存知ですよね?

 

私が子供の頃からテレビで

インパクトのあるCMをやっていたので

トラウマになっています(笑)。

 

焼肉をするのに欠かせない

「焼肉のたれ」。

 

バーベキュー(BBQ)をするのに

欠かせないのも「焼肉のたれ」。

 

「ん?焼肉とBBQに

違いなんてあるの?」

と思った人もいるのでは?

 

もちろん違いがあります。

ザックリ言うと焼肉は日本のスタイル

バーベキューはアメリカのスタイル、

 

違いは「食べるタイミング」。

素の違いについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「晩餐館焼肉のたれの日」

が制定された経緯と、

焼肉とBBQの違いについて

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「晩餐館焼肉のたれの日」ができた経緯

 

「晩餐館焼肉のたれの日」を制定したのは

日本食研ホールディングス

株式会社

さん。

 

愛媛県今治市にあり、

「豊かな食シーンづくりに貢献する」

「プレンド調味料の無限の価値を製造する」

ことをモットーに焼肉のたれ等を

手掛けている顔者。

 

「焼肉」というものをより多くの人に

知ってもらいたいという思いにより

制定された「晩餐館焼肉のたれの日」。

 

「晩餐館焼肉のたれ」が発売されたのが

1989年(平成元年)

6月12日。

 

これににちなんで6月12日が

「晩餐館焼肉のたれの日」

に選ばれました。

 

 

 さて、焼肉をする上でもBBQをする上

でも欠かせないのが「焼肉のたれ」。

 

「焼肉とBBQは違うもの?」

と思っているそこのあなた。

 

いまさら人に聞けない

と思っているかもしれません。

 

そこで、焼肉とBBQの違いについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク



 

 

豆知識②焼肉とBBQの違い

 

あなたは知人等に「焼肉をしよう」と

誘ったことはありますか?

 

また「BBQ(バーベキュー)をしよう」と

誘ったことはありますか?

 

これらは野外で肉や魚介類、野菜等を

焼いて食べるという食事をするときに

使っていると思います。

 

この時あなたは「焼肉」と「BBQ」の

どちらを使いますか?

 

結論から言うと多くの場合、正解は

「焼肉をしよう」

と言うのが正しい誘い方でしょう。

 

そう、「焼肉」と「BBQ」には

違いがあるんです。

 

スポンサーリンク



 

 

豆知識②-1焼肉

 

「焼肉」というのは日本語だけあって

日本のスタイル。

 

肉等の食材を焼いていき、

焼けたらその都度食べていく

というのが焼肉。

 

つまり、

調理と食事を同時進行させる

スタイ

 

あなたがされているのはこのスタイル

ではないでしょうか。

 

焼き加減は人によって違うもの。

 

じっくり焼く人もいれば

レアが好きな人がいたり。

 

自分の好きなように焼けるのが

焼肉のいいところですね。

 

ただ、レアが好きな人が

他の人が狙っていた肉を奪って

「私が育てた(焼いていた)肉なのに!」

と怒られる場面もちらほら・・・。

 

 

豆知識②-2BBQ

 

これに対し「BBQ」は

肉や魚介類、野菜等を

あらかじめ全部焼いた後に

みんなで食べる

というスタイル。

 

つまり、

調理をした後に食事をする

というスタイルです。

 

この場合、自分で焼かないと

好みの焼き加減にならない場合が

あります。

 

 

 

「焼きながら食べるのが焼肉」、

「焼いた後に食べるのがBBQ」

ということになります。

 

私の周りでは「焼肉」がされていますが、

たとえBBQにしても「外で焼く」

ということは共通しています。

 

ともあれ楽しく焼肉またはBBQを

楽しめる時期になりましたね。

 

 

6月12日は何の日?まとめ

 

6月12日は「晩餐館焼肉のたれの日」。

 

ということで焼肉とBBQの違いについて

取り上げてきました。

 

焼きながら食べるのが「焼肉」で

日本スタイル。

 

全部焼いた後に食べるのが「BBQ」で

アメリカンスタイル。

 

「どっちでもいいよ」

と思われた方も多いと思いますが、

この違いを知っておくことで

「違いのわかる男」になれますよ。

 

これからは「焼肉」をやるのにはいい時期。

 

みんなで楽しんで「焼肉」をしてもらいたい

ものですね。

 

スポンサーリンク