【5月6日】今日は何の日?豆知識「ふりかけの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

私はあまりかけることはありませんが

時々無性にかけたくなるものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

ご飯にかけるものはいろいろありますが

これはたまにかけたくなるので

食卓に常備はしてあります。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで5月6日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで5月6日は何の日かというと

ふりかけの日」。

 

あなたは

ふりかけ

をかけてごはんを食べていますか?

 

下記の記事

 

 

【10月30日は何の日?豆知識】「たまごかけごはんの日」卵かけご飯の魅力

 

 

【今日は何の日?豆知識】7月10日は【納豆の日】納豆によるレシピ

 

 

にあるように、

よく生卵や納豆をかけて食べています。

 

いずれも美味しいしリーズナブルだし

栄養価も高いという三拍子が揃っていて

庶民の味方ですね。

 

それゆえに、

ふりかけをかける機会は少ないですが、

たまにふりかけを欲することも

あります。

 

そんなふりかけに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「ふりかけの日」

が制定された経緯と

私の好きなふりかけについて

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「ふりかけの日」が制定された経緯

 

「ふりかけの日」を制定したのは

一般社団法人

国際ふりかけ協議会

さん。

 

私は正直「こんな団体があるのか、しかも

インターナショナル

なものだったとは!」

と思ってしまいました。

 

ふりかけの普及活動を行っている

「国際ふりかけ協議会」。

 

 

日本では大正時代(現在も?)

カルシウム不足でした。

 

カルシウムを補うために考えられた方法が

魚の骨を砕いたものを

ご飯にふりかける

というもの。

 

これが

日本でのふりかけの元祖

 

そしてこれを考案したのが

熊本県の薬剤師だった

吉丸末吉

さん。

 

このふりかけの元祖及び吉丸末吉さん

のことを世間に知ってもらいたい。

 

そしてふりかけの普及・発展させたい

との思いから制定された

「ふりかけの日」。

 

 

現在では様々なふりかけが世の中に

溢れています。

 

その意味ではふりかけの普及・発展は

したと思います。

 

ただ、私が無知なためか

吉丸末吉さんの存在は知りませんでした。

 

 

吉丸末吉さんの誕生日の

1887年(明治20年)

5月6日

にちなんで5月6日が

「ふりかけの日」に選ばれました。

 

 

そう考えるとふりかけの歴史は長い

ということがわかります。

 

その長い歴史の間に

たくさんのふりかけが開発され

普及していきました。

 

そんなふりかけに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、私の好きなふりかけについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②好きなふりかけ

 

 

現在ふりかけの種類は

それこそ数えきれないぐらいあります。

 

「ふりかけの元祖」が作られた目的は

「カルシウムの補給」。

 

今ではカルシウムの他にも様々な

栄養を補給できるふりかけがあります。

 

今回は栄養補給の部分は抜きにして、

単純に「好きな味のふりかけ」について

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.たらこ味

 

私の中で断トツの1番人気といえば

「たらこ味」のふりかけ。

 

ちなみに生のたらこも大好きです。

 

生のたらこは卵の部分ももちろん好きですが

特に好きなのが

「たらこの皮」

 

いつまでも噛んでいられるたらこの皮。

まあこれに共感してくれる人が

いないのですがね・・・。

 

話は脱線しましたが、

たらこのちょうどよい甘じょっぱさが

ご飯をよりおいしくしてくれ、

ご飯が進みます。

 

もちろん生のたらこをご飯にかけて

食べるのも大好きです。

 

 

豆知識②-2.のりたま

 

おそらく世間では人気が高いであろう

「のりたま」。

 

もちろん私も好きですが、

たらこ味には遠く及びません。

 

ただ、最初にのりたまを開発した人は

すごいと思います。

 

卵と海苔がちょうど良い具合に

混ざっていて、お互いが

良いアクセントになっている。

 

この

「海苔とたまごを混ぜたふりかけを作ろう」

という発想がふりかけ業界を発展させた

のかもしれませんね。

 

まさに「コロンブスの卵」

といったところでしょうか。

 

 

豆知識②-3.鮭

 

私は鮭全般が大好きです。

 

鮭のふりかけはもちろん

刺身や焼き鮭、鮭フレークも!

 

そうそう、「鮭とば」なんて

食べだしたら止まらないぐらい

大好きです。

 

それこそ食べづらくなっている

鮭の皮まで食べてしまいます。

 

鮭自体がご飯との相性が

抜群にいいんでしょうね。

 

鮭のちょうど良い塩っぱさで

ご飯がすすみます

 

ただ、「鮭のふりかけ」となると

他のふりかけや、他の鮭料理に比べたら

「好き度」は下がってしまいますね。

 

 

5月6日は何の日?まとめ

 

5月6日は「ふりかけの日」。

 

ということで

私の好きなふりかけについて

取り上げてきました。

 

たらこ味をはじめ、

のりたまや鮭のふりかけは

美味しいですね。

 

また、ふりかけではありませんが、

「イカの塩辛」なんてあったら

いくらでもごはんを食べちゃいます。

 

「海苔の佃煮」も捨てがたい。

 

さて、今日は久々にふりかけをかけて

ごはんを食べようかな。

 

 

スポンサーリンク