今日は何の日?5月27日は【小松菜の日】

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

あまり子供の頃は食べなかったような

気がしますが、今では普通に食べる機会が増えた

ものの記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

別に嫌いだったわけではありませんが、

我が家ではあまり食卓に並びませんでした。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで5月27日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで5月27日は何の日かというと

小松菜の日

スポンサーリンク

 

皆さんは「小松菜」は好きですか?

 

私は好きでも嫌いでもないかなという感じです。

ただ、使い方によってはいろんな料理に

入れることができますね。

 

 

そこで【小松菜の日】が制定された経緯と、

「小松菜の特徴と選び方」について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【小松菜の日】が制定された経緯

 

【小松菜の日】を制定したのは

株式会社しものファーム」さん。

 

大阪の堺市で小松菜、菊菜を

減農薬減化学肥料で栽培しており、

「明日の人類の食と農を考え担っていく」

をモットーにしている会社ですね。

 

小松菜の消費拡大を図る目的で【小松菜の日】

が最低されました。

 

この目的が果たされているかはわかりませんが、

少なくとも私は小松菜を食べる機会が増えました

ので、この目的に貢献しているかな(笑)。

 

「5(こ)ま27(つな」)」の語呂合わせで

5月27日が【小松菜の日】に選ばれました。

 

さて、私が無知なだけだと思いますが、

小松菜ってどんな特徴がある食材なんだろうと

考えてしまいます。

 

野菜だから体にはいいんだろうなとは

思いますが。

 

また、どうせなら新鮮な良い小松菜を

買いたいものですね。

 

そこで「小松菜の特徴」と「小松菜の選び方」

について取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

豆知識②小松菜の特徴と選び方

 

 

豆知識②-1.小松菜の特徴

 

 

1.小松菜とは

 

小松菜は「ツケナ」の一種で

「アブラナ科アブラナ属」に分類されています。

 

これは「結球しない葉菜類」で、

タアサイやチンゲンサイ等と同じ仲間です。

 

また、小松菜の元祖は「東京都小松川」

の特産品でした。

 

だから「小松菜」なのでしようか。

 

ただ今ではほぼ全国的に栽培されており、

食卓に並ぶことも増えた食材です。

 

 

2.小松菜の栄養価

 

まず、栄養価の高い野菜の1つとして

「ほうれん草」が挙げられます。

 

ポパイがパワーアップするときの食べ物として

おなじみですね(若い人は知らないかな)。

 

小松菜はこのほうれん草の5倍のカルシウムと

豊富なビタミンが含まれています

 

また、クセやアカが少ないのが特徴です。

そのため、漬物や汁物、おひたしなど

幅広く使うことができます。

スポンサーリンク

 

豆知識②-2小松菜の選び方

 

 

1.濃い緑色のものを選ぶ

 

まずは見た目に注目したください。

 

小松菜の葉が濃い緑色で、

葉そのものがピンと張っていて、

分厚くてみすみずしいものが良い小松菜です。

 

また、茎が太くてしっかりしたものを

選んでください。

 

 

2.葉が柔らかいものを選ぶ

 

葉脈が発達しすぎていると、ザラザラと

食べ応えの良くないものになってしまいます。

 

根が長いもので、葉はできるだけ柔らかいものを

選んでください。

 

 

今日は何の日?まとめ

 

5月27日は【小松菜の日】。

 

ということで「小松菜の特徴」と

「小松菜の選び方」について

取り上げてきました。

 

「ほうれん草」の5倍のカルシウムを含む

なんて聞いたらポパイもびっくりですね。

 

また、濃い緑色をしていて葉そのものが

分厚くて柔らかいもの、

茎が太くてしっかりしたものが

良い小松菜です。

 

これらを踏まえた上で良い小松菜に

ありつけてほしいですね。

 

どうせ食べるなら良い小松菜で美味しい料理を

していただきたいものですね。

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 その他生活ブログ 年中行事・記念日へ
にほんブログ村


季節の行事ランキング