【5月26日】今日は何の日?豆知識「風呂カビ予防の日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

5月26日は

風呂カビ予防の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

風呂カビ予防

をしていますか?

 

洗っても洗ってもすぐに汚れるお風呂。

嫌になりませんか?

 

「誰か何とかして!」

なんて聞こえてきそうですね。

 

カビの原因として

「気温」、「湿気」、「栄養」

の3つがあります。

 

これらを洗い落とすことで

風呂カビ予防に

大きく近づくことができます。

 

その方法について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「風呂カビ予防の日」が

制定された経緯と、

風呂カビ予防方法について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「風呂カビ予防の日」が制定された経緯

 

「風呂カビ予防の日」を制定したのは

ライオン株式会社

さん。

 

暮らしに役立つ色んな日用品を手がけている

おなじみの会社であるライオンさん。

 

風呂の中のカビを予防してもらいたい

という思いによって制定された

「風呂カビ予防の日」。

 

もちろんこの中には、

「自社のお風呂のカビを予防する製品を使い

快適なお風呂にしてほしい」

という思惑も含まれています。

 

日本気象協会は調査の中で

5月26日を境に

カビが発生しやすい気温と湿度

の条件を満たしてくる

ということを発見しました。

 

これにちなんで5月26日が

「風呂カビ予防の日」に選ばれました。

 

 

さて、北海道では梅雨はありませんが

(といっても最近は梅雨っぽいのもあるが)

本州では梅雨入り手前の時期。

 

お風呂に限らずカビが生えやすい時期

になります。

 

特にお風呂は洗ったばかりなのに

すぐカビが生えて

嫌になることはありませんか?

 

カビが生える原因を突き止めて

対策しておきたいところです。

 

そこで風呂カビ予防方法について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②風呂カビ予防方法

 

上記で述べた通り、

カビが生えやすい条件として

「気温」、「湿気」、「栄養」

の3つがあります。

 

ちなみに「栄養」というのは

人間が出す皮脂やアカ等の汚れ。

 

この3条件が揃っているお風呂はいわば

カビにとっての天国

 

そうなると

私たちにとっては地獄

 

そこで、この環境を変えることで

カビにとっては地獄、

私達にとって快適な環境になります。

 

 

豆知識②-1.温度・湿気の予防

 

 

1.入浴後は水滴を残さない

 

「湿気」は

カビを発生させる要因の1つ。

 

入浴後に水滴を残さないことが防カビに

つながります。

 

入浴後には必ず水滴が残るもの。

 

水滴があると

お風呂が乾きにくいので

カビの原因に!

 

残っている水滴を「お湯」で流しておくと

その水滴が落ちます。

 

ここで

「お湯」といつのがポイント

 

これを「冷たい水」のシャワーで行うと

逆に水滴が残りやすくなってしまいます。

 

そうなると逆効果になる場合もあります。

 

お湯で洗い流した後は換気をすることで

風呂場の温度も下がります。

 

そして残った水滴をお風呂用の

スクイージー

で取り除くことで簡単に水滴を落とせます。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】バスボンくんスクイージー 【浴用・洗面/浴室清掃/その他(パイプ洗い等)】

価格:996円(税込、送料無料) (2019/5/23時点)

 

 

 

壁や天井などの水分をこまめに取り除くことで

カビが発生しにくくなります。

 

 

2.浴槽の蓋

 

浴槽の中にお湯を残しておく場合、

浴槽の蓋を開けっ放しにすると

湿気が上がり放題

 

また、浴槽に「お湯」が

溜まっているということは、

浴室の温度も上昇することに!

 

そうなるとまさに

「カビにとっての天国」。

 

これを予防するためには、

入浴中以外は浴槽の蓋を忘れずに!

 

蓋をすることで、次に入る人のための

保温効果になります。(エコ効果)

 

また、残り湯で洗濯する場合でも

水が少しでも温かい方が

洗濯物の汚れが落ちやすくもなります。

(洗浄力の向上)

 

つまり、

浴槽の蓋によって

「カビ防止」+

「エコ」+

「洗濯の効率化」

の一石三鳥

 

浴槽の蓋は侮れないですね。

 

 

3.換気

 

入浴後は浴室内に湿気がこもっています。

まさにカビにとっては天国。

 

入浴後は水滴を取って、

その後は窓を開けて換気扇を回すことで

空気を外に逃がしましょう。

 

ここで見落としがちなのは

新しい空気が入らないと

換気ができない

ということ。

 

つまり、

換気扇を回しただけでは

換気が不十分

 

そこで窓を開ける必要があります。

 

冬で外が寒い時は浴室のドアを開る等

通気口を確保してください。

 

換気扇を回す際に窓とドアを両方開けた方が

より効果的ですね。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-2.栄養の除去

 

 

1.カビの栄養

 

体を洗う際に泡が飛び散りますが、その際に

体のアカや皮脂も一緒に壁にへばりついて

しまいます。

 

体のアカや皮脂は

カビにとっての栄養。

 

洗い場周辺の壁や床、排水溝は

特に注意が必要です。

 

なお、立ってシャワーを浴びる人がいる場合

天井にも汚れが付着しやすくなります。

 

この

残った汚れは

カビにとっての天国

 

入浴後はこの汚れを

お湯で洗い流してください。

 

なお、洗い流した後の水分除去も忘れずに!

 

 

3.洗剤で洗う

 

壁などについた汚れはお湯だけでは

落としきれないことが多いです。

 

やはり、定期的に洗剤で洗う必要が

出てきます。

 

ただ、

普段から湿気や汚れを落としておくことで

洗剤で洗わなければならなくなる頻度は

少なくなります。

 

 

5.カビ予防対策グッズを使う

 

浴室を洗剤で洗った後に

「防カビ」をすることで

カビが生えにくくなります。

 

掃除をした後に

防カビ燻煙剤

を使用することにより

浴室内の除菌をすることができます。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルック お風呂の防カビくん煙剤 消臭ミントの香り 5g【ライオン】(防カビ 浴室洗剤 カビ予防)

価格:526円(税込、送料別) (2019/5/23時点)

 

 

 

5月26日は何の日?まとめ

 

5月26日は「風呂カビ予防の日」。

 

ということで、風呂カビ予防方法について

取り上げてきました。

 

普段からこれらを行うのは

結構な手間ですね。

 

ただ、「温度」、「湿度」、「栄養」を

除去することによりカビを生えにくくなり

結果的にはお風呂の掃除の手間も

省けます。

 

「カビにとっての天国」を取り除くことで

「入浴する人にとっての天国」を

作りたいものですね。

 

この記事が参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク