今日は何の日?5月21日は【小学校開校の日】

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

確かにそいう日があったはずだと思う

記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

自分が過ごした時代とは違うので

どういうものだったか興味があります。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで5月21日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで5月21日は何の日かというと

小学校開校の日

スポンサーリンク

 

皆さんは「小学生」の頃の思い出は

ありますか?

 

今の時代と私の小学生の頃の時代では

かなり違うと思います。

 

そこで【小学校開校の日】が

制定された由来と、

小学生のころの「楽しみについて」

取り上げていきます。

 

 

豆知識①【小学校開校の日】が制定された由来

 

1869年(明治2年)5月21日

京都で日本初の小学校の開港記念式が

行われました。

 

つまり5月21日は小学校が開校した日。

 

来年でちょうど150年ですね。

 

この年に64校の小学校が開校しました。

 

最初の小学校は京都府で

「上京(かみぎょう)第二十七番組小学校」

と「下京(しもぎょう)第十四番組小学校」

が開校しました。

 

今では小学校は小学生が勉強するところ。

 

しかし当時はそれに加えて

警察や保健所、町会所の仕事なども行う

施設でした。

 

いわば複合的な施設としても

使われていたんですね。

 

そうなると、ますます今の小学校とは

雰囲気が違いますね。

 

私達でさえ今の小学校とは

雰囲気が違ったんだなと思うのに。

 

 

ところで、今の小学生の楽しみって

何だろうと考えることがあります。

 

おそらく私のころとは違うものもあるはず。

 

そこで

私が小学生のころの「楽しみについて」

取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②小学生のころの「楽しみについて」

 

小学生の頃の楽しみは

人それぞれあったと思います。

 

社会人になった今では味わえないものや

時代とともになくなったものが

あると思いますので「懐かしいなあ」

「そんなこともあったね」と思いながら

お付き合いいただけると幸いです。

 

 

豆知識②-1.運動会

 

私は足が速かったので運動会や体育は

楽しみでした。

 

徒競走も一位になることも多く、リレーの選手

に選ばれていましたね。

 

勉強は好きではなかった

勉強との両立を目指していましたが

活躍できるところは

運動会ぐらいだったかな・・・。

 

「赤組」、「青組」に分かれて総合点を

競い合うというのもスリリングで

今思えば面白かったですね。

 

「勝ったら嬉しい、負けたら悔しい」

運動会はまさに一年の中で一番の楽しみ

でしたね。

 

 

豆知識②-2.遠足

 

運動会と悩むぐらい好きだったのが遠足。

 

ただ、遠足は遠くまで「歩く」場合と

「バスで移動」する場合がありましたが、

やはりというバスの時は

楽しみでしょうがなかったですね。

 

「歩く」のも悪くはありませんが、帰り道は

疲労とともに寂しさがこみ上げてきましたね。

 

遠足は当日も楽しみですが、「遠足の準備」も

楽しかったですね。

 

300円の範囲内でおやつを買うというイベント

は心が踊りましたね。

 

その時に誰かが必ず

「バナナはおやつに入りますか?」

という定番の質問をしていましたね。

 

先生曰く、

「弁当と一緒に食べたらおやつではない」

「間食として食べたらおやつ」

と言っていましたが本当ですか?

 

しかしこの言葉が生まれたのにも

ちゃんと理由があります。

 

今でこそバナナは庶民の食べ物になりましたが

昔はお金持ちしか食べることのできない

高級食材でした。

 

すなわち

「うちは弁当にバナナを入れることができる

裕福な家なんだぜ」と自慢するために

生まれた言葉だったんですね。

 

今ではただの「ギャグ」に

なりましたけどね。

 

話はそれましたが、遠足の準備も楽しい

歩かなければ遠足も楽しいという

1回で2度楽しいイベントでしたね。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-3.席替え

 

大人になってからはこのドキドキは

亡くなったのではないでしょうか。

 

せいぜい人事異動の時ぐらい。

ただ、「嫌な場合」も多く「楽しみ」

とはちょっと違う気が・・・。

 

学生時代の席替えは「どこの席になるかな」

というよりは

好きな人が隣にならないかな

という楽しみの方が大きかったですね。

 

ただ、大抵の場合は期待通りにならず

落胆する場合が多かったですね。

 

席替えは生徒の中では

大きなイベントの一つでしたね。

 

 

豆知識②-4.半ドン

 

「半ドン」という言葉をご存知ですか?

 

若い人たちは「壁ドンの仲間?」

と思うかもしれません。

 

「週休2日」が定着した今の学生には

馴染みがないかもしれません。

 

「半ドン」というのは半日で、

すなわち小学生の場合は午前中だけの授業で

終わるという日です。

 

土曜日が半ドンの日でした。

 

今の人たちには

「半日だけ学校に行くのってかったるい」

と感じるかもしれません。

 

しかし私はこの半ドンが好きでした。

 

学校に行くということは

友達に会えるということ。

 

そこで午後から遊ぶ約束ができる

ということになります。

 

小学生の頃はクラスの男子が

20数人いたので「草野球をやろう

ということが多かったですね。

 

この草野球が実に楽しかった!

 

草野球をやるのには人数が必要なので

学校で顔を合わせないと

なかなかできないですね。

 

今では草野球は禁止されているのだとか。

 

そう考えると古き良き時代でしたね。

 

 

豆知識②-5.給食

 

学校で「給食表」が配られますね。

 

私は毎朝チェックしていました。

 

大抵は期待しているようなものは

出てきませんが、たまに「揚げパン」

なんて出てくる日だったら給食が

楽しみで仕方ありませんでした。

 

また、そういう日に限って

休む人が出てくきます。

 

そうなると「揚げパン」やデザートの

をめぐっての争奪戦が始まります。

 

みんなで「じゃんけん大会」が

始まります。

 

これに勝ち上がって

「揚げパン」にありつけたときは

嬉しかったですね。

 

この喜びは大人では味わえないですね。

スポンサーリンク

 

 

番外.転校生

 

「転校生がやってくる!」。

 

この言葉でクラスの中でざわめきが

起こります。

 

「どんな奴が来るんだろう」

ということもさることながら

「カッコいいのかな、かわいいのかな」

なんて期待をしていました。

 

その期待の中で現れる転校生。

 

「ええ~!」との落胆の声。

子供というのは残酷なものです

 

逆に期待以上だったときは

一気に人気者に!

 

子供というのは現金なものですね。

 

私は転校をしたことがないので

転校生の気持ちはわかりませんが、

一度転校してみたいと思ったものですね。

 

 

今日は何の日?まとめ

 

5月21日は【小学校開校の日】

 

そこで、小学生のころの「楽しみについて」

取り上げてきました。

 

今思えばそれほど楽しみでもないことも

ありましたし、

小学生のころにしか味わえなかったことも

ありましたね。

 

また、今の小学生とも楽しみが

違うのかもしれません。

 

今の小学生って何を楽しみにして

生活しているのでしょうか。

 

興味深いところではありますね。

 

まさか「勉強」なんてことは・・・。

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 その他生活ブログ 年中行事・記念日へ
にほんブログ村


季節の行事ランキング