【5月19日】今日は何の日?豆知識「食育の日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

5月19日は「食育の日」。

 

スポンサーリンク




 

食育

とはザックリ言うと

「食に関する教育」

 

食育はとても重要な「教育」の一つ。

と私は考えています。

 

というより、私が子供の頃には

使われなかった言葉です。

 

その頃から「食育」というものに

もっと力を入れるべきだったと思います。

 

主要5教科に+αしてもいいぐらい。

 

 

そんな食育について

迫っていきます。。

 

 

豆知識①「食育の日」が制定された由来

 

「食育の日」が制定された由来は

農林水産省が定めた

「食育基本法」に基づく

食育推進基本計画

 

この中で「毎月19日」を

「食育の日」と定めています。

 

また、6月を

「食育月間」と位置付けています。

 

第3次食育推進基本計画)P26

(食育月間及び食育の日の設定・実施)より

 

「食育の日」が5月だけでないのは

「食育」は常に大事なもの

だから。

 

また、国で定めていることからも

食育の重要性がうかがえます。

 

 

「食育」を推進・普及させることにより

国民の健康で文化的な生活と

豊かで活力ある社会の実現をさせたい

との思いによって制定された「食育の日」。

 

「食」というのは生活するうえで

重要ですからね。

 

 

2005年(平成17年)に「食育基本法」

が施行され、翌年に

食育推進基本計画

策定されました。                        

 

今から10年余り前のこと。

 

現代の食生活を鑑みると

遅すぎだと思います。

 

「しょくい(1)く(9)」の語呂合わせで

「毎月19日」が「食育の日」に

選ばれました。

 

 

さて、国や地方自治体などをはじめとして

「食育」を普及させようとしています。

 

私が子供の頃は「食育」なんて言葉は

なかったはず。

 

実際にどんなものなのかについて

迫っていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②食育について

 

 

豆知識②」-1.「食育」とは

 

あなたは「食育」という言葉を

知っていましたか?

 

少なくとも私は子供のころには

聞いたことがありませんでした。

 

せいぜい「野菜を食べなさい」

「栄養バランスが大事」と

言われたぐらいでしょうか。

 

 

下記の記事

【12月8日は何の日?豆知識】今日は「ジュニアシェフの日」食育について

にあるように「食育」とは

食に関する様々な知識を

つけさせるための教育

 

つまり、「食育」とは

「食」に関する教育

と言えます。

 

つまり、子供の頃に言われてきた

「野菜を食べなさい」というのは

食育の一部にすぎません

 

しかも野菜をどれだけ食べたらいいか、

どのように食べたらいいか、

食べたらどンなことが起こるのかが

いまいちよくわからなかった。

 

いわば食育と言っても

抽象的なものでしか

ありませんでした

 

 

ここからさらに1歩進んで

「食に関する知識」を身につけることにより

食生活を中心に生活を豊かにすることが

できます。

 

そこで「食育がもたらすもの」について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-2.食育がもたらすもの

 

「食育」とは、なにも「栄養」や「効能」

だけにとどまりません。

 

「食育の目的は

「食」を通じて様々な知識を

身につける

こと。

 

「食育」によって

様々なことがわかってきます。

 

 

1.食事の必要性

 

まずは「食事の重要性」を理解することから

始まりますね。

 

特に朝ごはんを食べないで

仕事・学業に臨む人が意外と多いですね。

 

下記の記事

 

【4月11日今日は何の日?豆知識】「しっかりいい朝食の日」朝食のメリット

 

にあるように、朝食を食べることによって

朝からエネルギッシュに活動でき、

仕事や学業の効率が上がります。

 

ですので

朝食を食べることは仕事・学業に臨む人

にとって本来欠かすことのできないもの

 

3食の食事をきちんと食べる。

 

好き嫌いをせず栄養バランスの

とれた食事をする。

 

これらの重要性を理解する

のが食育の第一歩。

 

まあこれは「食育」なんて言葉がない時代

にも言われていたことですね。

 

私は子供のころから

朝食を欠かせたことがありません。

 

でしたので遅刻することはなく、

高校まではほぼ皆勤賞でしたね。

 

学業は勉強不足がたたって・・・。

でも体育は得意でした。

 

もしお子さんが朝食を食べずに

布団に入っていたら。

 

ぜひ愛情をもってそのお子さんを

たたき起こして

朝食を食べさせてくださいね。

 

 

2.心身の健康

 

栄養バランスのとれた食事は

食べ物の栄養や効能を知らなければ

できません。

 

逆に言えば、

子供の頃から栄養バランスを考えて

食事をする癖をつけることで

健康的に過ごせるようになります。

 

これが

「知育」

にもつながります。

 

これにより

「メタボリックシンドローム」をはじめ

「糖尿病」や「高血圧」等の生活習慣病を

予防することにもつながります。。

 

このことは将来的に国民の健康にも

つながっていきますね。

 

ただ、

食べることは楽しいことでもあります。

 

体に悪いもの、財布に悪いものほど

美味しいという傾向にあります。

 

プリン体を豊富に含むものって

美味しいじゃないですか。

 

ですので栄養バランスのことばかり考えて

食べているのは人生の楽しみを半減させる

ことにも繋がります。

 

と言ったら大げさかもしれませんが、

たまには美味しいものを

たらふく食べたいですよね。

 

普段は栄養バランスのとれた

健康的な食事をする。

 

そして時々美味しいものを

食べるという楽しみを作る。

 

これによって人生が豊かになる

のではないでしょうか。

 

これこそバランスが大切だと思っています。

 

 

3.食事のマナーを身につける

 

食事のマナーを身につけることも

食育の一環。

 

私が子供の頃は「食育」なんて言葉は

ありませんでしたが、

「食事のマナー」は

耳がいたいほど叩き込まれた

ことを覚えています。

 

小学1年生なのに厳しい・怖いと

恐れられていた先生が担任でした。

 

給食の時間によく

「いただきます」「ごちそうさま」

を言えだとか、給食は残すなとか

箸の使い方等ありとあらゆることを

叩き込まれていましたね。

 

ご飯を食べるときぐらいはと

思わなくはないですが、

今思えば大切なことを教えてくれた

いい先生でしたね。

 

 

4.安全性や品質の高い食材を見抜く能力

 

子供のうちは食材は親が買ってくる

ということが多いのでしょうが、

大人になると自分で調達しなければ

なりません。

 

子供のうちに品質や安全性の高い食材を

見抜く力を身につけておくことによって、

一人暮らしや家庭を持った時

でも食材選びに困ることは

ありません

 

ただ、買いに行った時に品質の良いものが

ないときは困るかもしれませんが。

 

 

5.食文化の向上

 

食育は「食文化」を学ぶ場でもあります。

 

今住んでいる地域の特産物は何か、

それを使った料理はどんなものがあるか、

また、その歴史的なことを学ぶことによって

「食文化」を理解することにつながります。

 

これは

「知育」にもつながる

ことになりますね。

 

また、「新しいレシピ」を考えることで

「創造力」を培うことにもつながります。

 

この段階で「レシピって無限にあるんだよ」

と教えてあげましょう。

 

 

6.食べ物に対する感謝の気持ちを芽生えさせる

 

食べ物は様々な人によって

作られています。

 

勝手に出てくるわけでも

ドラえもんが出してくる

わけでもありません。

 

食べ物を作っている人がいて、

それを売っている人がいて、

これを料理する人等がいて

はじめて食事にありつけることができます。

 

また、動物の命をいただくことも。

 

「いただきます」の言葉は単に

「これからご飯を食べるよ」

という意味ではありません。

 

様々な人々や動植物等に「感謝の気持ち」

を持てば「いただきます」の言葉に

気持ちがこもってくるはず。

 

これも「食育」の一環です。

 

これは

「徳育」にもつながる

ということになりますね。

 

 

5月19日は何の日?まとめ

 

「毎月19日(5月19日)」は

「食育の日」。

 

ということで食育について

取り上げてきました。

 

食育は生活する上での基本的なものであって

知育、徳育、体育の基礎になるものです。

 

いろんな経験の中から

「食の大切さ」や「食の知識」、

「食を選ぶ力」、「食への感謝」等を

身につけ健全な食生活を送ることが

できるようになります。

 

あなたも私と一緒に「食育」について

考えていきませんか。

 

スポンサーリンク