【5月16日】今日は何の日?豆知識「旅の日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

色んな形態のものがありますが

どの形態であっても好きなものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

個人的には一人で行っても楽しい。

複数人で行っても楽しいですが。

 

ただ「寂しいもの」は避けたいものです。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで5月16日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで5月16日は何の日かというと

旅の日」。

 

あなたは

と聞いたら何をイメージしますか?

 

まず第一に「旅行」や「観光」を

イメージするのではないでしょうか。

 

しかし「旅立ち」や「一人旅」等

寂しいものもあります。

 

まあ私の場合

一人旅は一人旅なりの楽しさ

があると感じていますがね。

 

そんな中、私が行ってきた一人旅の中で

忘れることのできない一人旅があります。

 

その度について

振り返っていきたいと思いました。

 

そこで、「旅の日」が制定された経緯と、

私が行った無謀な旅とカレー

について取り上げていきます。

 

 

豆知識①「旅の日」が制定された経緯

 

「旅の日」を制定したのは

日本旅のペンクラブ

さん。

 

「日本旅のペンクラブ」さんは

1962年(昭和37年)に結成。

 

旅文化の向上とともに、

地域の活性化や自然環境保護のため

様々な活動をしている

旅好きな作家などで結成された団体。

 

旅の心や、旅人とは何かということを

改めて考えるようということから

制定された「旅の日」。

 

あなたもご存知の通り

松尾芭蕉

は江戸時代の俳人。

 

松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出たのが

1689年(元禄2年)

5月16日

(旧暦だと3月27日)。

 

 

これにちなんで1988年(昭和63年)

に5月16日が「旅の日」に選ばれました。

 

 

さて、旅といえば私も今まで

様々な旅をしてきました。

 

素の中でも、若かりし頃に行った

無謀な旅は今でも忘れられません。

 

「美味しいカレーを食べに行く」

という旅でしたが、こんな旅は

今ではとてもじゃないけど

できないですよね。

 

この無謀な旅とカレーについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

豆知識②無謀な旅とカレー

 

 

豆知識②-1.旅の概要

 

若かりし頃とは20歳の時のこと。

大学の夏休みでのこと。

 

大学は札幌にありましたが、

当時実家は帯広にあり帰省していました。

 

夏休み直前で彼女と別れ、

ロンリーな夏休みを過ごす羽目に

なっていました。

 

そこで、やることがないので旅に出ようかな

そして美味しいものを食べたい

と何気なく考えていました。

 

そんなことを考えているうちに

富良野に住んでいる友人から連絡が!

 

「富良野に美味しいカレー屋さんが

あるから来ないか?」とのこと。

 

てなわけで富良野に行くことにしました。

 

ただ、夏休みは約2ヶ月もあり、

長い夏休みを限りある少ないお金で

過ごさなくてはなりません。

 

てなわけでお金がない!

だけど美味しいカレーは食べたい。

 

そこで考えたのが、

カレー代を捻出するために

自転車で旅をすることに!

 

その名も

帯広から富良野へ

カレー自転車旅

(そのまんまだな)

 

その距離は片道で約120km。

往復240kmを自転車で走行。

 

 

また、交通費は自転車で何とかなるものの

できればホテルや旅館に泊まる費用も

節約したい。

 

そこで、

友人の家で宿泊

友人が一人暮らしでよかった!

 

夜11時に自転車での旅に出発!

休み休み進んで朝の11時頃に到着。

 

12時間ぐらいかかりましたね。

ということでちょうどお昼時に問着!

 

友人もまさか自転車で来るとは

思っていなかったようでしたので

びっくりしていました。

 

今思えば「よくやったな自分!」

といったところでしょうか。

 

そのときに食べた富良野の美味しいカレー

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-2.富良野の美味しいカレー

 

そのカレー屋さんは富良野駅から

ほど近くにある

唯我独尊

さん。

 

唯我独尊さんはログハウスのような

カレー屋さん。

 

唯我独尊酸は私の嫌いな

行列のできるカレー屋

さんだったんです。

 

12時間も自転車で走行した後のこと。

 

せっかく富良野まで来たので

疲れた体に鞭をうって

1時間待ちに耐えました。

 

そしてようやくカレーとご対面!

 

最初にそこのカレーを見たときは

「ルーが少ないな」と思いました。

 

しかし、食べてみて納得。

 

食べたとき「辛っ!」と思いました。

辛いものが苦手な私にとっては

ちょうどよいルーの量。

 

ちなみにルーが足りないと感じた人は

「ルールルル~♪」と歌ったら

ルーを足してくれるというシステムでした。

 

友人は辛いもの好きなので

歌っていましたね、「ルールルル~♪」。

 

それはともかくとして、このカレーは

辛いだけあってスパイスが

効いていて美味しかった

 

しかも疲労がたまっていいて

お腹も極限に減っている状態、

 

それだけに余計美味しく感じたのかも

しれませんね。

 

 

後で知ったのですが、そこには

「ママカレー」という

辛くないカレー

があるというじゃないですか。

 

「それを早く言ってくれ!」

と思いましたね。

 

そして「カレーの後にはデザート」

ということで、唯我独尊の近くにある

甘太郎

というお店に!。

 

そこで食べたのが

ハムたい

 

たい焼きの中身がハムとマヨネーズ

という初めて見たもの。

 

斬新で美味しかったですね。

 

そんなこんなで美味しいものを

食べることができました。

 

友人の家に泊まって

(ヤケ)酒を飲むこともできました。

 

というわけで楽しい時間を過ごしました。

 

が、帰るときも同じ道を自転車で

帰らなければならない。

 

その帰りはつらくてむなしい道のりに

なりましたね。

 

今思えば「ハムたい」を大量に買っておいて

食べながら帰ればよかったと思いました。

 

 

5月16日は何の日?まとめ

 

5月16日は「旅の日」。

 

というわけで無謀な旅とカレー

について取り上げてきました。

 

自転車で帯広から富良野へ!

 

「唯我独尊」というカレー屋さんで

美味しいカレーをいただきました。

 

もちろん甘太郎さんの

ハムたいも美味しかったですね。

 

これらは今でもあるのでしょうか?

 

しかし、「自転車で行くもんじゃないな」

って思いました。

 

旅は少なからず疲れるもの。

しかし、無謀な旅は避けたほうはいいと

思いました。

 

 

スポンサーリンク