【5月12日】今日は何の日?豆知識「アセローラの日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

生ではあまりたべないものの、

ジュースやゼリー等の加工品で食べるものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク




 

今回はそういう記念日です。

 

なかなか生で食べる機会がないので

一度は生で食べてみたいです。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで5月12日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで5月12日は何の日かというと

アセローラの日」。

 

 

「アセローラ」とはいわゆる

アセロラ

のこと。

 

決して「汗だくのローラさん」

ではありません(なんのこっちゃ)。

 

みなさんは「アセロラ」を

食べていますか?

 

ジュースや加工食品等では口にすることは

あっても生で食べることは少ないと

思います。

 

そんなアセロラについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「アセローラの日」が

制定された経緯と

アセロラの特徴と効能について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「アセローラの日」が制定された経緯

 

「アセローラの日」を制定したのは

『アセローラの日』制定委員会

 

そのまんまの名前。

こういうわかりやすい名前

好きですねえ。

 

『アセローラの日』制定委員会は

沖縄県本部町役場

商工会

観光協会

熱帯果樹研究会

等で構成されています。

 

本部町はアセロラの

国内生産のパイオニアの地。

 

 

アセロラをより多くの人に知ってもらい

本部町が活性化してほしいとの願いを込めて

制定された「アセローラの日」。

 

アセローラを初収穫する時期は

5月12日。

 

これにちなんで5月12日が

「アセローラの日」に選ばれました。

 

さて、アセロラの存在は

ほとんどの人が知っているはず。

 

しかし、アセロラの特徴や効能は

意外と知らないのではないでしょうか。

 

そこで、アセロラの特徴と効能について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②特徴と効能

 

 

豆知識②-1.アセロラの特徴

 

 

1.傷みやすい

 

アセロラを生で食べることは少ないですが

それは

アセロラが傷みやすい

ため。

 

アセロラを作っている地域及び近郊に

住んでいなければ生ではなかなか

食べることができないでしょう。

 

いちご狩りならぬ「アセロラ狩り」

ができるようなところに行けば・・・。

 

アセロラは

生で食べるときは皮ごと

食べることができます

(タネは食べることはできませんが)。

 

傷みやすいので生では食べられませんが、

アセロラ狩りして食べたら

アセロラに対する価値観が変わるぐらい

美味しいのかもしれませんね。

 

 

2.加工品で流通している

 

1とも繋がっていきますが、

アセロラは傷みやすいので、

収穫した後加工されて流通しています。

 

ュースやゼリー、飴玉、ガム

等に加工される

ことが多いですね。

 

あなたもアセロラの加工品は

一度は口にしたことがあるはず。

 

アセロラが加工されているので

純粋なアセロラの味ではないのかも

しれませんね。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-2アセロラの栄養と効能

 

 

1.ビタミンC

 

「アセロラといえばビタミンC」

というぐらい豊富に含まれています。

 

その量はなんと

レモンの17倍

(100g当たりの量)

 

果実の大きさが異なるので

単純に比較はできないものの、

アセロラ恐るべし!

 

ビタミンCは下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、

「ビタミンCばコラーゲンを作る物質」。

 

それに伴い

ビタミンCを頑張って摂っている女性も

多いはず!

 

コラーゲンはタンパク質の一種ですが、

これを生成する上でビタミンCは

かかせません。

 

これにより

美肌効果

が期待できます。

 

また、忘れてはならないのは

ビタミンCはビタミンA・Eと共に

効果が期待できるのが

抗酸化作用」。

 

「ビタミンACE(エース)」

とも呼ばれています。

 

美肌の敵とも言える「紫外線」。

紫外線は諸悪の根源である

「活性酸素」を作りだします。

 

これを抑制することが期待されるのが

「抗酸化作用」。

 

ビタミンCは「美肌効果」だけでなく、

あらゆる病気の予防効果が期待できます。

 

また、鉄分の吸収を高めることにより

貧血を予防する効果

が期待できます。

 

 

2.銅

 

アセロラには「銅」も含まれています。

 

銅は下記の記事

 

【ミネラル】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、

鉄分から赤血球を作るのを補助することが

期待できます。

 

鉄分は貧血を予防するのに必要ですが、

いくら鉄分を摂っても銅がなければ

貧血を起こす恐れがあります。

 

また銅は

あらゆる酵素になって

活性酸素の発生を予防したり、

骨の形成を促す効果

が期待できます。

 

スポンサーリンク




 

 

3.葉酸

 

アセロラには「葉酸」も含まれています。

 

葉酸は下記の記事

 

【4月3日今日は何の日?豆知識】「葉酸の日」妊活・妊娠時での働き

 

にあるように、葉酸は

 

・ 妊娠しやすくなる

・ 胎児の障害や病気の防止

・ 貧血・つわりの防止・軽減

・ 出産後の母乳や健康維持

・ 血流の促進

 

とこれらの効果が期待できます。

 

つまり、

妊活~出産後の女性には特に必要な栄養素。

 

そのほかにも血流の促進効果が

期待できます。

 

つまり、の人でも摂った方がいい

栄養素ですね。

 

「葉酸が少子化を解決する」

という世の中になったらいいですね。

 

 

5月12日は何の日?まとめ

 

5月12日は「アセローラの日」。

 

ということでアセローラの特徴と効能

について取り上げてきました。

 

残念ながら生で食べることができる人は

限られてしまいますが、

加工品として飲んだり食べたりすることが

できます。

 

アセロラに主に含まれるのが

ビタミンC,銅,葉酸。

 

これにより美肌効果、妊娠や出産の促進、

貧血の予防等と特に女性に嬉しい効能が

つまっていますな。

 

このアセロラがますます普及して

女性に輝いてほしいと願っています。

 

スポンサーリンク