【4月4日今日は何の日】豆知識~「どらやきの日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

4月4日は何の日かというと

どらやきの日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

どらやき

は好きですか?

 

私?甘党を自認している私が

どらやきを嫌いなわけがありません。

 

ただ、

なぜか自分で買って食べることは少なく、

いただきものや友人・知人の家等で

食べる方が多いですね。

 

昔からずっと好きなんですけどね。

 

そんなどらやきですが、

気になる、食べてみたいどらやき

があります。

 

丸京製菓さんの

北海道産小豆どらやき

栗入りどら焼き

もち入りどらやき

抹茶どらやき

桜どらやき

縈太郎の生どらやき

等たくさんあります。

 

そんなどらやきについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「どらやきの日」が制定された経緯

と食べたいどらやきについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「どらやきの日」が制定された経緯

 

「どらやきの日」を制定したのは

丸京製菓株式会社

さん。

 

ドラえもんじゃなかったんですね(笑)。

 

丸京製菓さんは

どらやきの製造・販売を手がけている

鳥取県米子市にある会社

 

丸京製菓さんは「どらやきの日」を制定し、

「どらやきの日」にどらやきを食べよう

と呼びかけています。

 

 

「どらやき食べて皆で幸せ(4合わせ)に」

という意味が込められています。

 

また4月4日は「しあわせ」と同時に

「桃の節句」の3月3日と

「端午の節句」の5月5日に挟まれている。

 

「4合わせ」と「節句にはさまれている」

ということを「あんこにはさまれている」

どらやきに例えて4月4日が

「どらやきの日」に選ばれました。

 

 

さて、丸京製菓さんは「どらやきの日」に

どらやきを食べようと呼びかけています。

 

そんな呼びかけとは裏腹に

私は個人的にどらやきから

遠ざかっています。

 

「どらやきの日」をきっかけに

どら焼きを食べようと思っています。

 

そんなことを考えているうちに

日本一のどらやき屋さんである

丸京製菓さんが

どんなどらやきを製造しているか

大変興味がわきました。

 

そこで、食べたいどらやきについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

私の豆知識②食べたいどらやき

 

丸京製菓さんは

どらやき売上日本一

と謳っているだけあって、

どれも美味しそうです。

 

その中でも「私が気になっている」

「食べてみたい」どらやきについて

取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.北海道産小豆どらやき

 

まずはスタンダードともいえる

あずきのどらやきを食べたいですね。

 

スタンダードなどらやきとはいえ、私の地元

北海道産の美味しいあずき

を使っているというこだわり。

 

写真を見ていたらあんこが

たっぷり詰まっていて美味しそうです。

 

北海道の小豆を使っているということから

どらやきへのこだわりを感じています。

 

さすがは売上日本一のどらやき屋さん。

 

まずはこのこだわりの一品から

食べてみたいです。

 

 

豆知識②-2.栗入りどら焼き

 

何でもそうですが、

「栗入り」のものって美味しい

じゃないですか。

 

栗きんとん、栗ごはん、甘栗・・・。

茶碗蒸しに入っている栗もいいですね。

 

柔らかいカステラ生地に

栗入りの粒あんがたっぷり入っている

どらやき。

 

これを食べたら甘党の私にとって

至福のひととき。

 

栗入りと聞いただけで心が躍りますね。

 

 

豆知識②-3.もち入りどらやき

 

どらやきの中にもちが入っている

というのも心が躍ります。

 

あんことおもちは相性が抜群

 

「お汁粉」と「おはぎ」が

良い例ですね。

(食感は違いますが)

 

あんことおもちを

風味豊かな生地で包まれている

どらやきを食べてみたいですね。

 

ただ、もち入りということで

お腹が重たくなるかもしれないですね。

 

それはそれで

重量感があって美味しそうですね。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②-4.抹茶どらやき

 

抹茶入りのあんこということで

甘さ控えめのどらやきなのでしょうか。

 

ガッツリ甘いどらやきもいいですが、

抹茶のように甘さ控えめで抹茶の風味を

感じられるどらやきも気になります。

 

また、

季節限定品

ということも食欲・購買意欲を

そそられますね。

 

私もそうですが、「季節限定」

いや、「限定」という言葉に弱い人も

多いのではないでしょうか。

 

 

豆知識②-5.桜どらやき

 

まさに今の時期にぴったりのどらやき。

ただ、私の地元北海道にとっては

桜はまだ早いんですけどね。

 

「春限定」というところ、

桜前線が北上している最中ということもあり

桜あんを使用したこのどらやきは

今が食べごろなのではないでしょうか。

 

こちらも「季節限定」ということで

食べてみたいですね。

 

ただ、北海道ではもう少し先に食べたほうが

いいのかもしれないですね。

 

 

 番外.縈太郎の生どらやき

 

すいません、他店のどらやきですが、

私の思い入れのあるどらやきについて

取り上げたいと思います。

 

私が大学時代に就職活動で

仙台に行く用事がありました。

 

大学時代の友人に

「仙台に行くんなら(塩釜にある)

縈太郎の生どら焼

を買ってきて」と頼まれました。

 

ちなみに塩釜とは仙台のとなりまち。

 

そのことがきっかけで

「縈太郎の生どら焼」に出会いました。

 

生どら焼とはどららきの中身のあんこが

小豆と生クリームを混ぜたもの

でした。

 

ただ、「生どら焼き」というだけあって

冷蔵保存しなけれはならず、

クール宅急便で送った記憶があります。

 

私は帰りの電車の中で食べたのですが、

この生どら焼は私の

どらやきに対する価値観を

変えるぐらい美味しかった

のを覚えています。

 

「これは!」と思いましたね。

 

それまではもどらやきは

ただ普通に美味しいと思っていただけ。

 

この生どら焼がきっかけで

ますますどらやきが好きになりました。

 

ただ、縈太郎さんの本店は塩釜にありますが

塩釜に行かなくても仙台にも売り場があり、

買うことができましたね。

 

仙台駅でも売っていましたからね。

 

それがわかってりゃ

わざわざ塩釜に行かずに済んだのに・・・。

 

それでも、

私のどらやき好きを強めてくれたのが

縈太郎の生どら焼で思い入れが強いですね。

 

 

4月4日は何の日?まとめ

 

4月4日は「どらやきの日」。

 

そこで私の気になるどらやきについて

取り上げてみました。

 

どらやき売り上げ日本一の「丸京製菓」さん

だけあって、どれも気になる、食べてみたい

どらやきですね。

 

また、丸京製菓さんのものではありませんが

私の思い入れの強い縈太郎の生どら焼

についても取り上げてみました。

 

こんな話題を出していたらどらやきが

食べたくなりました。

 

今度のおやつはどらやきにしようかな。

 

スポンサーリンク