【4月3日今日は何の日?豆知識】「葉酸の日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

4月3日は何の日かというと

葉酸の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

葉酸

をご存知ですよね?

 

葉酸を知っている方も多いと思いますが、

下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように

特に妊活・妊娠時に必要

である成分

 

葉酸の働きは

妊娠しやすくする

胎児の病気や障害の防止

貧血の防止

つわりの軽減

母乳が出やすくなる

出産後の精神の安定

血流を促進する効果

等が期待できます。

 

そんな葉酸は

ホウレンソウをはじめ

レバーや枝豆、ブロッコリー、

緑黄色野菜

等に豊富に含まれています。

 

そんな葉酸について

詳しく迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「葉酸の日」が制定された経緯と、

葉酸の妊活・妊娠時での働きについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「葉酸の日」が制定された経緯

 

「葉酸の日」を制定したのは

一般社団法人

母子の健康を考える会

さん。

 

「母子の健康を考える会」さん

葉酸の学術研究者や管理栄養士等が

発起人となって作られた団体。

 

事務局は京都に設置されています。

 

葉酸の認知度を世に広めるとともに、

妊婦さんをはじめとする女性に葉酸の摂取を

呼びかけるために制定された「葉酸の日」。

 

「4(よう)3(さん)」の語呂合わせで

4月3日が「葉酸の日」に選ばれました。

 

葉酸は特に女性だったら

知らない人はほとんどいないはず。

 

「葉酸の日」が制定された目的は

達成されたといっていいでしょう。

 

 

さて、葉酸は下記に記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、葉酸は妊活・妊娠中には

特に必要な成分。

 

葉酸がどのような効果があるのかについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、

葉酸の妊活・妊娠時での働きについて

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②妊活・妊娠時での働き

 

葉酸は男性にももちろん良い成分ですが、

特に女性、とりわけ

妊活・妊娠中の女性には

欠かせない効

がたくさんあります。

 

妊娠が発覚するのは妊娠してから

1カ月程度かかる場合が多いので

葉酸は妊活中から

積極的に摂ってほしい

ですね。

 

そんな葉酸の働きについて

取り上げて言います。

 

 

豆知識②-1.妊娠しやすくする

 

葉酸は血液を作る働きが期待できます。

 

つまり、子宮内に血液を充実させる効果

が期待できるということ。

 

子宮内に血液を充実させることで

子宮内膜が厚くなり、

受精卵が生育しやすくなります

 

また、葉酸には胎芽に対しても細胞分裂を

促進し流産を予防する効果が期待できます。

 

 

豆知識②-2.胎児の病気や障害の防止

 

葉酸が不足した場合、

胎児の細胞発達が十分に行われない

という恐れがあります。

 

細胞発達が十分に行われなければ

様々な障害を引き起こす恐れがあります。

 

例えば臓器の一部が欠ける

神経管閉鎖障害

 

大脳が正常に形成されない

無脳症

 

DNAの異常によって起きる

ダウン症

 

下半身の運動障害や排せつ障害

等を引き起こす恐れがあります。

 

これから誕生するお子さんの障害のリスクを

軽減させるため、葉酸を積極的に摂取

してほしいものです。

 

 

豆知識②-3.貧血の防止

 

妊娠中は胎児へ血液を供給する

必要があります。

 

血液が胎児に供給するため

妊婦が妊娠している際は

貧血になる傾向があります

 

貧血を予防するために

ビタミン12とともに葉酸を摂取し、

造血作用に期待したいところです。

 

 

豆知識②-4.つわりの軽減

 

妊娠中の悩みの種の一つである

「つわり」。

 

「つわり」はいろんな原因で起きますが、

体調の急激な変化による

自律神経の乱れ

で起こる場合があります。

 

自律神経の乱れの場合も貧血予防と同様に

ビタミン12とともに葉酸を摂ることで

自律神経を整えて「つわり」を軽減する効果

が期待できます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②-5.母乳が出やすくなる

 

母乳は血液が主成分

 

ですので上記の通り

ビタミンB12とともに葉酸を摂ることで

血液が作られることで母乳が作られ

母乳が出やすくなる効果が期待できます。

 

ですので子供が誕生し、授乳期になっても

葉酸の摂取も含めた母親の健康維持が

重要になります。

 

 

豆知識②-6.出産後の精神の安定

 

産後の、特に初産の後は慣れない子育て

によるストレスやホルモンの分泌が乱れる等

常に不安が付きまといます。

 

精神の乱れを防止するため葉酸を摂ることで

自律神経を整えて

心のケアをする効果

が期待できます。

 

 

豆知識②-7.血流を促進する効果

 

葉酸は動脈硬化の原因の一つである

ホモシステイン

という物質を減らす効果が期待できます。

 

ホモシステインの分泌を減らすことで

血流が良くなり

高血圧や動脈硬化等の

生活習慣病の予防効

が期待できます。

 

血流がよくなれば認知症の予防効果も

期待できます。

 

 

豆知識②-8.葉酸の過剰摂取によるリスク

 

葉酸は水溶性ビタミンであり、

過剰摂取しても尿として排出される等

体に蓄積される恐れはほとんどありません。

 

普通の食事では葉酸を過剰摂取する恐れ

はまずありませんが、

サプリメントによって葉酸が過剰になる恐れ

があります。

 

葉酸を過剰摂取すると、

子供が喘息になる恐れがあります。

 

やはり何でも過ぎたらダメなんですね。

 

 

豆知識②-1~8以外にも

他にもアンチエイジング効果や

ガンリスクの軽減、生理不順、代謝の促進等

に効果があると期待されています。

 

葉酸はなるべくサプリに頼らず

食事で獲るのが一番です。

 

そこで、葉酸を多く含む食材について

取り上げていきます。

 

 

 

豆知識③葉酸を多く含む食材

 

葉酸はもともとは

ホウレンソウから発見された成分

 

「葉酸」を呼ばれるゆえんです。

 

葉酸は下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、ホウレンソウをはじめ

レバーや枝豆、ブロッコリー、

緑黄色野菜等に豊富に含まれています。

 

妊娠如何にかかわらず

野菜は常に摂取する必要がありますね、

 

 

4月3日は何の日?まとめ

 

4月3日は「葉酸の日」。

 

そこで葉酸の妊活・妊娠時での働きと

葉酸を多く含む食材について

取り上げてきました。

 

妊活中や妊娠中、産後の女性には

重要な成分ですが、女性のみならず

男性にも必要な成分ですね。

 

私は野菜全般食べますが、一昔前は

居酒屋に行くたびに「レバ刺し」を

頼んでいました。

 

今では禁止されましたので

いろんな意味で痛手を被っています。

 

「葉酸の日」をきっかけに

葉酸を摂れるような食生活を

していただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク