今日は何の日?4月27日は「駒ヶ根ソースかつ丼の日」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

食べたことがありそうで

丼物としては食べたことがない

ものの記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

具材自体は食べているような気がしますが

本場では食べたことがありません。

 

似て非なるものは

食べたことがありますけどね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで4月27日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで4月27日は何の日かというと

駒ヶ根ソースかつ丼の日」。

スポンサーリンク

 

「駒ヶ根」とは「長野県駒ヶ根市」のこと。

そして「駒ヶ根ソースかつ丼」は駒ヶ根の

名物の一つ。

 

皆さんはこの「駒ヶ根ソースかつ丼」を

食べたことがありますか?

 

私は残念ながら食べたことがありません。

 

しかし「ソースかつ」は食べたことはあります。

 

そこで「駒ヶ根ソースかつ丼の日」が制定された

経緯と、「駒ヶ根ソースかつ丼」について

取り上げていきます。

 

 

豆知識①「駒ヶ根ソースかつ丼の日」が制定された経緯

 

「駒ヶ根ソースかつ丼の日」を制定したのは

駒ヶ根ソースかつ丼会」さん。

 

そのまんまの名前でわかりやすいですね。

 

「駒ヶ根ソースかつ丼会」は駒ヶ根市内で

駒ヶ根ソースかつ丼を提供している飲食店

の有志で形成されています。

 

駒ヶ根市の「まちおこし」をするために

美味しい「駒ヶ根ソースかつ丼」を

より多くの人に食べてもらおうとの思いから

「駒ヶ根ソースかつ丼の日」が

制定されました。

 

「駒ヶ根ソースかつ丼の会」の結成は

1993年(平成5年)4月27日に

行われたことから、4月27日を

「駒ヶ根ソースかつ丼の日」としました。

 

今から25年前ですね。

 

歴史も浅いためか、

知名度は高くないような気がします。

 

まだまだ発展途上の段階であり、

これからが楽しみです。

 

しこで「駒ヶ根ソースかつ丼」について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

豆知識②駒ヶ根ソースかつ丼について

 

 

豆知識②ー1.駒ヶ根ソースかつ丼とは

 

「駒ヶ根ソースかつ丼」とは長野県駒ヶ根市の

名物の一つです。

 

ご飯の上に千切りしたキャベツを敷き詰めて、

その上に「秘伝のソース」を にくぐらせた

とんかつを乗せた丼です。

 

至ってシンプルな料理に思えますが、

この「秘伝のソース」がカギなんでしょうね。

 

話はズレますが、秘伝のタレってタレの中に

食材のエキスが加えられながらタレを

長年にわたって継ぎ足された、いわば

「お店の宝物」と言えるものです。

 

不測の事態には「秘伝のタレを持って逃げろ!」

と言われ るぐらいですからね。

 

この秘伝のソースも同じことが

言えるのではないでしょうか。

 

この秘伝のタレを含んだとんかつは

聞いただけで食べたくなりますね。

 

また、千切りキャベツの食感も加わって

絶妙なハーモニーを奏でていることで

更に食欲が増す一品ではないでしょうか。

 

 

豆知識②ー2.駒ヶ根ソースかつ丼の発祥

 

「駒ヶ根ソースかつ丼」は、昭和のはじめから

駒ヶ根市内の「とんかつソースかつ丼きらく

さんで最初に提供されていた丼です。

 

それ以来長年にわたって提供する店舗も増え、

駒ヶ根のソウルフードになっています。

 

通常「かつ丼」はとんかつを

卵でとじたものです。

いわば「カツの卵とじ丼」と

いったところですね。

 

しかし、駒ヶ根では「かつ丼」と注文したら

「駒ヶ根ソースかつ丼」が出てきます

 

それだけご当地ではメジャーなもの

なんですね。

 

しかも自分たちでは「駒ヶ根ソースかつ丼」

ということに違和感を感じているようで、

単純に「かつ丼」と呼んでいます。

 

ただ、「駒ヶ根をもっと知ってもらいたい」

「駒ヶ根ソースかつ丼を全国に広めたい」

という思いから、対外的には「駒ヶ根」

をつけて呼んでいるようです。

 

 

かつにソースをかけたりして食べたことは

ありますが、このように

「ソースが染み渡っているかつ」は食べる機会が

少ないですね。

 

ぜひこのかつ丼を食べてみたいものですね。

スポンサーリンク

 

 

豆知識②ー3.駒ヶ根ソースかつ丼の規定

 

ただ単に「とんかつにタレをつけて丼にする」

だけでは「駒ヶ根ソースかつ丼」とは

言えないようで、ちゃんと規定があります。

 

1.器は丼

 

2.肉は豚ロースを基本とし120g以上

 

3.かつはパン粉を付けて揚げたもの

 

4.キャベツは細かく切って水に浸した後

水分を切ってから丼の飯の上に載せる。

 

5.揚げる油は自由だが、きれいな油を使い、

揚げカスを残さない。

 

6.ソースはソースかつ丼会で作ったものを

最低基準とし、更に各自で工夫をすることが

望ましい。

 

7.かつをソースにくぐらせるときは

ソース自体もあたためておく。

なお、ソースをくぐらせるタイミングは

問わない。

 

8.キャベツ以外の野菜は乗せない。

また、海苔等も乗せない。

 

9.蓋は自由とする。

 

 

なかなか細かいところまで規定がありますね。

ちょっと驚きです。

 

ただ、料理人だったら一つ一つは簡単に

できそうですが、6の「タレを工夫する」

というところがミソですね。

 

6の「秘伝のソースの工夫」

は料理人の腕の見せ所ではないでしょうか。

 

 

今日は何の日?まとめ

 

4月27日は「駒ヶ根ソースかつ丼の日」。

 

というわけで「駒ヶ根ソースかつ丼」について

取り上げてきました。

 

私は食べたことがありませんので「想像の域」を

脱していませんが、とても美味しそうだなと

感じました。

 

各店舗での「秘伝のソースの工夫」は

それぞれ違うと思いますので、

食べ比べてみたいですね。

 

またまた食べてみたいものが

増えてしまいました(笑)。

 

「駒ヶ根ソースかつ丼」で駒ヶ根市の名前が

全国に広まっていき、まちおこしが起きて欲しい

と思います。

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村