今日は何の日?4月24日は「しぶしの日」

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

私は言ったことがありませんが、

行ってみたいところの記念日もあります。

 

今回はそういう記念日です。

 

北海道からは遠いのでなかなか言えませんが

いつかは行ってみたいものですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで4月24日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで4月24日は何の日かというと

しぶしの日」。

スポンサーリンク

 

しぶし」とは

鹿児島県志布志市」のこと。

 

「志布志市」=「しぶしし」って

4文字中3文字が「し」ですね。

 

どんなところなのか興味津々です。

 

そこで「しぶしの日」が制定された由来と、

「志布志市について」取り上げていきます。

 

 

豆知識①「しぶしの日」が制定された由来

 

「しぶしの日」を制定したのはもちろん

志布志市」。

 

2006年(平成18年)1月1日に

鹿児島県内にある志布志町と

有明町、松山町の3町が合併して

現在の「志布志市」が誕生しました。

 

志布志市ではその文字の通り

「志あふれるまちづくり」

を推進することを掲げています。

 

「424(しぶし)」の語呂合わせにより

4月24日を「しぶしの日」に選びました。

 

合併した1月1日ではなかったんですね。

 

もしくは4月24日に合併してほしかったと

個人的には思っています。

 

まあ中途半端な日付なので

無理だったのでしょうけど。

 

 

さて、皆さんは志布志市を

ご存知ですか?

 

残念ながら私は知りませんでした。

 

そこで、「しぶしの日」にちなんで

「志布志市」について取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

 

 

豆知識②志布志市について

 

 

豆知識②-1.地理

 

鹿児島県には西部には薩摩半島、

東部には大隅半島があります。

 

イラストで言うと右側の半島が大隅半島で、

大隅半島の付け根の部分に志布志市が

あります。

 

見づらいかもしれませんが、

赤く〇で囲った部分です。

 

志布志市は南九州ということもあり

温暖な気候です。

 

また海(志布志湾)に面していることもあり

黒潮海流の恵みに包まれた食材の宝庫です。

 

さらに、霧島山系からの地下水がシラス台地

を通して豊富に湧き出ていることも

志布志を美味しいもので溢れさせています。

 

この地理的な状況を見て

「志布志っていいところだなあ

と感じました。

 

私は北海道の、しかも海のないところに

住んでいるので、志布志市には

私があこがれているものが多く

存在してそうです。

 

 

豆知識②-2.「志布志」の命名の由来

 

この「志布志」という名前は

天智天皇によって命名されたと言われています。

 

天智天皇がこの地域の人々が

志が篤いこということを喜ばれて

命名されたそうです。

 

つまり、当時の志布志の人々は

志が高かったのですね。

 

「志が高くなかったら

どんな名前になっているんだろう」

等と余計なことを考えるのは

私だけでしょうね。

 

 

豆知識②-3.名産品

 

霧島山系からの地下水がシラス台地

を通して豊富に湧き出ていることもあり

「うなぎ」や「歯も」の養殖が

盛んです。

 

私はうなぎが食べられないので

心が躍りませんが、ウナギが好きな人には

溜まらないのでしょうか。

 

また、「鹿児島黒毛和牛」に「鹿児島黒豚」

をはじめ、野菜や果物、海産物も

たくさんとれて、

まさに美味しいものの宝庫ですね。

 

これらを志布志市民の

志の高いおもてなし」でいただく

というのが食通にはたまらないですね。

 

 

今日は何の日?まとめ

 

4月24日は「しぶしの日」。

 

ということで「志布志市」の豆知識について

取り上げてきました。

 

「日本一【志】の多いまち」として

美味しいものや楽しいことがおおい

という印象です。

 

北海道からは遠いのでなかなかいけませんが

九州に行ったらぜひ行ってみたいですね。

 

皆さんにもこの日をきっかけに

志布志市を知っていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています


生活・文化ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村