【4月23日は何の日】豆知識~「シジミの日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

4月23日は何の日かというと

シジミの日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

シジミ

と聞いて何をイメージしますか?

 

私は友人に

のん兵衛にはシジミ汁

だからあんたにはシジミ汁

と言われてから「酒飲みの味方」

というイメージが生まれました。

(一言多い友人だなあ)

 

飲んだ後はシジミ汁

というイメージを持っている人は

多い端。

 

そしてシジミ汁は

シジミのダシがきいていて

美味しいですよね。

 

シジミ汁が何故二日酔いに効くのかについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「シジミの日」が制定された経緯と

なぜ飲んべえにシジミ汁?という疑問

について取り上げていきます。

 




 

豆知識①「シジミの日」が制定された経緯

 

「シジミの日」を制定したのは

有限会社日本シジミ研究所

さん。

 

シジミ研究所さんは、その名の通り

長年シジミの研究を続けてきた

島根県松江市にある会社。

 

というか、「研究所」という名前を

使っているのがすごいですよね。

 

シジミは食品としても優れていますが

水質の浄化等の役割も果たす

という人間にとっても地球にとっても

ありがたい貝。

 

私にとってはシジミに

足を向けて眠れないですね(笑)。

(多分どこを向いて寝ても足を向けている)

 

シジミの食品として、また環境に対しての

優れた特性をより多くの人に

知ってもらいたいという思いから制定された

「シジミの日」。

 

「423(シジミ)」の語呂合わせにより

4月23日が「シジミの日」

に選ばれました。

 

シジミの栄養価というか、シジミ汁の

働きを知っている人も多いはず。

 

ただ、私が無知なためか、

水質を浄化するという働きまでは

知りませんでした。

 

制定された思いは

ある程度達成されていると思われます。

 

 

さて、私の友人が

「二日酔いにはシジミ汁」

「だからあんたにはシジミ汁」

と言っていました。

 

このことは知っている人も多いと思いますが

「なぜ?」ということまではわからない人が

多いのかもしれません。

 

今回はそこに

フォーカスしていきたいと思いました。

 

そこで、なぜ飲んべえにシジミ汁?

という疑問について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②なぜ飲んべえにシジミ汁?

 

 

豆知識②-1.二日酔いとは

 

シジミ汁の効果の前に

「二日酔い」について

紐解いていきましょう。

 

お酒を飲むとそのアルコールは

ほとんどが肝臓に運ばれて処理されます。

 

アルコールの処理能力=お酒の強さ

に繋がり、お酒の強さには

大きな個人差がありますよね。

 

全然お酒が飲めない人がいたり、

いくら飲んでも大丈夫なザルがいたり。

 

この肝臓に運ばれたアルコールが

「アセトアルデヒド」に分解されます。

 

結論から言うと、この

「アセトアルデヒド」

が残っていることにより

頭痛や吐き気等の二日酔いを

引き起こします

 

このアセトアルデヒドは更に酵素の働きで

酢酸→水と二酸化炭素に分解されて体外へと

排出されます。

 

つまり、お酒を飲む量(アルコール摂取量)

がアセトアルデヒドを分解する能力

を超えた場合に二日酔いになります。

 

私はお酒は弱くはありませんが、

若い頃はよく二日酔いになりました。

 

そこで後悔して

「次に飲むときはお酒を控えよう」

と思うのですが、いざ飲み始めたら

同じことの繰り返し!

 

私はこの

「わかっちゃいるけどやめられない」

って人間くさくて好きです(笑)。

 

話はそれましたが、

アセトアルデヒドが体内に残っていて

頭痛や吐き気等をもよおしている状態が

「二日酔い」。

 

今(この記事を書いているとき)は

二日酔いではありませんが、

思いだしただけで地獄です。

 

もう若くないせいか、すぐに酔っぱらうので

飲酒量をコントロールしています。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②-2.シジミ汁の栄養・効果

 

 

① オルニチン

 

アセトアルデヒドを分解する力、

つまり肝臓の能力を高めることができれば

二日酔いになりにくくなります。

 

シジミには「オルニチン」

が豊富に含まれています。

 

このオルニチンが

肝機能を高め、

毒素の解毒作用

促進する効果

が期待できます。

 

肝機能を高めるためには

多くのアミノ酸が必要になります。

 

オルニチンはそのアミノ酸の一種。

 

オルニチンは「肝機能を高める」

という役割を果たしており、

二日酔いに効果的ということになりますね。

 

「二日酔いにはシジミ汁には」

と言われる所以ですね。

 

 

② アラニン

 

シジミにはアラニンも含まれています。

こちらもアミノ酸の一種です。

 

オルニチンは「肝機能を高める効果」が

期待される成分。

 

それに対しアラニンは

直接アルコールを分解する効果

が期待できる成分。

 

このオルニチンとアラニンの力で

肝機能を高め、

かつアルコールを分解します。

 

更にアミノ酸の一種で旨味成分である

コハク酸

が豊富に含まれています。

 

 

つまり、シジミに含まれる

オルニチンやアラニン、

コハク酸によって

味はおろか、体にも美味しい

というわけですね。

 

スポンサーリンク




 

③ ビタミンB群

 

お酒を飲むことにより肝臓は少なからず

ダメージを負っています。

 

この肝臓のダメージを回復するためには

「ビタミン」、特に「ビタミンB群」が

欠かせません。

 

ビタミンB群は肝細胞を

再生させるのに必要な成分

 

シジミにはそのビタミンB群が

豊富に含まれています。

 

ですのでシジミは肝機能を回復させる効果が

期待できます。

 

 

このオルニチンやアラニン等のアミノ酸、

そしてビタミンB群のどちらかが欠けても

その効果が薄くなります。

 

ですのでそのすべてを兼ね備えたシジミは

二日酔いに最適であるというわけです。

 

また、アルコールの分解には水分を

必要とします。

 

 ですので「二日酔いにはシジミ汁」

というのは理にかなっているんですね。

 

つまり、シジミ汁はアルコールの分解、

アセトアルデヒドの分解。

幹細胞の回復効果が期待でき、

味も美味しいという優れものなんですね。

 

 

豆知識②-3.注意点

 

ただし、シジミには

鉄分

も多く含まれています。

 

肝臓が弱い、もしくは肝疾患を

患っている場合は鉄分によって

肝臓がダメージを受ける恐れ

があるので注意が必要です。

 

 

4月23日は何の日?まとめ

 

4月23日は「シジミの日」。

 

というわけで

なぜ飲んべえにシジミ汁?という疑問

について取り上げてきました。

 

肝機能を高め、アセトアルデヒドを分解する

アミノ酸の一種であるオルニチンやアラニン

そして肝細胞の再生を促すビタミンB群。

 

そしてアルコールの分解に必要な水分を含む

シジミ汁は二日酔いに効果的である

ということがわかりました。

 

ただし。鉄分も多く含まれていますので

特に肝臓の弱い人、そして過信しすぎには

注意が必要です。

 

自戒の念も込めて「お酒はほどほどに」

したいものですね。

 

さて、今日は何のお酒を飲もうかな。

 

スポンサーリンク