【4月20日今日は何の日?豆知識】「珈琲牛乳の日」




こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

風呂上り、特に銭湯からあがったときに

飲みたくなるものの記念日もあります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

特にビンに入っているものは

なぜか格別な気がしています。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで4月20日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで4月20日は何の日かというと

珈琲牛乳の日」。

 

 

皆さんは

コーヒー牛乳

は好きですか。

 

私はもちろん好きですよ。

 

もともとコーヒー牛乳は好きですが、

特に風呂上がり後に飲む

ビンのコーヒー牛乳

は格別。

 

と考えているうちに

コーヒー牛乳を飲む姿勢について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「珈琲牛乳の日」が制定された経緯と

コーヒー牛乳を飲む際になぜ腰に手を?

という疑問について取り上げていきます。




 

豆知識①「珈琲牛乳の日」が制定された経緯

 

「珈琲牛乳の日」を制定したのは

守山乳業株式会社

さん。

 

守山乳業さんは神奈川県平塚市にある

乳製品や清涼飲料水の製造販売を

手掛けている老舗の会社ですね。

 

創業したのが1918年(大正7年)なので

去年で100周年でしたね。

 

もともとは日本でコーヒーを

広めようとしていました。

 

その際にコーヒーにクリームを入れて

販売しようとしていました。

 

しかし、コーヒーに入れるものを

クリームの代わりに牛乳にしたら

これが美味しかった!

 

これが珈琲牛乳の始まりとされています。

 

もちろん最初は「ビン入り」の

コーヒー牛乳として売られていました。

 

このコーヒー牛乳の始まりの経緯と

コーヒー牛乳の美味しさをより多くの人に

知ってもらいたいとの思いによって

制定された「珈琲牛乳の日」。

 

守山乳乳業さんが日本で初めて

「珈琲牛乳」を製造販売したのが

1923年(大正12年)

4月20日

 

東海道線国府津駅で

コーヒー牛乳の販売を開始しました。

 

これにちなんで4月20日が

「珈琲牛乳の日」に選ばれました。

 

 

好き嫌いはあるのでしょうが、コーヒー牛乳

は各メーカーでも販売しているし、

コーヒー牛乳美味しさは

皆さんが知っているところ。

 

そういう意味ではこの目的は

十分に達成されたのではないでしょうか。

 

 

ところで、私はたまに銭湯に行くのですが、

ビンの牛乳やコーヒー牛乳が

売られています。

 

これを

腰に手を当てながら飲む

という光景が見受けられます。

 

というか、私も多分やっています(笑)。

 

そこで「なぜ腰に手を?」という疑問

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②なぜ腰に手を?

 

上のイラストのように

コーヒー牛乳を飲む際によく見られる

「腰に手をあてて牛乳を飲む」光景。

 

 

「なぜなんだろう」と思いませんか?

 

「どうでもいいよ」と思っている方も

「とうして?」と思っている方も

お付き合いいただけたら嬉しいです。

 

ただし、これはあくまでも

「私の考察」に過ぎず、

「科学的な根拠」が

あるわけではありませんので

ご了承ください

 

また、

立って牛乳を飲む

という体勢を前提に取り上げていますので

合わせてご了承ください。

 

 

豆知識②-1.タオルを抑えている

 

イラストのような服装こ場合や

タオルを腰につけている場合に

立って牛乳を飲むと

タオルが落ちる恐れがあります。

 

これを落とさないために

腰に手をあてている

ということも考えられます。

 

「それじゃ腰じゃなくてもいいじゃん」

というツッコみがされそうですが、

腰が一番抑えやすい位置であるためであると

考えられます。

 

 

豆知識②-2.一気に飲む時の気合

 

風呂上がりは特に冷たい牛乳を

一気に飲み干したくなります。

 

「よし、飲むぞ!」

と気合を入れるため

に腰に手を当てるということも

考えられます。

 

応援団が腰に手をあてて

体を反らせて応援する

のと同じだと思います。

 

コーヒー牛乳を飲む際にも

気合が必要なのかもしれません(笑)。

 

 

豆知識②-3.バランスを保つため

 

立って牛乳を飲む時に

バランスを取るために

腰に手を当てている

ということも考えられます。

 

手がプランとしていると体を反らしたときに

体が不安定になりやすいですよね。

 

体幹で体をささえるのでしょうが、

それには腰に手を当てることで

体幹を効かせやすくなるのかもしれません。

 

バランスを保つために腰に手を当てるとも

考えられます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②-4.手の置き場所がない

 

牛乳を飲むときに、

ビンを持っていない方の手は

置き場所がないですよね。

 

文字通り「手持無沙汰」ですね。

 

ブランとさせているのも不安定なので、

空いた手の置き場所を

確保するため

に腰に手を当てるとも考えられます。

 

 

豆知識②-5.キャッチコピー等の影響

 

独立行政法人 農畜産業振興機構

のキャッチコピーを見ると腰に手をあてて

牛乳を飲んでいることがわかります。

 

このようにキャッチコピーや

CMの影響は大きいもの。

 

それゆえに、腰に手をあてて飲む

という可能性も高いような気がします。

 

 

豆知識②-6.古くからの伝統文化

 

もはやこれは

日本の伝統文化の1つ

なのかもしれません。

 

最初にやり始めた人はどういう理由で

腰に手をあてて牛乳を飲んだのかは

わかりませんが、これは日本の伝統文化に

なっているのかもしれません。

 

それを代々受け継がれており

現代に至っているのかもしれません。

 

電灯を守っていくのも

現代を生きている我々の使命だと

思っています。

 

たとえコーヒー牛乳の飲み方であっても!

 




 

 

4月20日は何の日?まとめ

 

4月20日は「珈琲牛乳の日」。

 

というわけで、コーヒー牛乳を飲む際に

なぜ腰に手を?という疑問にについて

検証してみました。

 

タオルのため、気合、バランス、

手の置き場所、伝統文化等

さまざまな理由が考えられます。

 

まあこれはあくまでも私の考えですが。

 

私が調べたところでは「科学的根拠」

らしきものは見当たりませんでした。

 

どなたか知っていたら教えてください。

 

さて、今日も栄養満点の牛乳を飲むか。

もちろん腰に手をあてて。

 

スポンサーリンク