【4月2日は何の日?豆知識~「CO2削減の日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

4月2日は何の日かというと

CO2削減の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは

CO2削減

を意識していますか?

 

「CO2を出さないようにしよう」

と思っている人もいれば、中には

「私だけCO2削減してもたかが知れてる」

と思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、CO2削減には

一人一人にの意識が重要であることは

いうまでもありません。

 

一人一人の意識が変われば

地球温暖化が和らいだり防止できたり

することも!

 

CO2削減のために

一人一人ができることと言えば

冷暖房の温度の調整

 

窓ガラスにフィルム等を貼る

 

待機電力を減らす

 

LED電球や省エネ型蛍光灯

を使う

 

温水型洗浄便座のフタを閉める

等が考えられます。

 

そんなCO2削減について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「CO2削減の日」

が制定された経緯と、

CO2を抑える方法ついて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「CO2削減の日」が制定された経緯

 

「CO2削減の日」を制定したのは

富士金属興業株式会社

サービス名・ドラゴンパーツ

さん

 

富士金属興業さんは

リサイクル自動車部品の販売

(中古・リビルト・社外新品)

を手掛けている会社。

 

そしてリサイクル製品の活用によって

CO2削減に取り組んでいます。

 

 

CO2削減のために一人一人が

身近なところから取り組むこと。

 

この取り組みと合わせて

自動車リサイクル部品を使い

車修理をすることでCO2の発生を

大幅に抑えることがができる。

 

このことをより多くの人に知ってほしい

との思いで制定された「CO2削減の日」。

 

CO2 → 402 → 4月2日

の語呂合わせによって

4月2日が「CO2削減の日」

に選ばれました。

 

4月2日は新年度が始まったばかり。

 

「CO2削減の日」を機に心機一転して

CO2発生の削減に取り組んでみては

いかがでしょうか。

 

 

さて、大きな工場等での製造過程において

CO2を抑える方法があると思います。

 

そして私達も身近でCO2を削減することは

できるはず。

 

私達個人としてはCO2の削減量は

微々たるものかもしれません。

 

しかし、

一人一人が気をつけること

よってCO2を大きく抑える

ことができます

 

それにはどんな方法があるのかに

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、私達ができる

CO2を抑える方法について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

 

豆知識②CO2を抑える方法

 

CO2削減の方法ですが、

「お前に言われなくてもわかっているよ」

という人も多いと思います。

 

しかし、わかっていても

やっていない人も多いはず。

 

わかっている方もそうでない方も

改めて認識していただけると

幸いです。

 

 

豆知識②-1.冷暖房の温度の調整

 

夏や冬にはその気温に応じて

服装を変えることによって

エアコンの温度を1〜2℃

調整するだけでCO2を

抑えることができます

 

いわゆるクールビズ、ウォームビズ

というもので、これらを行っている会社

も多く、だいぶ浸透してきました。

 

クールビズ、ウォームビズを家庭でも行う

ことにより、さらにCO2を抑えることに

つながります。

 

また、服装だけでなく食べるものを工夫して

暑さ、寒さを和らげることも可能なのでは

ないでしょうか。

 

夏には冷えたキュウリやトマト、

冬には激辛カレーなんていかがでしょうか。

 

ちなみに私は辛いものが苦手なので

「中辛」カレーで十分です(笑)。

(ココイチでは「2辛」が限界です)

 

 

豆知識②-2.窓ガラスにフィルム等を貼る

 

窓ガラスは夏には熱く、

冬には冷たくなります。

 

そのため窓ガラスから熱気、寒気が入り

部屋の温度を変えてしまいます。

 

ですのでカーテンをするだけでも

部屋の温度変化を防ぐ効果が期待できます。

 

ただ、昼間にカーテンをするわけには

いきませんよね。

 

そこで

窓にフィルムを貼ることで

窓の温度変化を軽減する。

 

フィルムにより

部屋の温度の上下を和らげる

ことができます。

 

ちなみに夏に「すだれ」を

つける人もいるかと思います。

 

この「すだれ」を窓の外(家の外)、

窓の中(家の中)のどちらにつけるのが

効果的なのかご存知ですか?

 

結論から言うと、

窓の外にすだれをつける

のが正解です。

 

これは

「窓ガラス自体が太陽光で熱くなるか否か」

によります。

 

窓の中だと窓ガラス自体が熱くなります。

しかし、窓の外だとガラス自体が

熱くなりにくい。

 

それゆえに「すだれ」は

外側につけることをおススメします。

(風がふいたらどうする?というツッコみは

しないでくださいね。)

 

スポンサーリンク




 

豆知識②-3.待機電力を減らす

 

使わない家電でもコンセントが挿さったまま

だと電力を消費してしまいます。

 

使わない家電はコンセントから抜く

というクセをつけることで

CO2を抑えることにつながります。

 

タップによっては一つづつスイッチが

ついているものも多いので、

そのスイッチを活用することで

CO2削減につながります。

 

 

豆知識②-4.LED電球や省エネ型蛍光灯を使う

 

もし今の電球や蛍光灯が古い場合、

LED電球や省エネ型蛍光灯に変えるだけで

CO2を抑えることにつながります。

 

LED電球が20年ももてば

経済的にも手間も省けて一石二鳥ですね。

 

ただ、20年も経過すると

LEDよりも省エネに優れたものが

出てくるかもしれないですね。

 

 

豆知識②-5.温水型洗浄便座のフタを閉める

 

温水型洗浄便座のフタを使用後も

開けっ放しにすると、便座が冷えてしまい

それだけで余計な電力を

消費してしまいます。

 

「使用したらフタを閉める」

というクセをつけるだけでも

CO2を抑えることにつながります。

 

また、特に冬になると

便座に座ると「冷たい」ってなりますよね。

 

「冷たい」と感じない程度に

便座の温度を下げるのも手ですね。

 

いっそのこと、スイッチを切って

便座にカバーをつけたほうが

いいのかもしれませんね。

 

 

4月2日は何の日?まとめ

 

4月2日は「CO2削減の日」。

 

そこでCO2を抑える方法について

取り上げてみました。

 

CO2を抑える方法は

他にもまだまだありますが、

今回は家庭ですぐにできそうなものを

取り上げてきました。

 

CO2削減はエコにつながり、最終的には

各家庭の節約にもつながります。

 

これらを全てやるのは大変だという方も

すでにCO2削減に取り組んでいる方も

できることから始めたらいいと思います。

 

そしてその節約したお金で美味しいものでも

食べましょう。

 

スポンサーリンク