【4月17日今日は何の日?豆知識】「なすび記念日」

 

 




こんばんは、まちゃはるです。

 

記念日は毎日です。

 

一年中365日(閏年は366日)

そのまんま食べるより

料理に入っている方が美味しいものの

記念日もあります。

 

スポンサーリンク

 

今回はそういう記念日です。

 

そのものを焼いて味付けしてもいいですが

料理の中に含まれていることが多いですね。

 

その中でもなるべく明るく、美味しい話題に

スポットを当てたいと思います。

 

というわけで4月17日ですが、

私の独断と偏見で注目する記念日を

ピックアップしたいと思います。

 

てなわけで4月17日は何の日かというと

なすび記念日」。

 

 

あなたは

なすび

は好きですか?

 

私は嫌いではありませんが

なすびを単体で食べることが少ないですね。

 

単体で食べるとすれば焼きナスにしたり

天麩羅にしたり等でしょうか。

 

なすびを単体で食べるにしても

料理の中に入れるにしても

どうせなら良いなすびを

使いたいところです。

 

そこで「なすび記念日」が制定された経緯と

良いなすびの選び方について

取り上げていきます。




 

豆知識①「なすび記念日」が制定された経緯

 

「なすび記念日」を制定したのは

冬春なす主産県協議会

 

冬春なす主産県は高知、福岡、熊本、岡山、

佐賀、徳島の6県。

 

そして冬春なす主産県協議会は

高知県園芸連、全農ふくれん、

熊本経済連、全農岡山、

佐賀経済連、全農徳島

で構成されている団体。

 

あっ、そうそう、「冬春なす」とは

「ふゆはるなす」と読みます念のため。

 

「なすび記念日」を通じてより多くの人に

国産なすの良さを知ってもらいたい、

たくさん食べえほしいとの思いから

制定された「なすび記念日」。

 

「冬春」と謳っているだけあって

温暖な西~南日本の地域が

冬春なすの主要産地なんですね。

 

10月から6月ごろにかけて

ビニールハウスで栽培されるのが

「冬春なす」。

 

 

その中でも4月は冬春なすの最盛期。

 

「417(よいなす)」の語呂合わせ。

 

徳川家康はなすびが好物で、

毎年4月になるとなすびの献上が

行われていたこと。

徳川家康の命日が4月17日であること。

 

これらにちなんで

4月17日が「なすび記念日」

に選ばれました。

 

ちなみに「毎月17日」は

「国産なす消費拡大の日」

とされています。

 

その中でも4月17日は

年に1回の「なすび記念日」なので

重みが違います。

 

徳川家康も絡んでいますしね。

 

 

それはさておき、

なすびは1年中作られています。

 

それだけに食べる機会も多いですが、

どうせなら美味しいなすびを

食べたいものですね。

 

そのためには料理の腕前以前に

なすびそのものが良いものであることが

望ましいですね。

 

そこで、良いなすびの選び方について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

豆知識②良いなすびの選び方

 

 

豆知識②-1.ヘタ

 

まずはヘタの切り口を確認します。

 

切り口が新しいもの

は鮮度のいいなすびですね、

 

また、

色が黒くてとげがあるもの

を選んでください。

 

何だったらとげで痛いぐらいのものが

いいでしょう。

 

ただ、本当に自分の手に

刺さないでくださいね、念のため。

 

というわけでまずは

ヘタを見てください。

 

 

豆知識②-2.首の太さ

 

次に見るのが首の部分。

 

全体的にふっくらしていて、

首まで太いもの

が食べごろのなすび。

 

ひょうたんみたく首が細いものは

まだ食べ頃ではないので注意して下さい。

(イラストのなすびはひょうたん型・・・)

 

 

豆知識②-3.表面のハリやツヤ

 

結論から言うと、なす部の表面は

ハリとツヤがあって

黒光りしているもの

が良いなすび。

 

これは、充分に日光を浴びて

育っている証拠です。

 

黒光りは

ポリフェノール

が含まれている証し

 

ポリフェノールは

抗酸化作用があり、

諸悪の根源である「活性酸素」

の発生を抑制する

効果が期待できます。

 

 

ハリやツヤがなく、しわのあるものは

中の水分が蒸発している証拠なので

避けたほうが無難です。

 

ハリやツヤがあった方がいいのは

人間の肌と一緒ですね(笑)。

 

 

豆知識②-4.重さ

 

結論から言うと

持ったときに

ずっしりと重たいもの

が良いなすび。

 

というのは、ご存知の通り

なすびは水分の多い野菜です。

 

水分すなわち水って重たいですよね。

 

重たいなすび

=ふっくら、ハリツヤのあるなすび。

 

ということは

新鮮で水分が失われていない状態です。

 

ずっしり重たいなすびを

選ぶようにしてください。




 

4月17日は何の日?まとめ

 

4月17日は「なすび記念日」。

 

ということで、良いなすびの選び方

について取り上げてきました。

 

ヘタの切り口やとげの有無、

色や太さ、ハリ、ツヤ、重さを基準にして

選ぶと良いなすびに巡り合えます。

 

1年中食べることができる、

そして高額な野菜。

 

どうせなら良いものを

選びたいところですね。

 

さて、なすびをどうやって食べようかな。

 

スポンサーリンク