【3月7日は何の日】豆知識~今日は「メンチカツの日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

3月7日は何の日かというと

メンチカツの日」。

 

スポンサーリンク




 

みなさんは

メンチカツ

は好きですか?

 

ていうか、好きですよね(笑)。

私はもちろん好きですよ。

 

できたてのサクサクとしていて、

肉汁がたっぷり入っていたら

いうことはありません。

 

これだけでご飯を何杯でもいけます(笑)。

 

こんなに美味しいものを誰が考えたんだろう

(どっかで聞いたフレーズだな)

と疑問に思いました。

 

メンチカツの始まりには諸説あって

関東と関西で違います。

 

関東では

明治時代に東京の浅草にある洋食屋が

ミンスミートカツレツ

として売り出したのがはじまり。

 

関西では

昭和初期に神戸市にあった焼肉店が

東京の洋食屋の

メンチボール(ミートボール)

からヒントを得て作られた

カツレツ

がはじまり。

 

 

そんなメンチカツについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「メンチカツの日」が

制定された経緯と、

メンチカツのはじまりについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「メンチカツの日」が制定された経緯

 

「メンチカツの日」を制定したのは

株式会社味のちぬや

さん

 

「味のちぬや」さんは下記の記事

 

【4月6日今日は何の日?豆知識】「春巻きの日」春巻きの謎(なぜ春?)

【6月21日】今日は何の日?豆知識「えびフライの日」尻尾を食べるべき?

【9月4日】は何の日?豆知識!今日は「串の日」串料理の雑学

【11月4日は何の日】豆知識~今日は「かき揚げの日」かき揚げの魅力

【11月21日は何の日?】「カキフライの日」カキ嫌いを克復してくれた恩人

 

にあるように、メンチカツをはじめ、

春巻き、えびフライ、串、かき揚げ、

カキフライ等様々な食品を

手がけている会社。

 

本社は香川県三豊市にあります。

 

度たび私のブログに登場してくれる

大変お世話になっている会社です。

 

 

さて、現在はまさに

受験シーズンの真っ只中。

 

最後のひと踏ん張り

といったところでしょうか。

 

そんな時に

メンチカツを食べて

受験に勝つ(カツ)。

というゲン担ぎのために制定された

「メンチカツの日」。

 

「ハムカツじゃダメなの?」

等のツッコミは置いておきますね。

(ツッコんどるがな)

 

それはともかく、勝つというゲン担ぎ

に使われるということは

「カツ丼」の地位を狙っている

ということなのでしょうか・・・。

 

「カツ丼」も

うかうかしてられませんね(笑)。

 

というよりも、カツ丼を食べながら

メンチカツを食べるとゲン担ぎが

一層強くなるのではないでしょうか。

 

考えただけで胸やけを起こしそうですが、

受験生は若いから大丈夫ですね、きっと。

 

 

話を戻しますが、関西地方では

「メンチカツ」のことを「ミンチカツ」

と呼ばれることが多いそうです。

 

そこで「3(ミ)7(ンチ)」という

語呂合わせにより3月7日が

「メンチカツの日」に選ばれました。

 

7(ンチ)は(シチ)の訛りかな・・・。

ちょっと苦しいですね(笑)。

 

何はともあれ受験生には頑張って

勝ってほしいですね。

 

ところで、現在では普通に食べられている

メンチカツ。

 

スーパーでも総菜コーナーで

並べられていますね。

 

そのメンチカツはどのように

はじまったのかご存知でしょうか?

 

「普段食べてるけど知らないよ」

という人が多いのではないでしょうか。

 

そこで、メンチカツのはじまりについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②メンチカツのはじまり

 

まず、最初に断っておきますが、

メンチカツのはじまりは

関東と関西で違う説

があります

 

何かと文化が異なる関東と関西。

 

今回は文化の違いではありませんが、

関東と関西でのメンチカツのはじまり

について取り上げていきます。

 

 

豆知識②-1.関東

 

関東でのメンチカツのはじまりは

明治時代のこと。

 

関西でのメンチカツのはじまりは

昭和初期のことなので、

はじまりの時期としては

関東の方が早いですね。

 

ということはメンチカツの始まりは

関東ということになるのでしょうか。

 

 

東京の浅草にあった洋食屋が

ミンスミートカツレツ

という名前で売り出したのが

メンチカツのはじまりという説があります。

 

「だったら関東でも

ミンチカツでいいじゃん」

と思ったのは私だけでしょうか?

 

明治時代からメンチカツを

出す店があったとは

ちょっと意外でしたね。

 

もっと新しいものだと

思っていましたが。

 

今現在では普通に食べられている

メンチカツ。

 

ただ、明治初期の頃にメンチカツが

庶民の口に入っていたのかは

はなはだ疑問ですね。

 

 

2.関西

 

上記の通り、

関西でのメンチカツのはじまりは

昭和初期のこと。

 

神戸市にあった焼肉店が

東京の洋食屋の

メンチボール

(ミートボール)からヒントを得て

作られたカツレツ。

 

これを「ミンチカツ」と名付けたのが

はじまりという説もあります。

 

 

何でもそうですが、このように

ものの始まりというのは

諸説あるものです。

 

メンチカツも例外ではないですね。

 

ただ関東の「ミンスミートカツレツ」って

ちょっとかっこいいなと思いました。

 

かっこよさはともかく、

あくまでも私個人の意見ですが、

関東の「ミンスミートカツレツ」の説が

有力な気がします。

 

時期が早いですし、神戸の焼き肉店は

東京の洋食屋からヒントを得ていますし。

 

というわけで関西の方ごめんなさい。

 

 

3月7日は何の日?まとめ

 

3月7日は「メンチカツの日」。

 

そこで「メンチのはじまり」について

取り上げてきました。

 

個人的には関東の

「ミンスミートカツレツ」説が有力

な気がしています。

 

ただ、関東と関西がケンカにならないように

「諸説ある」ということで落ち着かせて

よろしいのではないでしょうか。

 

さて、3月7日は

メンチカツを食べようかな。

 

スポンサーリンク