こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

3月6日は何の日かというと

ミロの日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたは子供の頃

ミロ

を飲んでいましたか?

 

それとも今でも(大人になってからも)

ミロを飲んでいますか?

 

私は子供の頃にしか

ミロを飲んでいません。

 

私のような人が多いのでは

ないでしょうか。

 

いや、もしかしたら

大人になってからも飲んでいる人が

いるのかもしれません。

 

わざわざ「俺はミロを飲んでいるぜ」と

公言しないし、

「お前ミロを飲んでる?」

と質問することもありませんし。

 

ですので私は「ミロは子供が飲むもの」

というイメージが拭えません。

 

「成長のためにミロを飲め」

といわれたような気がするし。

 

ミロは麦芽飲料。

 

ミロは牛乳に溶かして飲むだけあり

栄養が豊富。

 

豊富なビタミン類やミネラルを含んでいます。

 

となれば大人が飲んでも

いいのではないでしょうか。

 

そんなミロについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「ミロの日」が制定された経緯と、

ミロの栄養素と感じたことについて

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「ミロの日」が制定された経緯

 

「ミロの日」を制定したのは

ネスレ日本株式会社

さん。

 

ネスレ日本さんはコーヒーの「ネスカフェ」

やチョコレートの「キットカット」等を

手がけている有名な会社ですね。

 

下記の記事

 

【10月7日は何の日?】今日は「キットカットのオトナの日」美味しさの秘密

 

にあるように、私は特に「キットカット」が

大好きでネスレ日本さんを応援しています。

 

それはさておき、

ミロをより多くの人に

飲んでもらいたいとの思い

から制定された「ミロの日」。

 

「3(ミ)6(ロ)」の語呂合わせにより

3月6日が「ミロの日」に選ばれました。

 

そのまんまでわかりやすいですね(笑)。

 

ミロを飲んでいる人は

そんなに多くないかもしれませんが、

ミロを知らない、飲んだことがない人は

少ないのではないでしょうか。

 

「ミロの日」の目標達成

という事でいいのではないでしょうか。

 

 

さて、私は子供の頃は飲んでいましたが

今ではすっかり飲まなくなりました。

 

そういう人は多いのではないでしょうか?

 

「ミロかあ、懐かしいなあ」

と思っている人も多いはず。

 

そんなミロってどんな飲み物なのかについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、改めて「ミロ」とは

どんな飲み物なのかを

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②「ミロ」とはどんな飲み物か

 

 

豆知識②-1.ミロとは

 

結論から言うと、

ミロはどんな飲み物かというと

麦芽飲料

 

「麦芽」といえばビールを思い出すのは

私だけではないはず。

 

それはともかく、「麦芽飲料」とは

大麦を発芽させることでできる

「麦芽エキス」

を主成分とした飲料

 

下記の記事

 

【11月20日は何の日】豆知識~今日は「発芽大豆の日」発芽大豆の魅力

 

にあるように、発芽大豆と同様に

「発芽させる」という過程で

大麦は豊富な栄養を蓄えます。

 

そういえば子供の頃は

「成長のためにミロを飲め」

と親に言われたような気がします。

 

今思えばそれは栄養を摂ることであり、

成長に寄与するするためなんですね。

 

ミロの見た目はコーヒーに似ていますが、

全く違う飲み物だということがわかります。

 

コーヒーは成長させるために飲むものでは

ないですからね。

 

そんなミロですが、

実際にどんな栄養素があるのかについて

調べてみました。

 

そして、ミロに含まれる栄養素と感じたこと

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識③ミロの栄養素と感じたこと

 

 

豆知識③-1.ミロの栄養素

 

「ミロ」は一見コーヒーに似ています。

ただ、実際はかなりの栄養を含んでいます。

 

なお、ミロは牛乳に溶かして飲むものです。

 

下記の記事

 

【9月2日】は何の日?豆知識!今日は「牛乳の日」牛乳の効果や雑学

 

にあるように、牛乳は栄養価が高い飲み物。

 

ミロはその牛乳も含めた栄養が

含まれています。

 

だから栄養価が高いんですね。

 

 

1.ビタミン類

 

ミロにはビタミンB2、B6、B12、

ビタミンC、ビタミンD、ナイアシンが

含まれています。

 

これらのビタミンは下記の記事

 

【ビタミン】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように、ビタミン類の効能は

多種多様で、生きていく中で

欠かせない成分です。

 

ミロ1杯分に含まれるビタミン類の量と、

子供(8~9才)の1日推奨(目安)摂取量

に対する割合は以下の通りです。

 

ビタミンB2=   0.5mg、48%

ビタミンB6=   0.4mg、44%

ビタミンB12=  1.1  μg、73%

ビタミンC=   15.5mg、26%

ビタミンD=    2.2  μg、63%

ナイアシン=    4.8mg、46%

 

上記を見ると、ミロ2杯分で

ほぼ1日推奨(目安)摂取量に

達することになりますね。

 

ミロを2杯も飲むことことはあまりないかも

しれませんが、基本的には食事で栄養を摂る

足りない分はミロ等で補うということで

いいのではないでしょうか。

 

 

2.ミネラル

 

ミロにはカルシウムや鉄分といった

ミネラルが含まれています。

 

ミネラルは下記の記事

 

【ミネラル】の効能と摂取過剰・不足による影響、豊富に含まれている食材

 

にあるように様々な種類がありますが、

カルシウムは歯や骨を丈夫にする効果、

鉄分は造血効果により貧血の予防効果が

期待できます。

 

ミロ1杯分に含まれるミネラルの量と、

子供(8~9才)の1日推奨(目安)摂取量

に対する割合は以下の通りです。

 

カルシウム=390mg、56%

鉄   分=3.2mg、39%

 

こちらも2杯分で

かなりのミネラルを摂取する

ことになりますね。

 

やはり、必要なミネラルは基本的には

食事で摂り、足りない分はミロ等で補う

ということでいいのではないでしょうか。

 

 

豆知識③-2.感じたこと

 

ミロ1杯分の中に上記で挙げたビタミン類が

子供の1日分の推奨量の3~7割程度、

ミネラルが4~6割程度含まれています。

 

これをどう解釈するのかは

人それぞれかもしれません。

 

例えばビタミンCは26%ですが、これを

たった26%しか摂れない

と解釈するか、

26%も摂れるのか

と解釈するかで違いますよね。

 

前者のように考える人も

いるかもしれませんが、

私は後者の考え

ですね。

 

というのは、例えば朝食が「ミロだけ」

だとすると不足気味かもしれませんが、

ご飯を食べたりおかずを食べたりするはず。

 

もちろん昼食、夕食も食べるはずなので

不足分の栄養を補う

という点では及第点だと思います。

 

また、「ミロは子供だけが飲む」という

勝手なイメージを持っていました。

 

しかし、上記で挙げた栄養素は

大人にとっても必要な栄養素

ばかりなので。

大人が飲んでも

不思議ではない飲み物

ですね。

 

「大人いなったら酒」

なんて思っていましたが、

ミロを飲んで栄養補給しても

良いと思います(笑)。

 

 

3月6日は何の日?まとめ

 

3月6日は「ミロの日」。

 

ということで、

ミロの栄養素と感じたことについて

取り上げてきました。

 

ミロは子供だけでなく大人が飲んでも

不思議ではない飲み物だということが

わかりました。

 

ただ、大人になるとついコーヒーやココア、

お茶やジュース、お酒を飲んでしまいます。

 

残念ながらミロの入る余地が

ないようです(私も・・・)。

 

「ミロの日」をきっかけに、子供にかえって

コーヒーやココアの代わりに

ミロを飲んでみようかなと思います。

 

スポンサーリンク