【3月5日は何の日】豆知識~今日は「常陸牛の日」

 

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

3月5日は何の日かというと

常陸牛の日」。

 

スポンサーリンク




 

「常陸」は「ひたち」と読みます

念のため。

 

あなたは

常陸牛

を食べたことがありますか?

 

残念ながら私は常陸牛を食べたことが

ありません。

 

ブランド牛といえば松阪牛や神戸牛等が

有名ですが、他にもたくさんのブランド牛が

ありますね。

 

その中でもこのブランド牛である常陸牛も

気になるところです。

 

常陸牛という称号は

厳しい基準を乗り越えた牛

に与えられる称号。

 

そして常陸牛の特徴は

柔らかさときめ細かさがあり

風味豊かな肉質

 

想像しただけで美味しそう。

 

そんな常陸牛について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで「常陸牛の日」が制定された経緯と、

常陸牛の特徴と食べ方について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「常陸牛の日」が制定された経緯

 

制定された経緯の前に

「常陸牛ってどこの牛?」

と思っている人も

いるかもしれません。

 

「常陸」は茨城県の大部分。

 

つまり常陸牛は

茨城県のブランド牛

ということになりますね。

 

茨城のすぐ北にある福島県いわき市に

住んでいたことがありますが、

常陸牛は食べませんでした、不覚です。

 

さて、ここでは詳細には触れませんが、

茨城県常陸牛振興協会

が定義した基準を満たした牛のみ常陸牛と

認められます。

 

ブランド牛だけあって

常陸牛の称号を得るのも

厳しいですね。

 

 

さて、「常陸牛の日」を制定したのはその

茨城県常陸牛振興協会

 

常陸牛をより多くの人に知ってもらう

と同時に多くの人に食べてもらうこと、

ひいては常陸牛のブランド力を高めたい

との思いから制定された「常陸牛の日」。

 

1977年(昭和52年)

3月5日

に設立された「茨城県常陸牛振興協会」。

 

茨城県常陸牛振興協会の設立日にちなんで

3月5日が「常陸牛の日」に選ばれました。

 

 

ところで、私は残念ながら

常陸牛を食べたことがありません。

 

というか、もしかしたら知らぬ間に

食べているのでしょうか?

 

いや、ブランド牛を知らぬ間に

食べているということはないか・・・。

 

そんな常陸牛がどんな牛なのかについて

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、常陸牛の特徴と食べ方について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②常陸牛の特徴と食べ方

 

 

豆知識②-1.常陸牛の特徴

 

常陸牛は、大麦、小麦、稲わら、大豆、

牧草、とうもろこしを食べて

育てられています。

 

子牛のうちは運動をたくさんさせることで

強い体を作り上げます。

 

子供のうちに丈夫な体を作るのは

人間も同じですね。

 

そして大人になってくると

牛舎の中で飼育をして

体に肉を付けさせる方法に

切り替えます。

 

これも人間と同じですが、人間の場合

肉というよりも脂肪を蓄える人が

増えているような・・・。

 

それはともかく、子牛のうちは運動をさせ、

大人になってから牛舎で育てることで

柔らかさときめ細かさ、風味の豊かさを

兼ね備えた肉質になります。

 

私は食べたことがないので「美味しい」

かどうかはハッキリわかりませんが、

育て方や特徴を聞いただけで

美味しいに決まっている!

 

まして厳しい基準を乗り越えた牛

と聞いただけでワクワクしてきます。

 

是非食べてみたいですね。

 

 

豆知識②-2.美味しい食べ方

 

 

 

 

ザックリではありますが、

牛肉の部位と肉は上図に表しました。

 

 

① サーロインステーキ

 

サーロインステーキは

牛肉ステーキの定番。

 

サーロインは上図のように

腰の上の部分にあたります。

 

サーロインは赤肉の柔らかさと

ちょうど良い脂身があって

バランスの良い肉。

 

上図からみてもわかりますね。

 

それゆえサーロインは

とろけるような舌触りが堪能できるため

ステーキにするのが最適で美味しい食べ方

だと言われています。

 

聞いただけでお腹が空くのは

私だけでしょうか?

 

 

② すき焼き

 

すき焼きに使われるのは主に

サーロインに比べて赤身が多い

リブロース(肩ロース)。

 

そのため、柔らかくて濃厚な味わいのある

肉質です。

 

そしてリブロースも赤身と脂身のバランスが

良い肉。

 

「すき焼き」といえば牛肉を使うことが

多いですが、この濃厚な味わいがする

リブロースはすき焼きに最適だと

いわれています。

 

また、ヘルシーながら旨味の強い「モモ肉」

も一緒にすき焼きにして食べ比べるのも

いいのではないでしょうか。

 

モモ肉はヘルシーなので

特に女性に人気が出る

のかもしれませんね。

 

スポンサーリンク




 

③ 焼肉

 

みなさんもお馴染みだと思いますが、

「カルビ」はもちろん「焼肉」として

使われていますね。

 

もちろん焼肉にはカルビ以外の部位も

使われていますが。

 

私は脂っこいものが好きなので、

カルビさえあれば

それだけでご飯何杯でもいけます(笑)。

 

「脂っこいのを食べ過ぎると体に良くない」

というのはあたまではわかっていますが、

「わかっちゃいるけどやめられない」。

 

そういういう「人間くさい」自分が

好きです(笑)。

 

まあたまにならいいだろうと思って

食べていますけどね。

 

ともあれ、早く焼肉を屋外でやれる季節に

なってほしいですね。

 

北海道は外で焼肉をやれる機関が短い

のが難点ですね。

 

なんせ、ビアガーデンを

ジャンパーを着ながらやるときも

ありますからね。

 

 

3月5日は何の日?まとめ

 

3月5日は「常陸牛の日」。

 

ということで、

常陸牛の特徴と食べ方について

取り上げてきました。

 

食べたことがないので想像の域を脱しては

いませんが、特徴を聞いたり画像を見る限り

美味しい肉であることは

間違いなさそうです。

 

常陸牛を食べたことがある方、

常陸牛は美味しいですよね?

 

スポンサーリンク