【3月23日は何の日】豆知識~今日は「不眠の日」

 

こんばんは、まちゃはるです。

記念日は毎日です。

3月23日は何の日かというと

不眠の日」。

 

スポンサーリンク




 

あなたはちゃんと

睡眠

を取れていますか?

 

私も今は大丈夫ですが、

若い頃はなかなか寝付けずに

不眠症でベッドの上で

のたうち回っている時期も

ありました。

 

そんな中、私の周りを見ても

不眠症に悩んでいる人が

少なくありません。

 

不眠を解消する方法として

適度な運動

寝る前の入浴

規則正しい生活

日光を浴びる

ストレス解消

寝る前のお酒は控える

寝室を適温にする

専門医に相談する

等の方法があります

 

今回はそんな不眠症について

迫っていきたいと思いました。

 

そこで、「不眠の日」が制定された経緯と、

不眠症の解消法について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識①「不眠の日」が制定された経緯

 

「不眠の日」を制定したのは

エスエス製薬株式会社

さん。

 

エスエス製薬さんは医薬品、医薬部外品、

化粧品、食品等の製造・販売を行っており、

不眠症の解消等も手掛けている会社ですね。

 

 

厚生労働省によると、日本人の5人に1人が

何らかの不眠を持っています。

 

これが歳を重ねるにつれてその割合が

上がっていき。60歳以上の人の

3人に1人が何らかの不眠がを

持っています。

    ↓

不眠症は国民病(厚生労働省)

 

人数にしたら2,400万人以上。

すごい数ですよね。

 

まさに不眠は国民病と

言えるでしょう。

 

おそらく、正しい知識や対処法を知らず、

我流で不眠症の解消法を行っており、

そのために不眠症が解消できない、または

ますます不眠が悪化している人も多いはず。

 

そこで

眠症の解消についての

適切な知識や情報発信をしたい

との思い

から制定された「不眠の日」。

 

「2(ふ)3(みん)」すなわち

「不眠」の語呂合わせにより

2月3日が「不眠の日」に選ばれました。

 

また、不眠症は一年中起きるということで

「毎月23日」を「不眠の日」に

選ばれました。

 

つまり、2月は「不眠の日」が

2回あるんですね。

 

1年に13回も「不眠の日」があるのは

ありがたみが薄れるような気がしますが

不眠の人は常に悩んでいるので。これを機に

不眠に対する理解を深めてほしいですね。

 

 

さて、きちんとした睡眠が取れない

ということは、体もだるくなるでしょうし、

ストレスも溜まって体調を崩す

恐れがあります。

 

そんな不眠症の人のために

力になりたいと思いました。

 

そこで、不眠症の解消法について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②不眠症の解消法

 

不眠症と一口に言っても

様々な症状があります。

 

寝付けない、夜何回も目覚める等の 症状

があります。

 

原因は様々ですが、不規則な生活、

薬や刺激物の摂取、

ストレス等の精神的なものがあげられます。

 

そこで不眠症の解消法について

取り上げていきますが、生活の都合上

全てを行うのは困難だと思われます。

 

ご自分で出来るものから行ってください。

 

 

知識②-1.適度な運動

 

仕事などの忙しさにかまけて

運動をしていない人、

おろそかにしている人は多い

のではないでしょうか。

 

なにもゼーゼーと疲れるまで

運動をする必要はありません。

 

激しすぎず軽すぎず適度な運動

をして肉体に適度な疲労を与える

ことによって不眠症の解消効果が

期待できます。

 

「運動をするぞ」と身構えてやるよりも、

通勤の際にバス停一つ分を余分に歩く。

 

また、エレベーターを使わずに

階段で上がる等できる範囲でやるだけでも

効果が期待できますね。

 

まあ職場が10階にあるような人は

無理でしょうけど・・・。

 

 

豆知識②-2.寝る前の入浴

 

「入浴するのが面倒だから

シャワーで済まそう」

という人はいませんか?

 

私も若い頃はそうでした。

 

「風呂は体を洗うところ」という意識が

強かったように思います。

 

浴槽にお湯を張る等は面倒ですけど

いざ浴槽に入ると気持ちいいですよね。

 

人には自律神経があり、

緊張時には「交感神経」が、

リラックス時には「副交感神経」が

優位になります。

 

入浴することでリラックスでき、

副交感神経が優位になります

 

副交感神経が優位になれば

睡眠の質が高まる効果

が期待できます。

 

また、入浴すると体が温まりますが、

温まった体が冷める頃に

眠気が襲ってくる

ということもわかっています。

 

個人差はありますが、

就寝時間の1〜2時間前

に入浴を済ませておくのが理想です。

 

これによってリラックス+眠気

で良い睡眠につながる効果が期待できます。

 

 

豆知識②-3.規則正しい生活

 

仕事がシフト制等で規則正しい生活が

できない人もいると思います。

 

ただ、毎日同じようなサイクルで活動する

ことによって、

同じような時間に眠たくなるという効果が

期待できます。

 

私がそうでしたが「休日はゆっくり寝たい」

と思い、起きたら昼になっていて

「ブランチ」を食べることもしばしば。

 

そうなるとせっかく平日に作られた

規則正しいリズムが乱れてしまいます。

 

規則正しい生活が乱れないように

休日でもある程度は

平日に合わせて生活すると

リズムが乱れにくくなります

 

せめて起床・就寝時刻を

±2時間程度に抑えたいところです。

 

ただ、仕事がシフト制等で規則正しい生活が

できない人もいると思います。

 

そのような方は「規則正しい生活」

はできないですね。

 

他の方法で不眠を解消してください。

 

スポンサーリンク




 

豆知識②-4.日光を浴びる

 

日光を浴びることにより「体内時計」が

調節できます。

 

体内時計の機能として

日光を浴びてから14時間以降

眠たくなる効果が

期待できます。

 

早く起きて日光を浴びることによって

早く眠たくなる、

すなわち早寝早起きにつながります。

 

ただ、これは日の出の時刻が

季節により変わりますので、

冬の時期は難しくなるかもしれません。

 

また、体内時計は放っておくと

25時間周期で機能するため

休日等でも部屋でゴロゴロするのは

体にはよくありません。

 

まあゴロゴロしたくなる気持ちは

わかるんですけどね。

 

せめて「起きたらすぐに日光を浴びる」

という癖をつけるだけでも

睡眠の質が良くなることが期待できます。

 

 

豆知識②-5.ストレス解消

 

やはりストレスは

あらゆる場面で悪影響を与えます。

 

当然睡眠を妨げる大きな要因

にもなります。

 

ただ、生きていくと少なからずストレスは

溜まるものです。

 

ストレスが溜まりまくっている人

(私のこと?)もいるでしょう。

 

ストレスが溜まっていると

知らないうちに、不眠症だけでなく

他の病気を引き起こすことも。

 

何でもいいので、自分の趣味を見つけて

ストレスを発散して気分転換できれば

不眠症を解消できるかもしれません。 

 

ともあれストレスを溜めるのは

心身ともによくないので

ストレス発散に励んでください。

 

 

豆知識②-6.寝る前のお酒は控える

 

寝酒で眠たくなることはあります。

 

しかし、寝酒によって

睡眠自体は浅くなり、

疲れが取れにくかったり

途中で目が覚めてしまう恐れ

があります。

 

「お酒に頼って寝る」ことは結果的に

不眠症につながったり、深酒になって

体調を壊したりする恐れがありますので

寝る前の飲酒は控えてください。

 

ただ、「全く眠れない」のなら

寝酒というのもありなのかもしれません。

 

寝酒に頼る場合はほどほどに!

 

 

豆知識②-7.寝室を適温にする

 

寝室を適温にすることによって

眠りやすい環境を作ることにつながります。

 

また、除湿や加湿でちょうど良い湿度

にするのも効果的です。

 

暑い寒いというのは人それぞれなので、

自分に合った温度・湿度を見つけて

調節してください。

 

 

豆知識②-8.専門医に相談する

 

いよいよ不眠から抜け出せない場合は

専門医に診察してもらうしかありませんね。

 

私のように「病院嫌い」の人も

少なくありません。

 

下記の記事

 

【2月4日は何の日】豆知識~「世界対がんデー」白い巨塔と入院で考えた事

 

にあるように、あまりいい医者に当たらない

ということもあるかもしれません。

 

 

ただ、ここは意を決して

心療内科もしくは精神科に

かかってみましょう。

 

思いのほか簡単に解決する

かもしれません。

 

また、いい医者に当たることも

あるかもしれませんので

思い切って病院に行くというのも手ですね。

 

 

3月23日は何の日?まとめ

 

3月23日は「不眠の日」。

 

ということで、不眠症の解消法について

取り上げてきました。

 

私の場合は適度な運動や入浴、

日光を浴びる、規則正しい生活をすることで

不眠症から脱することができました。

 

これは私個人的に効果がありましたが、

他の人は違う方法で不眠症を解消できるかも

しれませんし、最悪の場合病院にかかる必要

があるかもしれません。

 

「不眠の日」をきっかけに

、不眠症の人は正しい知識で

対策をしていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク